神戸学院大学

Students Voice

VOL7
世の中と自分を分析する
社会と企業、そして自分を、客観的に見つめて戦略を考える

鈴木 佳樹

鈴木 佳樹

経営学部
経営学科

就職先 株式会社JR西日本ITソリューションズ

苦手な数学を克服し
データから世の中を解く面白さ

今注目されているビッグデータに代表されるように、「いかに情報を収集し、分析するか」が現代の企業経営における重要な課題となっています。苦手だった数学を克服し、統計学や情報処理の学びにチャレンジした4年間。自分自身が「ゆとり世代」であることから、ゆとり教育と高い離職率に因果関係があるのか、膨大な政府のデータを収集して解析しました。ICTを活用した経営情報学の面白さに目覚めたことは、入学時には予想もしませんでした。ゼロからテーマを見つけ出し、そのテーマをさまざまな着眼点から探究する楽しさや達成感を味わうことができました。

いかに自分をアピールすべきか
キャリアセンターを最大限に活用

大学で統計学や情報処理を学び、データから世の中を読み解くことで身についたのは、客観的かつ広い視野から分析する力です。その経験は、就職活動で企業分析や自己分析にも役立ちました。就職活動では、学びに熱中した経験も相手に伝わらなければ意味もありません。キャリアセンターを最大限に活用し、エントリーシートへのアドバイスや、面接対策では結論から伝える話の組み立て方などを学び、「どのように自分をアピールすべきか」を戦略的に考えたことが内定につながりました。卒業後は鉄道会社に関わるシステムをICTで支える企業にシステムエンジニアとして就職。世の中の課題やニーズを汲み取って解決する力になりたいと思います。

鈴木 佳樹

先輩からの応援メッセージ

大学も就職も、「どこに行くか」より「そこで何をするか」が大切。神戸学院大学には、学びに就職活動に、自分から行動すれば、応えてくれる素晴らしい環境があります。そんな恵まれた環境を生かすのは、あなた自身です!

経営学部 経営学科 2019年卒業

一覧ページに戻る

Students Voice

中元 里咲 山下 啓太 阪口 翔真 谷川 千明 津田 菜波 石田 良来 鈴木 佳樹 澤田 萌 梶並 優里香 髙磯 大輝 山本 翔也 石田 有希 大枝 直樹