神戸学院大学

大学紹介

宮崎 清恵

(ミヤザキ キヨエ)
宮崎 清恵

シーズ集

所属
総合リハビリテーション学部
社会リハビリテーション学科
職名
教授

学歴・取得学位

  • 1978年 同志社大学 文学部社会学科社会福祉学専攻 卒業
  • 1980年 関西学院大学大学院 社会学研究科社会福祉学専攻修士課程 修了
  • 2009年 関西学院大学大学院 人間福祉研究科博士課程後期課程 単位取得満期退学
  • 博士(人間福祉学)[2013年2月(関西学院大学)]

主な職歴

  • 1981年~1994年 兵庫医科大学病院ソーシャルワーカー
  • 1994年~1999年 兵庫医科大学助手
  • 1999年~2005年 兵庫医科大学講師
  • 2005年~    神戸学院大学総合リハビリテーション学部教授

所属学会

日本社会福祉学会、日本医療社会福祉学会(監事)、日本ソーシャルワーク学会、日本医療社会福祉学会、日本社会福祉士学会、日本地域福祉学会

主な研究分野

保健医療分野におけるソーシャルワーク(ソーシャルワーク実践モデル、MD&D、業務開発、スーパービジョン、周産期医療ソーシャルワーク)

主な研究課題

  • ソーシャルワーク実践モデル開発
  • 周産期から乳幼児期までの継続した医療ソーシャルワーク
  • グループスーパービジョンの方法と効果
  • ソーシャルワーク援助手続の分析

競争的資金・科学研究費補助金

  • 基盤研究(C)(一般) 代表 新生児集中治療室入院児へのソーシャルワーク実践モデルの開発研究 2011年度~2013年度
  • 基盤研究(C) 代表 極低出生体重児へのソーシャルワーク実践モデルの開発 2007年度~2009年度
  • 基盤研究(C) 代表 新生児集中治療室入院患児へのソーシャルワークプログラムの開発に関する研究 2001年度~2003年度

主な研究業績

  • 【著書】 2016年12月 相談援助実習-養成校と実習先との連携のために 共著 電気書院
  • 【著書】 2016年8月 医療福祉相談ガイド 共著 中央法規出版
  • 【著書】 2015年11月 「周産期精神保健への誘い」 共著 メディカ出版(単行本)
  • 【著書】 2015年9月 「保健医療ソーシャルワークの基礎」 共著 相川書房(単行本)
  • 【著書】 2015年1月 「改訂版 保健医療サービス」 共著 学文社(単行本)
  • 【著書】 2012年12月 「ソーシャルワーク演習ケースブック」 共著 (株)みらい(単行本)
  • 【著書】 2011年11月 「ソーシャルワーク演習」 共著 久美出版(単行本)
  • 【論文】 2016年4月 周産期医療の場から始まる継続したソーシャルワーク-地域と医療機関をつなぐ社会福祉の役割 単著 社会福祉研究 第125号、PP63-72
  • 【論文】 2013年3月 「ハイリスク新生児への医療ソーシャルワーク実践モデルの開発的研究」 単著 博士学位論文
  • 【論文】 2012年6月 「社会福祉士(ソーシャルワーカー)」 単著 周産期医学(学術雑誌) 第42巻第6号、p721-724
  • 【論文】 2012年3月 「ハイリスク新生児とその家族に生活課題が発生し支援が必要な状況とは」 単著 神戸学院総合リハビリテーション研究(紀要) 第7巻第2号 p43-52
  • 【ソフトウェア】 2014年5月 NICU入院児ソーシャルワークナビシステムスキルアップ版 単著 (株)ナナイロ
  • 【ソフトウェア】 2014年3月 NICU入院児ソーシャルワークナビシステム 単著 (株)ナナイロ

審議会・委員会活動

  • 認定社会福祉士認証・認定機構のスーパービジョン実施に係る企画運営委員会 委員 2013年~現在
  • (公社)日本医療社会福祉協会 スーパーバイザー登録事業運営会議 委員 2013年~現在
  • (公社)日本医療社会福祉協会認定医療福祉士認定審査担当チーム 委員 2008年~現在
  • (公社)日本医療社会福祉協会 研修事業検討担当チーム 委員 2007年~現在
  • (公社)日本医療社会福祉協会保健医療分野におけるソーシャルワーク専門研修チーム  委員 2004年~現在

地域貢献活動

  • 2015年度 兵庫県社会福祉士会 近畿各府県社会福祉士会共催の実習指導者フォローアップ研修にて演習の企画と運営を行った。
  • 2015年度 兵庫県精神保健福祉士協会 兵庫県の精神保健福祉士会の主催する新人研修で「面接技法」の演習を行った。
  • 2015年度 兵庫県医療ソーシャルワーカー協会 兵庫県医療ソーシャルワーカー協会主催の第11回実践発表会のコーディネーターを行った。
  • 2015年度 明石市MSW連絡会 明石市の病院で勤務する医療ソーシャルワーカーを対象に「面接技法」の演習を行った。
  • 2014年度 日本医療社会福祉学会 神戸学院大学で開催された日本医療社会福祉学会第24回大会において実行委員長を担った。

講演会実績

  • 2016年11月 兵庫県精神保健福祉士協会 面接技法とは
  • 2016年11月 社団法人日本社会福祉士会・一般社団法人兵庫県社会福祉会 実習スーパービジョンとは
  • 2016年7月・10月 明石市MSW連絡会 ソーシャルワーク実践モデル
  • 2016年5月・10月 認定社会福祉認証・認定機構 認定社会福祉士制度におけるスーパービジョン
  • 2016年2月 (公社)日本医療社会福祉協会 ハイリスク新生児への医療ソーシャルワーク実践モデル

講演・取材可能なテーマ

  • 面接技法
  • スーパービジョン
  • ソーシャルワークアセスメント
  • ソーシャルワーク実践モデル

上記のようなテーマで、現役のソーシャルワーカーへの講演及び演習を数多く経験している。

自己PR・共同研究の提案等

小児医療、移植医療、難病医療などへの医療ソーシャルワーク歴が特定機能病院において24年間ある。実践から研究を積み上げてきた自らの体験を通して、ソーシャルワークの発展に寄与したいと願っている。スーパーバイザー体験も豊富であり、いつでも求められれば演習でも講演でもスーパービジョンでも応じたいと思っている。特に、医療ソーシャルワーカーのバーンアウトによる離職を防ぐために、ソーシャルワークの専門的な実践教育の方法の確立に関心が向いている。
共同研究の提案:周産期・新生児期医療における医療ソーシャルワーク実践モデル開発

担当科目

  • ソーシャルワーク論
  • 保健医療サービス
  • 医療ソーシャルワーク論
  • ソーシャルワーク演習・実習