神戸学院大学

Students Voice

VOL13
患者さんと明るい未来を描ける理学療法士
実践の場で鍛えた「+αの行動力」で想いに寄り添う

新 拓海

新 拓海

総合リハビリテーション学部
理学療法学科

就職先 社会医療法人 愛仁会

高め合える仲間と先生の支え
初めて努力が楽しいと実感

高校時代の私は目標を見出せず、勉強にも身が入りませんでした。しかし、理学療法士への興味をきっかけに神戸学院大学に入学したことで、日々が一変。心ゆくまで専門性を追究できる授業と、同じ目標を持つ仲間の熱意に心を動かされ、常に上位の成績を残すほど夢中で学びに取り組みました。そんなみなぎる意欲を真正面から受け止めてくれるのも、理学療法学科の魅力です。先生からの誘いでロボットスーツHALの研究サポートに携れたほか、高齢者を対象とした測定会では組織運営のノウハウまで学べました。自ら声を上げれば、必ずチャンスが広がる。充実した学生生活の中で得たものは、何ごとにも恐れず挑戦できる積極性。後悔が無いほどすべてをやり遂げた学生生活でした。

学外でのトレーナー活動で、
磨かれた視野と対応力

1年次から所属した学生トレーナー部も貴重な学びの場となりました。活動の一環で神戸マラソンやユニバーリレーマラソンで救護ボランティアに参加しましたが、ストレッチやマッサージを行う相手は初対面の方ばかり。丁寧に会話を重ね、一人ひとりが求めるケアを見極める流れの中で、相手の立場を考えられる広い視野と「+αの行動力」が養われました。その成長を生かせる舞台で働きたいとキャリアセンターで情報収集を重ね、ジェネラリストとしてキャリアを始められる社会医療法人を目指すことに。先輩の体験談も内定をつかむ力になりました。目標が実現した今、日常生活への復帰を目指す人々が明るい未来を描けるよう、患者さん第一の治療を実践していきます。

新 拓海

先輩からの応援メッセージ

神戸学院は学生の「やりたい」に応えてくれる大学。成長のチャンスを自分で広げられます。切磋琢磨できる仲間たちと、メリハリのある学生生活を楽しんでください。

総合リハビリテーション学部 理学療法学科 2022年卒業

一覧ページに戻る

Students Voice

坂口 美沙 佐藤 菜都 加見 圭吾 石井 崇章 石田 詩乃 櫻井 夏希 大西 亜依 井上 暁斗 小西 柚 渡邊 周輝 竹内 朱里 小川 真波 新 拓海 吉岡 冴夏 山本 誉