1. 神戸学院大学
  2. 学部・大学院
  3. 総合リハビリテーション学部
  4. 理学療法学科
  5. カリキュラム

理学療法学科 - カリキュラム

基本動作の問題を改善させる運動療法のプロフェッショナルをめざします。初年次より多くの実習を通して実践力を養成。近年、スポーツ選手を対象としたスポーツ傷がいのほか、健常者の健康管理や在宅生活支援など治療の範囲が広がっています。こうした多様化するニーズに対応できる力も育成します。

学びのPOINT

ポイント01 width=45チームワーク力と人間性を育む
チーム医療を意識し、他学科の学生と学び合う機会を多く設置することで、チームワーク力やチームを率いる力を養います。
ポイント02 width=45保健・福祉分野まで広がる学びの幅
チーム医療を進める上で、医師や看護師、その他の専門家と連携する必要があります。そのため隣接分野の学びも学修します。
ポイント03 width=45最新機器を使い多様な療法を実践
運動療法や物理療法など、さまざまな疾患や障がいに対して最適な療法を学ぶことができるよう、最新の設備や機器が充実。

TOPICS

岩井信彦准教授が兵庫県功労者表彰(健康功労)を受賞
総合リハビリテーション学部の岩井准教授が2015年兵庫県功労者表彰(健康功労)を受賞。兵庫県理学療法士会の副会長を長年務めた功績が認められ、今回の受賞に至ることに。表彰式は5月18日に兵庫県公館で実施されました。

CURRICULUM

※下記の内容は2016年度のものです。2017年度は変更される場合があります。

理学療法士として働く上で必要になる土台を築く授業
身体の骨や筋肉などの働きについて学ぶ「解剖学」。理学療法の土台となる知識を教えてもらいます。骨だけでも100以上も学ぶ部位があり、勉強するのが大変ですが、実習室の人体模型を見ながら覚えることで4年次の実習に役立ちます。
身体の仕組みを実験で深く学ぶ生理学実習
身体の仕組みを学ぶ「生理学実習」では、カエルの足に電気を通し筋肉の収縮を見る実験を行います。電流の大きさによって筋肉の動きが変わることを目の当たりにして、筋肉の働きを深く理解。ほかにも、学生たちの肺活量を調べたりすることも。この授業では、実際に試すことが学びを深めるポイントだと気づくことができます。
先生から丁寧に指導を受けさまざまな療法を学ぶ
「物理療法学実習」では、痛みをやわらげる温熱療法や寒冷療法などを学びます。グループごとに、患者さん役、療法士役に分かれて実際に体験。患者さんは疾患を持っているので身体への触り方も注意しないといけません。その点も考慮して、先生が一人ひとり丁寧に指導。この授業で学ぶことは、理学療法士として働く時に大いに役立ちます。
病院での実習経験でさらに学びへの向上心がアップ
理学療法士として2カ月の間、病院に実習へ。患者さんの身体を触る時は、自分が思っているほどスムーズにいきません。この経験を通じて、さらに患者さんの気持ちに寄り添う大切さを痛感します。
ページトップへ