1. 神戸学院大学
  2. 学部・大学院
  3. 薬学部
  4. 6年制の薬学教育について
  5. カリキュラム詳細

6年制の薬学教育について - カリキュラム詳細

薬学部6年制カリキュラム

薬のスペシャリストとしての立場から医療にかかわる薬剤師には、物理系・化学系・生物系の基礎的な知識や技能だけではなく、健康、薬物治療、社会薬学などの知識や技能が求められます。さらに、医療における倫理の重要性やコミュニケーション技術を習得することも不可欠です。神戸学院大学のカリキュラムは、全国の大学の教員の協力によって作成された日本薬学会「薬学教育モデル・コアカリキュラム」に準拠しています。

ヒューマニズムに
ついて学ぶ
●生と死  ●信頼関係の確立を目指して
●医療の担い手としてのこころ構え
イントロダクション ●薬学への招待 ●早期体験学習
薬学準備学習 ●人と文化 ●薬学の基礎としての生物
●薬学英語入門 ●薬学の基礎としての数学・統計
●薬学の基礎としての物理 ●IT
●薬学の基礎としての化学





物理系薬学を学ぶ 物質の物理的性質
●物質の構造 ●物質の状態II
●物質の状態I ●物質の変化

化学物質の分析
●化学物質の検出と定量I ●臨床応用に向けた分析技術の基礎
●化学物質の検出と定量II

生体分子の姿・かたちをとらえる
●生体分子を解析する方法
化学系薬学を学ぶ 化学物質の性質と反応
●有機化合物の性質と反応I ●有機化合物の性質と反応III
●有機化合物の性質と反応II ●化学物質の構造決定

ターゲット分子の合成
●官能基の導入・返還 ●複雑な化合物の合成
生体分子・医薬品を化学で理解する
●生体分子のコアとパーツ ●医薬品のコアとパーツ

自然が生み出す薬物
●薬になる植物鉱物 ●現代医療の中の生薬・漢方薬
生物系薬学を学ぶ 生命体の成り立ち
●ヒトの成り立ち・基本単位としての細胞 ●小さな生き物たち
●生態の機能調整

生命をミクロに理解する
●細胞構成分子・生体エネルギー ●細胞の分子生物学
●タンパク質・遺伝子の種類と働き ●生理活性分子とシグナル分子
●遺伝子の発言・遺伝子操作

生体防御
●身体をまもる&感染症にかかるI ●感染症にかかるII
健康と環境 健康
●栄養と健康 ●社会・集団と健康、疾病の予防

環境
●化学物質の生体への影響 ●生活環境と健康
薬と疾病 薬の効くプロセス
●薬の麻生と生体内運命 ●薬物動態の分析
●薬物の雑木への到達と消失

薬物治療
●体の変化を知る
●疾患と薬物治療I  循環器系
●疾患と薬物治療II  中枢神経系
●疾患と薬物治療III  免疫系
●疾患と薬物治療IV 内分泌・代謝系
●疾患と薬物治療V  化学療法
●疾患と薬物治療VI  消化器・造血器系
●疾患と薬物治療VII 腎臓・尿路・生殖器・感覚器・呼吸器

薬物治療に役立つ情報
●医薬品情報 ●テーラーメイド薬物治療を目指して
●患者情報
医薬品をつくる 製剤化のサイエンス
●剤形をつくるI ●剤形をつくるII ●DDS

医薬院の開発と生産
●医薬品の開発と生産のながれ ●バイオ医薬品とゲノム情報
●リード化合物の創製と最適化 ●バイオスタティスティクス

薬学と社会
●薬剤師を取巻く法律と制度 ●コミュニティファーマシー
●社会保障制度と薬剤経済
アドバンスト教育 ●症例で考える ●サプリメントを知る
●医薬品で評価する ●高齢者介護にかかわる
●薬剤師活動最前線 ●プライマリケア
●臨床における栄養学 ●細胞療法
●漢方を治療に使う ●医用バイオテクノロジー
●薬局を開設する ●分子設計学
●保険調剤業務 ●新しい医療技術
ページトップへ