神戸学院大学

大学紹介

道田 隆

(ミチダ タカシ)

1953年生まれ

所属
薬学部 薬学科
職名
准教授

学歴・取得学位

  • 大阪薬科大学 1975年(卒業)
  • 大阪大学大学院薬学研究科修士課程 1977年(修了)
  • 薬学博士号授与 1982年(大阪大学)
  • 博士(薬学)[1982年(大阪大学)]

主な職歴

  • 1977-85 神戸学院大学薬学部研究助手
  • 1985-86 同大講師
  • 1986-87 米国スタンフォード大学化学部客員研究員
  • 2001-   神戸学院大学薬学部助教授
  • 2007-   神戸学院大学薬学部准教授

所属学会

日本薬学会、日本化学会、ポルフィリン研究会

主な研究分野

分析化学・バイオミメテッィクケミストリー(酸化反応 電気化学 ポルフィリン)

主な研究課題

  • 金属ポルフィリン類を用いたP-450(薬物代謝酵素)モデル化合物の研究
  • 電気化学的手法を用いた有機化合物の酸化反応機構解明
  • コンピュータシミュレーションによる化学反応機構の解析

主な研究業績

  • 論文 2017 Biomimetic Oxidation of Diphenyl Sulfide by Meso-Tetraphenyl-Porphyrinato 共著 Res.rev.Electrochem 8(2),1-6
  • 論文 2017 Studies on sulfenamides. XVI New method of generating 2,4-dinitrobenzensulfenylnitren 共著 Interdiscip.J.Chem 2(2),1-4
  • 論文 2016 Microencapsulation of Ascorbic Acid for Cosmetic by Utilizing Self- 共著 Chem. Pharm. Bull., 64(10),1514
  • 論文 2015 Studies on Polymer-bound Metalloporphyrin Ⅱ 共著 ALA-Porphyrin science 4(1) 21-26
  • 論文 2014 Studies on Polymer-bound Metalloporphyrin Ⅰ 共著 ALA-Porphyrin science 3(1) 3-10
  • 論文 2013 The epoxidation of the olefins by meso-tetraphenylporphyrinato 共著 Chem. Pharm. Bull., 61(8),799
  • 論文 2000 Re-examination of the Anodic Oxidation of N,N-Dimethylaniline Using Parametric Method 3, Chem. 共著 Pharm. Bull., 48(9), 1378 (2000)
  • 論文 1988 Electrochemical Cyanomethylation of Phenazine in acetonitrile, 共著 Chem. Pharm. Bull., 46(2), 207
  • 論文 1988 Manganese "Picnic Basket" Porphyrin;, 共著 Bull. Chem. Soc. Jpn, 61, 47

講演会実績

  • 2014年7月14日 追手門学院高等学校 「X線診断法」
  • 2013年6月19日 甲南女子高等学校 「X線診断法」
  • 2011年6月23日 兵庫県立加古川南高等学校 模擬授業

講演など協力可能なテーマ及び実績

  • 分子レベルでの酸化反応機構(生体分子を含む)
  • 化学に関する最近のトピックス
  • 機器分析一般について

その他

バイオミメティックケミストリー(生体反応模倣化学)を行なっていますので、有機化学のみならず生化学、錯体化学、電気化学、コンピュータによる計算化学まで幅広く楽しんでいます。