神戸学院大学

大学紹介

原田 慎一

(ハラダ シンイチ)
原田 慎一

1983年8月生まれ

所属
薬学部 薬学科
職名
講師

学歴・取得学位

  • 2006年 神戸学院大学薬学部薬学科 卒業
  • 2008年 神戸学院大学大学院薬学研究科医療薬学専攻 修士課程 修了
  • 2011年 神戸学院大学大学院食品薬品総合科学研究科 博士後期課程 修了
  • 博士(薬学) 2011年 神戸学院大学大学院

主な職歴

  • 2010年-2011年 日本学術振興会特別研究員(DC2)
  • 2011年-2012年 日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 2012年-    神戸学院大学薬学部 レクチャラー
  • 2017年-    神戸学院大学薬学部 助教

所属学会

日本薬理学会(学術評議員)、日本薬学会、日本医療薬学会、日本緩和医療薬学会(研究推進委員会 委員)、北米神経科学学会

主な研究分野

中枢神経薬理学、医療薬学(脳梗塞、疼痛、健康食品)

主な研究課題

  • 脳卒中における臓器間連関の変容の解明と新規治療戦略開発のための基盤研究
  • 脳卒中後疼痛の発症機序の解明および新規治療法の開発
  • 健康食品・サプリメントからの新規脳保護薬の探索

競争的資金・科学研究費補助金

  • 科学研究費補助金 基盤研究 (C) 分担 脳卒中後疼痛の発症機序における HMGB1-RAGE 系の関与 2016年度~2018年度
  • 科学研究費補助金 若手研究(B) 代表 脳梗塞治療に対するorexin-Aの中枢-末梢臓器間連関機構を介した役割 2015年度~2016年度
  • 鈴木謙三記念医科学応用研究財団 研究助成 代表 脳梗塞後の中枢-末梢臓器間連関機構を介した新規脳保護機序の解明と神経ペプチド orexin-A の関与 2015年度
  • 中冨健康科学振興財団 研究助成 代表 脳卒中後疼痛の発現機構に対する high mobility group box-1 の関与 2015年度
  • 武田科学振興財団 2014年度 薬学系研究奨励 代表 脳梗塞に対する新規治療戦略としての中枢末梢臓器間連関機構の役割 2014年度
  • 科学研究費補助金 基盤研究 (C)  分担 中枢性疼痛の発症機序における長鎖脂肪酸受容体 GPR 40 の関与 2013年度~2015年度
  • 科学研究費補助金 若手研究(B) 代表 中枢―末梢臓器間連関を介したエポックメイキングな脳梗塞治療戦略の開発 2013年度~2014年度
  • 第 24 回加藤記念国際交流助成(助成金) 代表 Suppressive effect of brain-derived neurotrophic factor on the development of post-ischemic glucose intolerance and neuronal damage 2012年度
  • 科学研究費補助金(特別研究員奨励費) 代表 脳卒中における臓器間連関の変容の解明と新規治療戦略開発のための基盤研究 2010年度~2011年度

