神戸学院大学

国際交流

ロシア文化を学ぶワークショップ<第2回目>が開講しました【With World】

2021/06/02

 5月27日(木)に「ロシア文化を学ぶワークショップ」の第2回目が、有瀬キャンパスの学生を対象に開講されました。今回は6人の学生が参加しました。また、特別ゲストとしてタンジリャー先生のご友人であるステパンさんが参加してくれました。ネイティブスピーカーの二人が話すロシア語に学生は興味津々でした。
 6月3日(木)には、同じく第2回目が、ポートアイランドキャンパスの学生を対象に開講となりました。今回は6人の学生が参加し、特別ゲストとしてロシアにいるカウサルさんが参加してくれました。ギターを片手にロシア語で歌ってくれたのですが、これには学生も大喜びで、とても好評でした。
 第2回目はロシアでの生活や、ロシア語について学びました。初めにロシアでの生活について先生が紹介してくれました。「寒い」というイメージがあるロシアにも夏はあり、今は半袖で過ごす人も多いようです。寒い冬が来ても、батарея(バタリェーヤ)という暖房器具を使うことで部屋の温度は25℃まで上がるので、室内では暖かく過ごせるとのことでした。(写真1枚目)
 その後、簡単なロシア語について学びました。挨拶、自己紹介、好きなもの、別れの挨拶などの表現について学習し、最後にはペアを組んで練習しました。短い練習時間にもかかわらずとても上手に会話ができました。学生が、「ロシア人でも巻き舌ができない人はいますか。」と質問したところ、先生から「ロシア人でも巻き舌ができない人はいるので、日本人のみなさんも学ぶことを諦めないで。」とエールが返ってきました。
 次回、第3回目は KAC:6月10日(木) 、KPC: 6月17日(木)に開講予定です。ロシア伝統民族衣装と舞踊について学ぶ予定です。