神戸学院大学

大学紹介

上谷 聡子

(ウエタニ サトコ)
上谷 聡子
所属
全学教育推進機構 共通教育センター
職名
准教授

学歴・取得学位

  • 2004年 神戸学院大学人文学部卒業
  • 2006年 神戸学院大学人間文化学研究科人間行動論専攻修士課程 修了
  • 2009年 神戸学院大学人間文化学研究科人間行動論専攻博士後期課程 修了
  • 博士(人間文化学) [2009年3月(神戸学院大学)]

主な職歴

  • 2017-2020 天理大学国際学部地域文化学科 専任講師
  • 2020-    神戸学院大学共通教育センター 准教授

所属学会

身体運動文化学会、スポーツサイエンスフォーラム、ストレングス&コンディショニングジャパン、NGO活動教育研究センター、ランニング学会

主な研究分野

スポーツ科学(キーワード:マラソン、陸上長距離、コーチング、生涯スポーツ)

主な研究課題

  • フルマラソンやランニングのコーチングに関する研究
  • 女性のスポーツ振興に関する研究

競争的資金・科学研究費補助金

  • 平成30年度私立大学研究ブランディング事業 分担 「天理大学スポーツブランドを活かした地域のスポーツ・健康づくり研究拠点の形成」UNIT.2 女性スポーツの振興に関する研究 2018年度-2020年度

主な研究業績

  • 【論文】 2019年11月 市民ランナーのスポーツパーソンシップにおける社会学的考察 -神戸マラソン「5つのランナーマナー」の意識調査を事例にして- 単著 スポーツサイエンス
  • 【論文】 2019年8月 2020年東京オリンピック・パラリンピックに関する大学生の意識についての調査研究 単著 NERC Journal 第18巻第1号、pp.7-14
  • 【論文】 2019年3月 フルマラソンを通じて得られる主観的恩恵に関するテキストマイニングを用いた検討―自由記述回答の分析を通じてー 単著 NERC Journal 第17巻第2号、pp33-38
  • 【論文】 2015年3月 大学女子長距離選手における走行距離と気分の状態の関係について 共著 身体運動文化論攷 第14号、pp.17-28
  • 【論文】 2013年3月  総合型地域スポーツクラブの現状と課題-兵庫県を事例に- 共著 NERC Journal 第11巻第1号、pp.1-10
  • 【論文】 2012年5月  神戸マラソンボランティアに関する研究-第一回神戸マラソンのアンケート調査から- 共著 NERC Journal 第10巻第1号、pp.11-17
  • 【論文】 2011年12月 健康から見たスポーツ環境づくりにおける一考察 -日本と世界各国のマラソン大会を例に- 単著 NERC Journal 第9巻第2号、pp.9-15
  • 【論文】 2011年11月 地域コミュニティとボランティアに関する一考察 共著 社会システム論攷 第2号、pp.1-10
  • 【論文】 2011年7月 強化合宿におけるトレーニングプログラムの検証 -大学女子駅伝選手の減量を目的として- 単著 スポーツサイエンス 第6巻第1号、pp.1-7
  • 【論文】 2010年3月 チャンピオンスポーツ系のNPOのマネジメントについての一考察 単著 NERC Journal 第8巻第1号、pp.11-17
  • 【論文】 2009年4月 大学体育会所属学生の健康に関する調査 単著 NERC Journal 第7巻第1号、pp.31-37
  • 【論文】 2007年7月 大学女子長距離選手におけるトレーニング量と情緒不安定度の関連性 単著 スポーツサイエンス 第2巻第1号、pp.39-45
  • 【論文】 2006年7月 女子陸上長距離選手のトレーニング過程に関する事例報告 単著 スポーツサイエンス 第1巻第1号、pp.59-63
  • 【論文】 2006年7月 女子学生陸上長距離選手の競技力の現状と課題に関する一考察-5000mの記録のデータから- 単著 スポーツサイエンス 第1巻第1号、pp.47-52
  • 【論文】 2006年3月 大学女子駅伝チームのコーチングに関する基礎研究-BMI・走行距離を中心として- 共著 身体運動文化論攷 第5号、pp.95-113
  • 【著書】 2019年9月 『健康・スポーツの基礎知識』(改訂版) 共著 道和書院
  • 【著書】 2018年4月 『スポーツの思想』 共著 晃洋書房
  • 【著書】 2017年9月 『社会貢献を考える -哲学的考察と実践研究-』 共著 デザインエッグ社
  • 【著書】 2015年4月 『アクティブラーニング - 理論と実践』 共著 デザインエッグ社
  • 【著書】 2010年4月 『チャンピオンスポーツの人間学-女子駅伝における人間形成と競技力向上-』 単著 晃洋書房
  • 【著書】 2009年3月 『地域スポーツクラブ指導者ハンドブック』 共著 晃洋書房

審議会・委員会活動

  • これからの神戸マラソンの在り方検討委員会 委員 2015年-2016年
  • 神戸市中央区ランニングによる地域活性化プロジェクト実行委員会 委員 2014年-2016年
  • 神戸市中央区お気軽ランランゆ~マップ実行委員会 委員 2012年-2014年

地域貢献活動

  • 2019年 六甲バター株式会社 六甲バター マラソンスペシャルページ「マラソンのココロエ」執筆
  • 2013年-2018年 ラジオ関西 神戸マラソン応援番組「LUN!LUN!RUN!」出演

講演会実績

  • 2019年11月 兵庫県立図書館 講座と実技 「zeroから始めるランニング」
  • 2018年10月 兵庫県立図書館 講座と実技 「今日から走ろう~初マラソン、サポートします」

講演・取材可能なテーマ

生涯スポーツとしてのジョギング・ランニングに関すること
フルマラソンに関すること

担当科目

  • スポーツ実技実習B/陸上
  • コンディショニング論
  • スポーツ科学入門
  • 健康・体力づくり演習
  • スポーツ演習A(バドミントン)
  • スポーツと健康A/Ⅰ
  • レクリエーション実習Ⅱ
  • ゼミナールⅠ
  • ゼミナールⅡ