神戸学院大学

エンバ・イスガ大学のケルヴィニオ学長らが訪れました

2018/04/02

集合写真
集合写真
ケルヴィニオ学長と佐藤学長
ケルヴィニオ学長と佐藤学長

 本学と交流協定を結んでいるフランスのエンバ・イスガ大学のケルヴィニオ学長、日本語教育責任者の山本惠子教授が2日、交換留学生の受け入れ環境の視察と今後の学生交流について協議することを目的にポートアイランドキャンパスを訪れました。4月から7月まで、エンバ大学から交換留学生としてクアシ・ジャンマルクさんが経営学部で学び、来年3月から4月まで本学から3人の学生が短期留学を行う予定です。
 一行は佐藤雅美学長、田中康介経営学部長、住智明大学事務局長、津田裕子国際交流センター所長、小畑佳弘国際交流センター事務部長、安井一浩経営学部教授らと、ジョリポーで昼食会後、応接室で懇談。ケルヴィニオ学長は「立地や学習環境など、とても良い環境であると感じ、今後も継続して留学生を送り出したい」と語りました。佐藤学長は「できるだけ早い段階でエンバ大学への留学者を決定し、今後も両校の更なる学生交流を実現したい」と応じました。
 その後、ジャンマルクさんが留学中に滞在する大学近くの宿舎の見学などを行いました。