神戸学院大学

大学紹介

伴 ひかり

(バン ヒカリ)
所属
経済学部 経済学科
職名
教授

学歴・取得学位

  • 1987年3月 神戸大学経済学部卒業
  • 1989年3月 神戸大学大学院経済学研究科経済学・経済政策専攻博士課程前期課程修了(経済学修士)
  • 1992年3月 神戸大学大学院経済学研究科経済学・経済政策専攻博士課程後期課程単位修得退学
  • 1996年5月 Johns Hopkins University Ph.D program 所定単位(MA)修得退学
  • 博士(経済学)[2012年3月(神戸大学)]

主な職歴

  • 1992年4月 神戸学院大学経済学部 講師
  • 1995年4月 神戸学院大学経済学部 助教授
  • 2007年4月 神戸学院大学経済学部 准教授
  • 2008年4月 神戸学院大学経済学部 教授

所属学会

環太平洋産業連関分析学会、経済社会学会、日本経済学会、日本国際経済学会

主な研究分野

貿易と環境の理論的・実証的研究(貿易自由化、付加価値貿易、環境負荷、排出量取引、炭素税、応用一般均衡分析、産業連関分析、GTAP)

主な研究課題

  • 貿易自由化が国際分業構造に与える影響
  • 貿易自由化が環境負荷に与える影響
  • 炭素税の経済および環境に与える影響
  • 国内および国際排出量取引の経済および環境に与える影響

競争的資金・科学研究費補助金

  • 基盤研究(B) 分担 炭素排出の国際移転:中国のエネルギー・気候変動政策とアジアのエネルギー構造転換 2018年度~2020年度
  • 基盤研究(B) 分担 中国のエネルギー・気候変動政策の実施障壁と周辺エネルギー輸出国への影響 2014年度~2016年度
  • 基盤(C) 分担 東アジア共生時代の環境経済政策―計量分析による政策評価 2011年度~2013年度
  • 基盤(C) 分担 国際的生産ネットワークに関する理論的・実証的研究 2011年度~2013年度
  • 基盤(C) 分担 東アジア共生時代の環境経済政策―モデル分析による政策評価 2008年度~2010年度

主な研究業績

  • 論文 2018年7月 "Economic and carbon impacts of China's NDC and the Paris Agreement on China" 共著 S. Mori ed., China's climate - Energy Policy Domestic and International Impacts, Routledge (単行本) pp.101-119
  • 論文 2018年7月 "Economic and carbon impacts of China's NDC and the Paris Agreement on Asian energy - exporting countries"  共著 S. Mori ed., China's climate - Energy Policy Domestic and International Impacts, Routledge (単行本) pp.154-166
  • 論文 2016年2月 「東アジアの貿易自由化と生産・貿易構造」 単著 藤川清史編著『中国経済の産業連関分析と応用一般均衡分析』法律文化社(単行本) pp.138-155
  • 論文 2015年9月 "An environmental assessment of FTA in East Asian regions by using the CGE modeling approach" 共著 S. Lee, H. Pollitt, and S. Park ed. Towards a Low-carbon, Sustainable Future in East Asia, Routledge(単行本) pp311-328
  • 論文 2015年9月 "An empirical study on the interdependency of energy consumption and CO2 emission under the international IO structure of the Asia-Pacific region" 共著 S. Lee, H. Pollitt, and S. Park ed. Towards a Low-carbon, Sustainable Future in East Asia, Routledge(単行本) pp.270-287
  • 論文 2015年8月 "Globalization of the economy and load on the global environment" 共著 S. Otsubo ed., Globalization and Development volume 1, Routledge(単行本) pp. 200-227
  • 著書 2019年2月 『資本主義がわかる経済学』 共著 大月書店

地域貢献活動

  • 2017年12月18日 兵庫県立松陽高等学校 模擬授業「貿易と環境―マグロ・イルカ事件からパリ協定まで―」

講演会実績

  • 2017年7月7日 研究集会,ウクライナ大統領付属国家行政アカデミー Economic and Environmental Impacts of Ukraine’s Free Trade Agreements -A CGE Approach-
  • 2017年7月7日 ウクライナ最高会議[国会]産業・企業家政策委員会(ローマクラブ・ウクライナ共催) Economic and Environmental Impacts of Ukraine’s Free Trade Agreements -A CGE Approach-
  • 2017年7月6日 国際学術会議「環境安全や農業生産における天然資源のバランスのとれた利用」ウクライナ国立農業科学アカデミー・アグロエコロジー・環境マネジメント研究所 An Environmental Assessment of Ukraine’s FTAs: An Integrated CGE-IO Approach
  • 2017年1月19日 「中国のエネルギー・気候変動政策と周辺エネルギー輸出国への影響に関する報告会」,独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC) 中国のパリ協定達成に伴う国内経済への影響
  • 2015年9月17日 環境経済・政策学会20周年記念シンポジウム 第3回「東アジアの持続可能な低炭素経済に向けてーエネルギーシステム、エネルギー税制、政策協調のあり方ー」 東アジアにおける自由貿易の環境・経済影響
  • 2014年6月14日 シンポジウム「東アジアのエネルギー環境政策選択―E3モデルを活用した東アジアのエネルギー・環境政策の評価と選択―」主催:東アジア環境政策研究会,共催:名古屋大学大学院国際開発研究科・名城大学経済学部 東アジア地域における自由貿易の環境・経済効果:CGE分析を用いて

講演・取材可能なテーマ

貿易と環境の応用一般均衡分析