その出会いが、わたしを変えた。

山田 優香さん

学部の学生全員が国家資格に挑戦!
仲間の頑張る姿がやる気に

栄養学部は、管理栄養士や臨床検査技師になることを目標に、学部生全員が難関国家資格をめざす環境。私は臨床検査技師を目指し、日々努力しています。みんな勉強熱心で、仲間の頑張る姿が私のやる気に繋がっています。また、現在栄養学部連絡会(注2)の代表として、地域や大学内でのイベントの企画・運営、新入生への履修指導、ボランティアへの参加などさまざまな活動を行っています。大学入学当時は自分が代表になるとは思ってもいませんでした。自分の殻を破ることができのは、同じ臨床検査技師をめざす、行動力あふれる友人たちのおかげです。企画を考え、多様な人々と交流するなかで、今まで気づかなかった自分が発見でき、自信もつきました。

(注2)栄養学部連絡会は、栄養学部生の学生生活をより充実させるために、主に行事企画や運営を行っています。地域のイベントに自分たちで考えたレシピの料理を販売したり、ボランティアに参加したりと、学生が中心となって自主的に活動しています。

最前線で活躍する先輩と出会い、
ダブルライセンスをめざす

理系科目が得意だった私は、臨床検査技師はもちろん、大学で学んだ臨床検査に関する知識を生かし、卒業後に臨床工学技士(注3)の国家試験受験資格が得られる点に魅力を感じ、神戸学院大学に入学しました。現在はダブルライセンス取得目指して勉強しています。当初2つの国家資格の取得を迷っていた私でしたが、その背中を押してくれたのが「医学検査学」の授業です。臨床工学技士としても活躍する本学の卒業生の講義を受け、仕事のやりがいや面白さを実感。医療現場のリアルな体験談を聞いたことで俄然やる気がわき、私も本気で2つの国家資格取得に挑戦したいと思うようになりました。

(注3)神戸総合医療専門学校との提携により、卒業後1年で取得できます。

樫原 咲さん

神戸学院大学での“今”と“これから”。

樫原 咲さんと山田 優香さん

栄養学も学べるメリットを生かし、
幅広く医療を学びたい ─ 樫原さん

本学の栄養学部は、栄養にかかわる医療系教育にも力を入れており、1.2年次において栄養学の基礎知識を修得できるカリキュラムも魅力です。臨床検査技師がチーム医療で活躍する場となるNST(栄養サポートチーム)でも、こうした病気の改善や予防に役立つ医療の知識が強みになるはずです。臨床検査技師はチームの一員として病気を発見する重要な仕事を担うため、正確性や責任感を日々実感しながら、現在は検査全般の技術を着実にマスターしています。また、ゼミでは血液疾患とその診断をテーマに理解を深めています。残りの大学生活での一番の目標は、国家試験の合格。本学の充実した国家試験対策や教員のサポートを活用しながら、臨床検査技師の夢を実現したいと思います。

学びだけでない多様な経験が、
医療現場で大きな財産に ─ 山田さん

ダブルライセンス取得の勉強に取り組みながら、弓道部にも所属しています。また、栄養学部連絡会の活動も行っており、やりたいことがいっぱいで学業との両立に奮闘する毎日です。でも、「やらないで後悔する」よりは「やってみる」が私のモットー。学び以外の活動にもどんどんチャレンジしています。日本古来のスポーツである弓道は礼節が重んじられ、自分の精神力を磨くことができる点が魅力。弓道を通じて多くの人と知り合う機会が増え、冷静かつ客観的にモノを見る力や集中力も高まって自分の内面が変化しました。さまざまな経験が、将来、医療現場で働く上で大きな財産になると思います。

山田 優香さんと樫原 咲さん
山田 優香さんと樫原 咲さん

MESSAGE

樫原 咲 さん
高校時代には想像できないほど、大学ではさまざまな出会いが待っています。自分の可能性を広げる挑戦をしてください。

山田 優香 さん
医療現場につながる実践的な学びが魅力。医療に携わる明確な夢がある人にこそ、神戸学院大学で学んでほしいです。