神戸学院大学

大学紹介

宮本 幸平

(ミヤモト コウヘイ)
宮本 幸平(ミヤモト コウヘイ)

1963年10月生まれ

所属
経営学部 経営学科
職名
教授

学歴・取得学位

  • 2000年 京都大学大学院 経済学研究科 博士課程 修了
  • 京都大学博士(経済学)

主な職歴

  • 1998-2003 徳島文理大学短期大学部 講師・助教授
  • 2003-2010 星城大学経営学部 教授
  • 2010-    神戸学院大学経営学部 教授
  • 2012-    京都大学公共政策大学院 非常勤講師

    京都大学経済学部 非常勤講師

所属学会

日本会計研究学会、日本簿記学会、会計史学会、租税法学会、会計理論学会、国際公会計学会、非営利法人研究学会、国際会計研究学会

主な研究分野

会計学/政府会計/非営利組織会計(複式簿記、公益法人、医療法人、NPO、事務事業評価、費用便益分析、政策評価)

主な研究課題

  • 政府会計・公会計
  • 非営利組織会計
  • 行政評価システム
  • 金融商品会計

競争的資金・科学研究費補助金

  • 若手研究(B) 地方分権時代における自治体「業績評価システム」の会計理論的考察 2002-2003

主な研究業績

  • 2015年 非営利組織会計基準の統一 単著 森山書店
  • 2013年 政策評価における公会計の機能 単著 税務経理協会
  • 2012年 非営利組織会計テキスト 単著 創成社
  • 2007年 公会計複式簿記の計算構造 単著 中央経済社
  • 2004年 自治体の財務報告と行政評価 単著 中央経済社
  • 2003年 社会生活と会計 単著 名英図書出版協会
  • 2002年 企業不正支出とコーポレートガバナンス 単著 中央経済社

審議会・委員会活動

  • 大学評価委員会大学評価分科会 第31群委員 2016年~2017年
  • 丹波市入札監視委員会 委員 2013年
  • 川西市上下水道事業経営審議会 委員 2012年~

講演会実績

  • 2011年7月11日 明石市立明石商業高等学校 模擬授業

講演など協力可能なテーマ及び実績

  • 「地方自治体会計の複式簿記化と便益測定」
  • 複式簿記に基づく自治体会計の計算構造と、当該開示情報の有用性につき、著書及び論文を発表している。また、「費用便益分析」に基づく行政評価を提唱している。

その他

  • 会計理論学会 学会賞 非営利組織会計基準の統一 2015年10月
  • 国際公会計学会 学会賞 企業会計との統一化を指向した政府会計の表示の妥当性考察 2014年8月

自己PR・共同研究の提案等

財務会計理論を援用して、公会計の諸論点を考察している。また、会計情報を補完するデータを「費用便益分析」(公共経済学)に求めるべく、当該理論を研究している。
ホームページ:http://www13.plala.or.jp/kohei/