神戸学院大学

大学紹介

Thomas Schalow

(トーマス シャーロー)
Thomas Schalow
所属
グローバル・コミュニケーション学部 グローバル・コミュニケーション学科 英語コース
職名
教授

学歴・取得学位

  • 1979年 University of Wisconsin ウィスコンシン大学歴史学部 卒業
  • 1984年 University of Hawaii ハワイ大学大学院歴史学部修士課程 修士号取得
  • 1989年 Princeton University プリンストン大学大学院歴史学部博士課程 博士号取得
  • 歴史博士 [1989年10月(Princeton University プリンストン大学)]

主な職歴

  • 1990-1992 National University of Singapore (シンガポール国立大学) 講師
  • 1992-1999 光陵女子短期大学 助教授
  • 1999-2016 流通科学大学 教授
  • 2016-     神戸学院大学グローバル・コミュニケーション学部 教授

所属学会

INTED (Int. Technology, Education, Development)、 ICSEI (Int. Congress School Effectiveness & Improvement)、 Sociolinguistics Symposium、 MELTA (Malaysian English Language Teachers Association)、 ECKM (European Council on Knowledge Management)

主な研究分野

コミュニケーション, 人工知能と知性, 教育学(キーワード:コミュニケーション, 人工知能, 知性, 教育学)

主な研究課題

  • 人工知能の時代におけるコミュニケーション
  • 人間と非人間のコミュニケーションシステム
  • 人工知能の時代における教育

共同・受託研究

共同研究 分担 An Application of DBR to the Development of a Framework for English Language Education International Journal of Digital and Wireless Communications 2014年度

主な研究業績

  • 論文 2016年8月 Human Learning Culture in an Age of Advanced Artificial Intelligence 単著 Proceedings of MAC-ETeL 2016 p1-6
  • 論文 2015年9月 Mutualism and Knowledge Sharing in an age of Advanced Artificial Intelligence 単著 Proceedings of the 16th European Conference on Knowledge Management p665-670
  • 論文 2014年9月 Software Agents: Solution to KM Anxiety of Japanese in Limited Trust Situations 単著 Proceedings of the 15th European Conference on Knowledge Management p868-873
  • 論文 2013年9月 Shared Knowledge: Eliminating the ‘Ba’ 単著 Proceedings of the 14th European Conference on Knowledge Management p594-599
  • 論文 2012年9月 Bringing Meaning to Tourism: The Use of Augmented Reality to Navigate Foreign Language Environments 単著 Proceedings of the 1st International Conference: Enlightening Tourism, Competition and Innovation in Tourism p561-571

審議会・委員会活動

  • 流通科学大学入学試験委員会 副委員長 2014年-2016年
  • 神戸学院大学キャリア教育センター委員会 委員 2016年-
  • 神戸学院大学情報援助センター運営委員会 委員 2016年-

講演・取材可能なテーマ

  • 人工知能と人間のコミュニケーションの未来
  • 異文化コミュニケーション

その他

流通科学大学賞 団体・英語教育改革 2011年1月11日

自己PR・共同研究の提案等

  • 人工知能が社会や教育に与える影響について、他の学者との共同研究に熱心する。
  • 異文化コミュニケーションについて、他の学者との共同研究に熱心する。

担当科目

  • 英語表現 I
  • 英語表現 II
  • 英語表現 III
  • 異文化コミュニケーション論
  • 入門セミナール
  • 英語専攻演習
  • 英語コース基礎演習