神戸学院大学 > 教育・研究・施設 > 情報支援センター > LAN利用上の遵守事項

LAN利用上の遵守事項

禁止事項

学内LANを利用すると利用記録(ログファイル)が残ります。
通常は通信の守秘義務があり誰も見ることはできませんが、以下の事項に該当する行為があった場合は、関係委員会の了承を得て実行者を割り出し、利用の停止や制限などの措置(処分)を行います。
また、違反の内容によっては学則上の処分の対象となることもあります。

(1)人権を侵害する行為

ネットワーク上に流れる情報は不特定多数の目に触れます。
特定の人を傷つける発言、不快感を与える表現、差別用語の使用は許されません。

(2)プライバシーを侵害する行為

他人のプライバシーはいかなる理由があっても公開してはいけません。

(3) 著作権及び肖像権を侵害する行為

個人の意見などの書かれたメールを無断で第三者に転送したり電子掲示板などに掲載すると、民事上の損害賠償、あるいは名誉回復の措置の責任を負ったり、さらには刑事罰の対象となったりすることがあります。
また、友人などと写っている写真を本人の許可なく掲載すると肖像権の侵害となります。
知的所有権法(著作権法、特許法、実用新案法、商標法)などにも注意してください。

(4)第三者にユーザー名(アカウント)を貸与したりユーザー名とパスワードを教える行為

ユーザー名とパスワードは学内LANに入るための鍵です。
セキュリティの保護上、貸与を受けた本人しか使用できません。

(5)第三者にユーザー個人のアカウントでログインしたPCを使用させる行為

学内LANはログインしたユーザーしか利用できません。

(6)法律および公序良俗に違反する行為

主な法令および法律違反としては、差別行為、名誉毀損、プライバシーの侵害、著作権など知的所有権の侵害、ネズミ講、詐欺、ウイルスの送付、システムやデータの破壊、わいせつ画像の掲示などがあります。
また、公序良俗に反する行為としては、誹謗中傷、チェーンメール、人に不快感を与えるような行為などがあります。

(7)営利または勧誘(委員会の許可を受けたものは除く)を目的とした行為

学内LANは教育研究を目的に構築されたネットワークです。学内LANを使って物品の売買や勧誘行為、社会的活動等をすることは禁止いたします。教育研究上の必要性が生じた場合は、情報処理センターに申し出てください。

(8)その他ネットワークの運用に支障をきたす行為

ネットワークの運用に支障をきたす主な行為としては、次の事柄があります。

  • 権限なしにサーバ等にアクセスすること。
  • 情報処理実習室、情報処理自習室のPCの設定を変更すること。
  • ウイルスを持ち込むこと。
  • 大量のデータを流すこと。

ネットワークの利用によってユーザーに生じる危険性

ネットワークは安全ではありません。以下の危険性があるので注意してください。

  • 1.個人に関するデータ(氏名、生年月日、住所、電話番号など)をネットワーク上に流すことによって多大の被害を受ける危険性がある。
  • 2.クレジットカードの番号等をネットワーク上に流すと、盗まれて悪用される危険性がある。
  • 3.ネットワークにつながれているコンピュータ内のデータは、盗まれたり破壊される危険性がある。
  • 4.ネットワークのセキュリティは完全ではないので、データの送受信時に盗聴される危険性がある。
  • 5.プログラムやファイルをダウンロードすることで、ネットワークにウイルスを持ち込む危険性がある。
  • 6.メールにはウイルスが添付されている危険性がある。
  • 7.電子掲示板などで本名を使うとストーカー行為を受ける危険性がある。

法律

ネットワーク上の行動についても法律が適用されることはいうまでもありませんが、ネットワークは世界に広がっていますので、場合によっては外国の法律が適用されることがあることを承知しておいてください。

ルールとネチケット

パソコンやインターネットの世界は、本来ルールとネチケットで成り立っています。これを無視した行為がハッキングやウイルスの送付、プライバシーの侵害などの迷惑行為または犯罪行為です。知らずに被害者となった時の対応や加害者となった時の責任問題など、利用者一人一人は常に意識しておく必要があります。
ユーザーはこの情報倫理指針に掲載しているルールとネチケットについて充分に理解しておいてください。

パスワード

パスワードは学内LANを利用するための鍵であり、
自宅の鍵やキャッシュカードの暗証番号と同じように重要なものです。
不正侵入を防ぐために、学内LANの入り口にはファイアーウォールを置いていますが、万一、悪意を持つ人にパスワードを知られるとたやすく侵入を許し、大きな被害を受ける危険性があります。
また、クラッカー(ハッカー)はいろいろな手法で利用者のパスワードを解析し、侵入の糸口をつかもうと試みます。そこで学内LAN利用者には、このような解析を防ぐために、定期的にパスワードを変更されるようお願いいたします。
パスワードの交付は直接本人に対して行い、代理人は一切認めません。
再発行には、100円の証紙を必要としています。
安易な管理をしないよう注意してください。

電子メール(e-mail)

メールの利用においては、以下のことに注意してください。

  • 1.サーバにおけるメールの蓄積量は限られています。放置しておくと容量オーバーとなり、メールの利用ができなくなりますので、古いメールは順次削除してください。
  • 2.添付ファイルはウイルスの拡散源となっています。利用者双方で添付ファイルの利用を避け、
     直接メールに本文を作成し送受信するようにしてください。

◎「神戸学院大学LAN利用上の遵守事項」を承諾した人に対して、ユーザー名とパスワードを貸与します。

ページトップへ