campus194
21/36

21No.194 2019.7学生相談キャリアセンター入学・高大経営戦略推進事務室国際交流教務教務全学教育推進機構事務室教務医務室学生生活案内学生支援情報支援財務CampusSchedule 2015年6月1日、改正道路交通法が一部施行され、危険な交通違反(危険行為)を繰り返した自転車利用者には交通事故を防止するための講習をうけるよう命令がくだされる、「自転車運転者講習制度」がはじまりました。また、兵庫県では2015年4月1日「自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」が制定され、同年10月から自転車利用者は賠償責任保険への加入が義務化されました。<自転車運転者講習制度> 自転車運転中に信号無視などの危険な交通違反を3年以内に2回以上繰り返した14歳以上の者に対し、都道府県公安委員会が交通事故を防止するための講習を受けるように命令します。(講習会費用 5,700円) 受講命令に従わない場合は、5万円以下の罰金に処せられることがあります。<自転車保険加入の義務化> 被害者の救済、加害者の経済的負担を軽減するため、事故への備えとして保険加入が義務化されています。 ※下記の「ひょうごのけんみん自転車保険制度」参照○自転車の交通ルール(警視庁)○学研災付帯賠償責任保険 (公益財団法人 日本国際教育支援協会) http://www.jees.or.jp/gakkensai/     opt-baisho.htm※加入を希望される方は、KPC事務センター(学生支援)またはKAC 学生支援事務室までお問い合わせください。 毎年、クラブやサークル、ゼミ等のコンパや打ち上げを行う飲食店内で、または店の外や帰宅した下宿で深夜に集団で大騒ぎするケースがあり、飲食店や近隣の住民から大学に苦情が寄せられています。大学周辺で生活しているのは学生だけではありません。近隣の住民に迷惑を掛けたり、大学の品位を落とす行為は絶対にしないでください。 万が一、飲み会で、①意識がない。ゆすっても、強くつねっても起きない、②全身が冷えきっている、③呼吸がおかしい。ゆっくりで途切れたり、浅くて早い、④大量の血や食べ物を吐いている、⑤口から泡を吹いている、⑥失禁している、というような状態になった人が出た場合は、一刻も早く救急車を呼んでください。https:// www.keishicho. metro.tokyo.jp/ kotsu/jikoboshi/ bicycle/menu/ rule.html○ひょうごのけんみん 自転車保険制度 http://   bi.hprtsa.jp/自転車安全利用五則1. 自転車は車道が原則、歩道は例外2. 車道は右側を通行3. 歩道は歩行者優先で、車道寄りを  徐行4. 交通ルールを守る5. 子どもはヘルメット着用(1)共通ルール  本学の未成年者の学生が同席する場合は、成年者(教職員を含む)も飲酒を禁止する。(2)キャンパス内ルール  ①学内全域で飲酒は禁止する。ただし、事前に所定の願書により学生支援センター所長の許可を特別に得た場合  (学内厚生施設で開催される行事で、教職員同席の下で参加者が成年学生のみで構成される場合)は除く。  ②酒気帯びや飲酒状態でキャンパス内に入ることを禁止する。(3)課外活動ルール  課外活動の合宿中は、全関係者(顧問・監督・コーチ等の指導者・成年者含む)の飲酒を禁止する。(4)ゼミ旅行、学外見学・研修、海外見学・研修旅行時のルール  教職員が同席し、かつ、参加する学生がすべて成年者である場合を除き、一切の飲酒を禁止する。なお、海外見学  ・研修において、一般的とされている儀礼や交流の趣旨・目的が尊重されるべき状況においては、引率教員が良識  の範囲において適切に判断する。クラブのコンパ・打ち上げでは節度を守ろう【参考】Information本学の飲酒に関するルールは次のとおりです!厳守してください!自転車保険加入の義務化について

元のページ  ../index.html#21

このブックを見る