1. 神戸学院大学
  2. 教育・研究・施設
  3. 学際教育機構
  4. スポーツマネジメントユニット

スポーツマネジメントユニット
※2015年度以前の入学生対象、スポーツサイエンス・ユニットに改編

スポーツマネジメントユニット

スポーツは、今や身体運動や趣味の領域を越え、健康の維持増進の手段として、行政やビジネスの分野までもが、その振興に力を入れています。スポーツマネジメントユニットでは、これらの社会的要請に応え、地域スポーツクラブの運営やスポーツ指導、トレーニング指導のできる人材を即戦力として養成することを目的にしています。スポーツ関係の各種資格の取得を目指しながら、地域や行政の幅広いスポーツ振興に寄与できる人材を育成します。

定員 70名
対象学部 法学部・経済学部・経営学部・人文学部
対象年次 2年次〜4年次
キャンパス 有瀬キャンパス

取得できる資格

  • レクリエーション・インストラクター
  • 公認スポーツ指導者養成講習会修了証明書
  • スポーツリーダー認定証
  • 初級障害者スポーツ指導員

取得できる受験資格

  • 健康運動実践指導者認定試験
  • CSCS(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)認定試験
  • NSCA-CPT(NSCA認定パーソナルトレーナー)認定試験

学修のポイント

フィールドワーク重視の実践教育
スポーツ指導実習では、スポーツクラブでインストラクターにトレーニング指導を学ぶなど、社会の最前線で実習できるチャンス。
インターンシップを単位として認定
計画書と報告書をもとに活動を評価し、単位として認定。スポーツ施設などでのインストラクター補助や企業での研修が対象となります。
各種スポーツ関連資格の取得
「スポーツ振興を支える専門家」「地域や企業など社会の即戦力」の育成を目的に、各種資格の取得を目指します。
提携講座や特別講義を開講
企業や政府関連機構の提供講座、実務家による講義・実習などを開講。卒業後の進路を視野に入れた教育を実施しています。

学際教育機構概要

Student's Voice

西村 翼

西村 翼 法律学科 4年次生
京都・京都国際高校出身

実践を通じて、トレーニング方法やマネジメント能力が身についた。

スポーツマネジメントユニットを選択したのは、主将を務めていたテニス部での活動に役立つと考えたからです。トレーニング指導に関わる授業は、後輩への指導や練習メニューの組み立てに非常に役立ちましたし、テニスはメンタル面が非常に影響するスポーツなのでスポーツ心理学の授業も興味深かったです。また、現場実習として各種競技大会の運営サポートに携わったことで、スポーツマネジメントについても専門的に学べたことは、神戸学院大学に入学した大きなメリットだと思っています。

My Movement

テニス部での目標だった学生選手権大会に3年連続出場。また、日々の練習とともに熱中したのが筋トレです。今では、入学式で着たスーツが着れなくなるほど、体格がよくなりました。

ページトップへ