神戸学院大学

Students Voice

VOL5
関わりから元気を生むサービスのプロに
つながる喜びを知った留学で、困難を恐れない私へと成長

石田 詩乃

石田詩乃

グローバル・コミュニケーション学部
グローバル・コミュニケーション学科
英語コース

就職先 H.I.S.ホテルホールディングス株式会社

新たな自分に出合うため、
コロナ禍の中で挑んだ留学

子どもの頃から異文化に興味があり、留学の機会を求めて本学のグローバル・コミュニケーション学部へ入学しました。実践的な授業や留学生を支援するスチューデント・アシスタント活動で、1年次から順調に留学へのステップを踏んでいたものの、世界には新型コロナウイルスの波が…。しかし躊躇していては新しい自分に出合えないと、3年次にオーストラリアへのセメスター留学に挑みました。コロナ禍の厳戒態勢も貴重な経験だと捉えて海外生活を楽しみ、言葉の壁にぶつかった時は恐れず質問。時にはホストファミリーの趣味に関する英語表現を調べ、現地の人々と絆を深めました。試行錯誤の4カ月間の中で得たつながる喜びは、英語力だけでなく私の内面も強くしてくれたと思います。

留学で磨いた協調性が、
ゼミの共同作業でさらに成長

留学で磨かれた協調性や積極性により、帰国後は授業への姿勢も変化。中でも、チームで映画制作に取り組んだゼミ活動では、自分の役割に対する責任と仲間への感謝が増し、互いを補い合える関係を構築できました。人との関わりから生まれる素敵な変化を仕事を通しても経験していきたいと思い、将来の活躍分野としてサービス業を目指しました。その中で、習得に励んだ英・中・韓の3カ国語を生かせるホテル業界を志望しました。就職活動ではキャリアセンターで取り組んだSPI対策や模擬試験が自信となり、韓国に支店を持つホテルグループに内定。私一人の力では夢は叶わなかったと思います。小さな関わりが、毎日を元気にするきっかけになる。私自身が得た喜びを、多くのお客さんにお届けしていきたいです。

石田 詩乃

先輩からの応援メッセージ

何にでも挑める制度が整っているので、迷ったらすぐに行動することが大切。自分の道を変えられるのは自分だけ。あなた自身の手で、限られた4年間を彩ってください。

一覧ページに戻る

Students Voice

坂口 美沙 佐藤 菜都 加見 圭吾 石井 崇章 石田 詩乃 櫻井 夏希 大西 亜依 井上 暁斗 小西 柚 渡邊 周輝 竹内 朱里 小川 真波 新 拓海 吉岡 冴夏 山本 誉