神戸学院大学

国際交流

ロシア文化を学ぶワークショップ<第6回目>を開講しました【With World】

2021/07/16

  撮影時のみマスクを外しています。
  撮影時のみマスクを外しています。

 7月10日(土)に、三宮サテライトで「ロシア文化を学ぶワークショップ」の第6回目が開講されました。今回初めて、有瀬キャンパスの学生とポートアイランドキャンパスの学生が集合しました。各キャンパスから5人、計10人の学生が参加しました。
 第6回目は、ロシアに1年間留学した小山大貴さん(経済学部・4年次生)がプレゼンテーションを行いました。小山さんは、住んでいたニジニ・ノヴゴロドという街や、ロシアでの大学生活、シベリア鉄道に乗ったこと、世界で一番寒い街「ヤクーツク」を旅行した体験について話しました。また、「ロシアでは誕生日や記念日にはお花をプレゼントするのが定番らしく、お花屋さんが24時間開いています。渡す際、偶数は良くない数字とのことで、奇数の本数が良いそうです。」といった、ロシアで生活していたからこそ感じたことや知ることができた貴重な話を、時間の許す限り、学生に話しました。
 参加した学生たちは興味津々の様子で、「なぜロシアを選んだのですか。」、「一番おいしかったものはなんですか。」といった質問をしました。小山さんは、「旅行が好きで、1年生の時にロシアを訪れてみたら、街もきれいで、ロシア人も親切にしてくれてロシアを好きになりました。一番おいしかったものは、グルジア料理です。ロシアやヨーロッパに行かれる際はぜひ食べてほしいです。Хинкали<ヒンカリ>と呼ばれる肉まんのような食べ物や、Хачапури<ハチャプリ>という、とろとろのチーズにたまごがのったピザがすごく美味しいです。」と、ひとつひとつの質問に丁寧に答えました。
 次回、第7回目は7月17日(土)に開講予定です。ロシア映画を日本語字幕付きで鑑賞し、討議します。次回が最終回となります。

ロシア文化クラブのFacebook情報についてのお問い合わせは下記のメールアドレスまで。
神戸学院大学 国際交流センター:imanager@j.kobegakuin.ac.jp
件名「ロシア文化クラブについて」
本文に学籍番号と氏名をご明記ください。