神戸学院大学

教育・研究

所長からのご挨拶

教育開発センター所長の紹介

教育開発センター所長
塩出 省吾

このたび佐藤雅美前所長が学長となり、その後を引き継いで教学担当の副学長として教育開発センターの所長となりました。

 神戸学院大学は現代社会学部、グローバル・コミュニケーション学部の設置も済み、また総合リハビリテーション学部の学科改変、栄養学部の改組・拡充、教育の質的向上を全学的に推進する全学教育推進機構の設置、さらには学部移転も今年度を最後に完了することになります。これらの大きな変革も一段落しましたので、これからは教育の更なる質的向上により、本学の価値を高め、地域社会における本学の存在意義を一層明確にしていく必要があります。そこで、教育開発センターとしては、すべての教職員の皆さんとともに教学分野の中心としてこの課題に取り組んでいく所存です。

 教育開発センターに関することでは、三つのポリシーをベースとした大学教育の基盤整備・改革に取り組んでいます。また、これまでも各学部・各研究科で取り組んでこられた離学者数の削減、大学院教育の充実、FD活動の検討など、多岐・多様な課題にも今後一層真摯に取り組んでいく必要があります。

 卒業時さらには卒業後に神戸学院大学を選んで卒業して良かったと評価していただけるように、すべての教職員の皆さんと取り組んでいきたいと思っております。何卒ご協力のほど、よろしくお願い致します。

2016年7月14日

歴代のセンター所長

  • 早木 仁成(平成21年4月1日~平成22年7月21日)
  • 岡本  博 (平成22年7月22日~平成25年7月12日)
  • 佐藤 雅美(平成25年7月13日~平成28年7月12日)
  • 塩出 省吾(平成28年7月14日~)