神戸学院大学

Students Voice

VOL7
人に温かく寄り添える社会人に
社会貢献実習で理解できた、裏方の重要性と感謝の大切さ

山本 誉

山本 誉

法学部
法律学科
スポーツサイエンス・ユニット

就職先 太平電業株式会社

文武両道を4年間の目標に掲げ、
考える力を課外活動でも発揮

神戸学院大学への入学を機に「文武両道」を目標に掲げ、4年間取り組んできました。所属するバレーボール部の練習に励む一方、学部の枠を超えてスポーツの理論と実践を学べるスポーツサイエンス・ユニットのメリットを生かし、スポーツ栄養学の知識や実技指導のスキルを懸命に高めました。授業で培われた“考える習慣”は部活動でも良い効果を生み、練習メニューの組み立てやチームの指針を決めるミーティングにも積極的に参加。指示された練習だけをこなしていた高校時代と違い、「勝ちたい」という想いを行動で示せるようになりました。バレーボール部の関西リーグ一部昇格や、全国ビーチバレーボールU-23大会の準優勝など、4年間で築いた実績はまさに文武両道の成果です。

プレーヤー目線では見えない、
準備や運営の大変さを実感

スポーツサイエンス・ユニットの「社会貢献実習」で、神戸マラソンや地域イベントのサポートに参加できたのも貴重な経験でした。自分が裏方に回ることで、普段のプレーヤー目線では見えない準備や運営の大変さを痛感。多くの人に支えられた感謝の想いを次は社会へ返したいという思いで企業を探しました。チームの監督からの紹介で、プラント建設で電気インフラを支える企業の説明会に参加。各人が新しいアイデアを出し、社会へ貢献する社風も理想通りでした。人の温もりや支えられているという心強さを人一倍感じてきた私だからこそ、社会で担える役割がきっとあると考えています。普段の立ち居振る舞いから心を配り、関わる人すべてに寄り添っていきます。

山本 誉

先輩からの応援メッセージ

人の温かさや手厚いサポートで、何かに挑む力を与えてくれる大学です。美しいキャンパスや神戸のオシャレな街並みも、大学生活を楽しいものにしてくれます。

一覧ページに戻る

Students Voice

坂口 美沙 佐藤 菜都 加見 圭吾 石井 崇章 石田 詩乃 櫻井 夏希 大西 亜依 井上 暁斗 小西 柚 渡邊 周輝 竹内 朱里 小川 真波 新 拓海 吉岡 冴夏 山本 誉