神戸学院大学

Students Voice

VOL1
病院実習で見えた理想の作業療法士
大きく成長できた理由は世代を超えた交流

中元 里咲

中元 里咲

総合リハビリテーション学部
作業療法学科

就職先 地方独立行政法人神戸市民病院機構
神戸市立医療センター中央市民病院

世代を問わず多くの人と接し
対話力ある作業療法士をめざす

作業療法士には、対話力が不可欠なので人見知りだった私が大学生活で心がけたのは、実習やサークル活動を通じて世代を問わず多くの人と接すること。1年次の病院実習では患者さんとうまく交流できませんでしたが、4年次には自分から声をかけ、指示を待つのではなく自ら考えて行動できるようになりました。また、病院実習では教科書通りではない症状ばかりで、一人ひとりの患者さんに合わせて対応する大切さ、そしてこの仕事の奥深さを実感しました。病院実習を通してそれぞれの生活スタイルや要望までしっかりと話を聞いてケアができる作業療法士になりたいと思うようになりました。

志望先の傾向を先輩から聞き
万全の面接対策で自分をアピール

就職活動では、精神・身体障がいのどちらの領域も網羅する急性期の病院を志望しました。卒業生から筆記や面接試験のアドバイスを受け、選考で重要視されていた面接対策はキャリアセンターを積極的に活用しました。当初は、うまく伝えようと、事前に考えてきた文章を暗記して話していましたが、自然体で話すようにアドバイスをいただき、落ち着いて対話するように心がけました。そのおかげで、4年間で磨いた「話を聞く力」をしっかりアピールすることができたと思います。今後はその力を生かし、一人ひとり異なる「その人らしく生きる」ことをサポートできる作業療法士になりたいと思います。

中元 里咲

先輩からの応援メッセージ

就職活動だけでなく、神戸学院大学には、自分から行動すれば、数多くのサポートを受けることができます。積極的に活動し、充実した大学生活を過ごしてください。

総合リハビリテーション学部 作業療法学科 2019年卒業

一覧ページに戻る

Students Voice

中元 里咲 山下 啓太 阪口 翔真 谷川 千明 津田 菜波 石田 良来 鈴木 佳樹 澤田 萌 梶並 優里香 髙磯 大輝 山本 翔也 石田 有希 大枝 直樹