1. 神戸学院大学
  2. 学部・大学院
  3. グローバル・コミュニケーション学部
  4. グローバル・コミュニケーション学科 中国語コース
  5. カリキュラム

グローバル・コミュニケーション学科 中国語コース‐カリキュラム

顕著な経済成長を遂げるアジアでビジネスを動かす力を身につける

1学年30名という少人数制教育、1学期間の留学実施や中国語検定試験の対策演習などを通して高い中国語力を養います。さらに、中国語によるコミュニケーションスキルも磨き、ビジネスの現場で通用する力を育みます。

学びのPOINTS

ポイント01 中国語の基礎を徹底的に学ぶ
1年次では、中国語を初めて学ぶ人を対象に「聞く・話す・読む・書く」の4つの基本的なスキルを徹底して学びます。少人数制なので丁寧な指導も可能です。
ポイント02 ビジネス現場で役立つ中国語スキルを養う
中国語でプレゼンテーションをする授業も。学外のスピーチコンテストへの出場をめざします。また、ビジネス現場の実用文書を作成する訓練も行います。
ポイント03 中国語検定対策も充実
中国語の学修効果を測る指標として一般的に認められている中国語検定。中国語コースでは、2年次から4年次にかけて、中国語検定対策の授業も充実しています。

中国語能力の達成目標

中国語検定2級
HSK(漢語水平考試)5級( 高級)

TOPIC

学部開設記念式典・イベントを開催
学部開設記念のイベントでは、学部長の講演、学部代表の入門ゼミナール3チームによるプレゼンテーションを実施。その後は、各コースの英語によるスピーチ、中国語による詩の朗読、日本語による歌のパフォーマンスを披露しました。

CURRICULUM

丁寧な指導のおかげで、発音や文法に自信が持てるように
中国語で自由に会話するなど、実践的で語学力アップにつながるのが「中国語会話T」。中国語で日本の曲を歌うなど、楽しく語学を学べます。発音や文法に自信がない人も、この授業は少人数制で、先生がすぐに間違いを指摘してくれるうちに自信がつき、積極的に意見を述べられるようになります。
意見を交換し合うなかでコミュニケーション力がアップ
「ジェネリック・スキルトレーニングT」は、社会に出た時に役立つ力が身につく授業。人の強みや弱みを探し、それらを絵で表現するといったグループワークを行います。さまざまな人とコミュニケーションを取りながら、相手の意見や考えをじっくり聞く傾聴力が身につきます。
ページトップへ