その出会いが、わたしを変えた。

河合 優斗さん

防災・減災と向き合い、自ら行動する

人々のために働く消防士に憧れて、公務員試験に強い神戸学院大学を志望しました。消防士になるために何をすべきか悩んでいた2年次に、キャンパスで目にした募集パンフレットがきっかけで、神戸市の学生消防団に入団。本職の消防士のみなさんに仕事の面白さややりがいを聞けたことで、消防士になりたい気持ちがより強くなりました。また、活動を通じて、「神戸市の消防士になる」という同じ目標を抱く毛利さんと出会い、切磋琢磨することで常に高いモチベーションを維持できたと思います。他にも、4年間で数多くのボランティア活動に参加したり、学生消防団の団員を目指す研修生たちのユニット「減災SCoP(スコップ)」に所属したりするなど積極的に活動。自ら行動を起こす大切さに気づくことができました。

震災の知識や教訓を未来へ伝えていきたい

小学校では、阪神・淡路大震災復興のシンボル曲『しあわせ運べるように』を歌って育ちました。子どもの頃から、震災を経験した神戸の人々の知恵や教訓を未来へ伝えていきたいという強い思いがあり、日本でも数少ない防災について専門的に学べる社会防災学科に入学。学生消防団で訓練や地域の見守りに取り組む以外にも、防災・減災をテーマにさまざまな活動に積極的に参加しました。中でも印象に残っているのが、社会防災学科の学生を中心として結成している団体「シーガルレスキュー」の活動です。子どもたちに災害の対処法などを教えるイベントを多数開催し、防災キャンプの企画は本学の学生チャレンジプロジェクトにも採択されました。楽しく、わかりやすく、防災への理解を深めてもらえるよう準備し、当日の運営まですべてをやり遂げたことは、大学でのかけがえのない経験になりました。

毛利 夏実さん

神戸学院大学での“今”と“これから”。

河合 優斗さん

念願が叶い、プロの救急隊員が新たな目標に

消防士を目指し、公務員試験対策として活用したのが、大学内で受講できる課外講座です。講座を通じて万全の試験対策ができただけでなく、法律分野の知識が増えたことで、専門とする法学部の勉強もますます面白くなりました。また、キャリアセンターでは志望動機を添削してもらい、模擬面接では録画した映像を見ながら指導を受けました。学生に対して、あらゆる面からサポートしてくれる環境があるのが神戸学院大学の良さです。試験では消防に関する専門的な知識も問われるなか、大学で防災や減災と向き合った多くの体験から自信を持って答えられるようになっていました。神戸市の消防署員になるという目標が達成できたので、将来は救急救命士の資格も取得してプロの救急隊員になれるようさらに努力したいと思います。

実践的な学びから得た知識を現場で役立てたい

生まれ育った神戸で消防士として働くことを目指し、大学4年間で行政やまちづくり、福祉、マスメディアなど、幅広い分野から災害について理解を深めました。就職活動で一番辛かったのは、本命前に受験した公務員試験で連敗した時。キャリアセンターの職員の方に「第一志望に受かればいいんだよ」と励ましてもらったおかげで気持ちを切り替えることができ、夢を実現することができました。就職活動中、苦しくても頑張れたのは、河合さんが図書館でいつも遅くまで勉強している姿が刺激になったから。大学時代から災害現場で実践されるトリアージ※の訓練に参加する機会や、東京電力福島第一原発訴訟の原告を招いた授業など、多くの実践的な学びから吸収してきた生きた知識を、災害現場で必ず役立てたいと思います。
※トリアージ=災害発生時などに多数の傷病者が発生した際、緊急度や重症度に応じて治療の優先順位を決めること。

河合 優斗さんと毛利 夏実さん
河合 優斗さんと毛利 夏実さん

MESSAGE

河合 優斗 さん
大学で自分の可能性や選択肢は無限大に広がります。ぜひ、新しいことに挑戦してください。

毛利 夏実 さん
自分が本当にやりたいことを見つけることが、大学生活で大切なことだと思います。