神戸学院大学

Students Voice

VOL4
社会と医療に貢献できるMRを目指して
命に関わる学びの中で、生まれた使命と責任感

石井 崇章

石井崇章

薬学部
薬学科

就職先 中外製薬株式会社

学びとアルバイトの両立が、
理想の仕事と出合うきっかけ

得意科目の生物から抗体や薬学への興味が広がり、高度な研究環境と都会の利便性を併せ持つ神戸学院大学へ入学しました。「薬学は命に関わる学問だ」。先生のその言葉の重みを胸に日々の学習に励み、薬の専門知識だけでなく、公衆衛生などに対する倫理観も深まりました。向上心が高まり、毎日にメリハリが生まれ、授業とアパレルショップでのアルバイトを両立。相手のニーズを的確にくみ取り、心に“伝わる”提案を実践することで、より良いビジネスと信頼関係が生まれる喜びを知りました。学部で磨いた専門性と、老若男女の方とふれ合う中で培ったコミュニケーション力。自分の成長を存分に発揮できる未来をと考えた時、MR※という職業が明確な目標になりました。
※MR:医薬情報担当者

企業の理念にも注目し、
理想の就職活動を実現

就職活動ではキャリアセンターの支援を受ける一方、自ら運営を務める『関西薬学生団体palette』でも情報交換を続けてきました。就職活動の過程で、ある大手製薬会社への想いが高まりました。同社ではMRの方が地域の医療振興にも取り組んでおられ、将来的にやりがいがある仕事ができると確信。内定をいただいた後も向上心は高まる一方です。今後の目標は医療現場のニーズを聞き取り、製薬業界や医療全体の発展に貢献すること。確かな経験を重ねて、いつか開発職にも携わりたいと思っています。理想的な未来が拓かれたのは、目的を持つことの大切さを常に示してくれた先生や先輩、そして夢を語り合える仲間たちのおかげ。大学時代の学びと出会いのすべてに感謝しています。

石井 崇章

先輩からの応援メッセージ

最新の研究設備や国家試験対策に加え、身体に障害のある方へのサポートも充実。誰もが安心して学びに打ち込める環境が、高度な専門知識を習得する力になります。

一覧ページに戻る

Students Voice

坂口 美沙 佐藤 菜都 加見 圭吾 石井 崇章 石田 詩乃 櫻井 夏希 大西 亜依 井上 暁斗 小西 柚 渡邊 周輝 竹内 朱里 小川 真波 新 拓海 吉岡 冴夏 山本 誉