神戸学院大学

辻ゼミ生がハンドメードアクセサリーの企画に挑戦しています

2019/05/20

店舗全景
店舗全景
東山さんと濱片さん
東山さんと濱片さん
東山さんと篠田さん
東山さんと篠田さん
接客時の様子
接客時の様子

 アクティブラーニングの一貫で、経営学部辻ゼミ生(3年次生)が(株)コミュースタイルと共同で店舗運営と神戸らしいハンドメードアクセサリーの企画、製作、販売を実施しています。GW明けに全体講習会を終え、13日からゼミ生が交代で、阪急三宮駅西出口から徒歩1分南側の高架下にある「手作市場三宮ピアザ店」で店舗運営を学んでいます。
 日々、接客をしながら売れ筋商品や顧客ニーズの把握、多彩な分析などを行い、神戸らしいアクセサリーの開発をめざします。学生リーダーの東山夕夏さんは「接客を通じて、人見知りだった私が積極的になり、自分自身の変化を感じています。ハンドメード作品の魅力をもっと上手く伝えたい」と成長を実感している様子。サブリーダーの篠田知里さんは「販売業務を通じて、神戸らしいアクセサリーの企画アイデアがいくつか浮かんできたので、実現させたい」と話しています。プロジェクト統括リーダーの濱片勇気さんは「みなさんの成長が速くて驚いている。売上にも貢献してもらい、とても助かっています。貴重な大学生活の中で一つひとつのことに一生懸命取り組んでほしい」と語っています。この取り組みは来年3月まで続きます。