主な研究業績

  • 【論文】 2017年 Influence of hyperglycemia on liver inflammatory conditions in the early phase of nonalcoholic fatty liver disease in mice 共著 Biol. Pharm. Bull. in press
  • 【論文】 2016年 Effects of adjuvant analgesics on cerebral ischemia-induced mechanical allodynia 共著 Biol. Pharm. Bull. 39, 856-862
  • 【論文】 2016年 Unique action mechanisms of tramadol in global cerebral ischemia-induced mechanical allodynia 共著 NeuroReport 27, 699-704
  • 【論文】 2016年 Sodium transport through the cerebral sodium-glucose transporter exacerbates neuron damage during cerebral ischaemia 共著 J. Pharm. Pharmacol. 68, 922-931
  • 【論文】 2016年 Possible involvement of the HMGB1/RAGE signaling mechanism in the induction of central post-stroke pain induced by acute global cerebral ischemia 共著 Brain Res. 1646, 433-440
  • 【論文】 2016年 Proteomic profiling in the spinal cord and sciatic nerve in a global cerebral ischemia-induced mechanical allodynia mouse model 共著 Biol. Pharm. Bull. 39, 230-238, 2016
  • 【論文】 2015年 Activation of cerebral sodium-glucose transporter type 1 function mediated by post-ischemic hyperglycemia exacerbates the development of cerebral ischemia 共著 Neuroscience 310, 674-685, 2015.
  • 【論文】 2015年 Pancreatic changes in nerve growth factor/TrkA associated with insulin secretion in cerebral ischemia 共著 Biol. Pharm. Bull. 38, 1747-1751, 2015.
  • 【論文】 2015年 Relationship between cerebral sodium-glucose transporter and hyperglycemia in cerebral ischemia 共著 Neurosci Lett. 604, 134-139, 2015
  • 【論文】 2015年 Stachys sieboldii (Labiata, Chorogi) protects against learning and memory dysfunction associated with ischemic brain injury 共著 J. Nutr. Sci. Vitaminol. (Tokyo) 61, 167-174, 2015
  • 【論文】 2014年 Involvement of GPR40, a long-chain free fatty acid receptor, in the production of central post-stroke pain after global cerebral ischemia 共著 Eur. J. Pharmacol. 744, 115-123, 2014
  • 【論文】 2014年 Hepatic branch vagus nerve plays a critical role in the recovery of post-ischemic glucose intolerance and mediates a neuroprotective effect by hypothalamic orexin-A 共著 PLoS One 9, e95433, 2014
  • 【論文】 2014年 Sodium-glucose transporter type 3 mediated neuroprotective effect of acetylcholine suppress the development of cerebral ischemic neuronal damage 共著 Neuroscience 269C, 134-142, 2014
  • 【論文】 2014年 Involvement of moesin in the development of morphine analgesic tolerance through P-glycoprotein at the blood-brain barrier 共著 Drug Metab. Pharmacokinet. 29, 482-489, 2014
  • 【論文】 2014年 Changes in PtdIns(4,5)P2 induced by etoposide treatment modulates small intestinal P-glycoprotein via radixin 共著 Biol. Pharm. Bull. 37, 1124-31, 2014
  • 【論文】 2014年 Involvement of PtdIns(4,5)P2 in the regulatory mechanism of small intestinal P-glycoprotein expression 共著 J. Pharm. Sci. 103, 743-51, 2014
  • 【総説】 2016年 脳梗塞に伴う糖代謝異常と中枢-末梢臓器間連関機序の関与 共著 日本薬理学雑誌 148, 34-38
  • 【総説】 2014年 脳虚血性耐糖能異常に起因する神経障害発現に対する orexin-A の中枢末梢臓器間連関機構を介した役割 単著 YAKUGAKU ZASSHI 134, 1055-1060, 2014
  • 【総説】 2014年 Mechanisms of p-glycoprotein alteration during anticancer treatment: role in the pharmacokinetic and pharmacological effects of various substrate drugs 共著 J. Pharmacol. Sci. 125, 242-54, 2014

講演など協力可能なテーマ及び実績

  • 脳卒中関連、脳梗塞と健康食品、脳梗塞と疼痛

審議会・委員会活動

  • 緩和医療薬学会 研究推進委員会 委員 2015年7月~
  • 日本薬理学会 学術評議員 2014年4月~

その他

  • 第25回霧島神経薬理フォーラム 最優秀発表賞 脳虚血性耐糖能異常および神経障害発現における視床下部 orexin-A の役割 2014年 8月
  • 平成25年度 日本薬学会近畿支部奨励賞 脳虚血性耐糖能異常に起因する神経障害発現に対するorexin-Aの中枢末梢臓器間連関機構を介した役割 2014年1月
  • 神戸学院大学学長賞 2011年3月

自己PR・共同研究の提案等

薬学 6 年制における教育環境をより充実させるため、大学-臨床現場-製薬企業などによる多職間教育ネットワークを形成し、薬剤師として自らの力を十分に発揮できる人材を育てたいと思っております。さらに、基礎および臨床研究を通して、様々な分野に対応できる研究者育成にも力を注ぎたいと思います。

担当科目

  • 薬学演習
  • 環境の科学Ⅰ