神戸学院大学

大学紹介

田中 裕明

(タナカ ヒロアキ)
田中 裕明

1957年10月生まれ

所属
法学部 法律学科
職名
教授
法学部長

学歴・取得学位

  • 南山大学 法学部 1981年(卒業)
  • 一橋大学大学院 法学研究科博士後期課程 1988年(単位取得満期退学)
  • 法学修士[1985年3月(一橋大学)]

主な職歴

  • 1988-1999 追手門学院大学(講師、助教授)
  • 1993-1994 ドイツ連邦共和国ミュンスター大学客員教授
  • 1999-2003 愛知県立大学(助教授)
  • 2003-2007 神戸学院大学法学部(教授)
  • 2007-2008 関東学院大学法科大学院(教授)

所属学会

日本経済法学会、日本国際経済法学会、日米法学会、日本私法学会{理事(2013年10月~2015年9月)}

主な研究分野

経済法(競争制限 私的独占)

主な研究課題

  • 事業者の市場支配力濫用規制
  • 会社法上の誠実義務
  • ドイツ競争法の思想史的分析

主な研究業績

  • 単行本 2017年2月 要説独占禁止法―経済法入門― 単著 晃洋書房
  • 単行本 2017年 The Development of Modern Economic Law:Competition Law 共著 Law Press China
  • 単行本 2016年8月 市場支配力濫用規制法理の展開 単著 日本評論社
  • 単行本 2013年9月 会社法新講義 共著 中央経済社
  • 論文 2015年3月 市場支配力濫用規制と市場参入障壁(三) 単著 神戸学院法学 第44巻第3・4号 p.87-108
  • 論文 2014年3月 Verbot Privater Monopolisierung in Antimonopolgesetz 単著 神戸学院法学 第43巻第4号 p.71-79
  • 論文 2013年10月 ケイラインロジスティック(株)による審決取消請求事件他 単著 新・判例解説Watch Vol.13.p.189-196
  • 論文 2013年3月 濫用規制をめぐる思想的考察 単著 神戸学院法学 第42巻第3・4号 p.93-114
  • 論文 2012年6月 〈資料〉ドイツ法講義 単著 神戸学院法学 第42巻第1号 p.169-211
  • 論文 2012年3月 ドイツにおけるコーポレート・ガバナンス 単著 神戸学院法学 第41巻第3・4号 p.153-176

講演会実績

  • 2017年1月19日 大阪府立千里青雲高等学校 法学部ってどんなところ~法学あれこれ~

講演など協力可能なテーマ及び実績

  • 独占禁止法の動向
  • 会社法の動向
    いずれもドイツ法との比較が関心事である。

自己PR・共同研究の提案等

最近は実定法の研究(解釈論、政策論、判例分析)に、基礎法学的手法(法哲学、法思想、法制史による分析)も加味した検討も行っている。