神戸学院大学

Students Voice

VOL2
正直な熱意と対策
「絶対にこの会社に入る」 その熱意で就活を乗り越えました

迫田 和仁

迫田 和仁

人文学部 人間心理学科

就職先 株式会社船井総合研究所

1.17に対する熱い想いから
自主的にボランティアに参加

学部では、社会心理学領域を専攻。集団における個人の心理や行動について学び、東京ディズニーランドへの学外実習などを経験することで、企業のマーケティングに対する関心が高まりました。また、私は阪神・淡路大震災の年の生まれ。震災20周年の「阪神淡路大震災1.17のつどい」のテーマが若い世代に震災の記憶を継承することだと知り、私も運営に関わりたいと思いました。さまざまな学部から仲間を募り、同窓会からも資金を提供していただいてブースを出店。緊急時に人を呼ぶためのホイッスルを配布し、用意した2,000個すべてを配ることで達成感を味わうことができました。

先輩社員の姿に憧れ
コンサルティングの世界を志望

早くから就職活動に全力を注ぎたいと考えていた3年次に、企業人を講師に迎えて行う授業の内容に興味を覚え、コンサルティング会社のインターンシップに参加しました。そこで、社員の方々の説得力ある言葉や態度に感動。入社が狭き門であることにもやる気が出て、「絶対にこの会社に入る」と志望を定めました。それからは、本命企業が発行しているあらゆる書籍を熟読し、SNS上で社員の方にコンタクトを取って直接お会いする機会を設けてもらうなど熱心に活動。面接練習を何度も行って徹底した対策を講じ、内定を得ることができました。就活時代に憧れた、先輩社員のような社会人を目指し頑張りたいと思います。

迫田 和仁

先輩からの応援メッセージ

就職活動は、まず、自己分析をじっくり行うことが大切です。苦しい時期を乗り越えるために、自分のモチベーションを何に置くかということも重要なポイント。志望する企業への動機を明確にして活動してください。

人文学部 人間心理学科 2017年卒業

一覧ページに戻る

Students Voice

家本 綾 迫田 和仁 長澤 大空 濱野 七津未 宇戸 遥香 萩原 悠太 田中 一成 砂田 笑 橘 幸希 田中 光太郎 廣田 有美 栗川 葵 石井 大樹 池田 陽祐