神戸学院大学

Students Voice

VOL5
大空を舞台に活躍するために
早くにプロのレベルを体感し、自分に足りない力を養う

津田 菜波

津田 菜波

グローバル・コミュニケーション学部
グローバル・コミュニケーション学科

就職先 全日本空輸株式会社

転換期のイギリスに留学した
かけがえのない経験

自分が大きく成長したのは、イギリス・ケンブリッジ大学での留学生活。世界中の留学生と学ぶなか、自分の意思を伝える大切さや、意見が違ってもお互いの妥協点を探し出してプラスにする交渉術が身につきました。また私が留学した時期は、EU離脱が争点の大統領選という歴史が動いた時。留学前には大学の英語スピーチ大会で、政治に対する日本の若者の意識調査を行い、発表しました。そして留学先でも若者の意識調査を実施して、2国の選挙意識を比較。イギリスの若者の政治や選挙に対する意識の高さが浮かび上がり、自分の意見をしっかり持ち、社会に参画する大切さを再認識する経験になりました。

インターンシップで課題を知り
留学を活用して課題を克服

3年次前期の留学が必修だったため、就職活動が出遅れることが不安でした。私の場合は、航空業界に志望を定め、2年次の早期から就職活動を意識した行動が功を奏しました。まず、留学前にエアラインスクールの学内講座を受講し、社会人に必要なマナーや接遇を学び、神戸空港で実務を体験。関西国際空港でのインターンシップにも参加しました。実際に外国人のお客様のチェックイン業務をお手伝いするなかで現場に必要な英語のレベルや、取り組むべき課題が見えたこともその後の充実した留学生活につながりました。留学生活で、培った英語力や行動力をCAの仕事で発揮していきます。

津田 菜波

先輩からの応援メッセージ

「やりたいこと」があれば、さまざまなチャンスやサポートがあるのが神戸学院大学。私は、留学や英語スピーチ大会、インターンシップやANAエアラインスクール学内講座など存分に活用して目標を実現しました。大学生活は自分自身の成長のチャンスを逃さずに、自分から積極的に行動することが大切です。

グローバル・コミュニケーション学部 グローバル・コミュニケーション学科 2019年卒業

一覧ページに戻る

Students Voice

中元 里咲 山下 啓太 阪口 翔真 谷川 千明 津田 菜波 石田 良来 鈴木 佳樹 澤田 萌 梶並 優里香 髙磯 大輝 山本 翔也 石田 有希 大枝 直樹