神戸学院大学

薬学部の武田教授の企画シンポジウムが日本薬学会第140年会(京都)に採択されました

2019/10/01

2020年3月25日(水)から28日(土)に開催される、日本薬学会第140年会(京都)の公募シンポジウム企画で、薬学部の武田真莉子教授が企画した「難吸収性薬物の経口吸収性評価と改善のフロンティア研究」が採択されました。
詳細は以下の通りです。

日本薬学会第140年会(京都)
組織委員長 中山和久

日時:2020年3月28日(土)13:45-15:45

シンポジウムテーマ:難吸収性薬物の経口吸収性評価と改善のフロンティア研究

オーガナイザー: 武田真莉子、中川晋作

シンポジストリスト

中川晋作(大阪大学大学院薬学研究科)
難溶性薬物の非晶質化による吸収改善

山下伸二(摂南大学薬学部)
難水溶性薬物の経口投与を目的とした新規oral delivery systemの開発とその評価

近藤昌夫(大阪大学大学院薬学研究科)
小腸上皮細胞のタイトジャンクション制御による吸収改善

武田真莉子(神戸学院大学薬学部)
難吸収性中分子医薬の消化管吸収改善とin vitroからの予測と限界