HOME > 2014/7/12 KOBEエイズフェスタ(ネイルにレッドリボンを。)に参加しました。

実施日: 共同

2014/7/12 KOBEエイズフェスタ(ネイルにレッドリボンを。)に参加しました。

ネイルにレッドリボンを。(画像)
ネイルにレッドリボンを。

7/12(土)神戸市保健所主催のKOBEエイズフェスタに、ポーアイ4大学連携推進センター事業協力として昨年に引き続き、参加しました。

11時よりサンスター株式会社から神戸市へレッドリボンのオブジェの贈呈式で開幕。
担当したネイルアートコーナー「ネイルにレッドリボンを。」では、老若男女さまざまな年代の方が訪れてくださいました。
「レッドリボン」とは、エイズへの理解と、差別・偏見をもたないという意志を示すシンボルマークです。
このレッドリボンを、1人ひとりがネイルに描くことで、エイズについて理解していること、差別・偏見を持っていないことを、目に見える形で示そうというイベントです。(「ネイルにレッドリボンを。」(協賛:サンスター株式会社))

今年は、神戸学院大学より2名・兵庫医療大学より5名の学生が参加しました。
ネイル企画以外にも、毎年12月に兵庫医療大学で行われるアラウージョ氏の講演会のDVD上映や、学生ボランティアによる紙芝居、学生企画で生まれた「レッドリボンレコードカード」という予防啓発グッズの配布が行われました。

◆参加した学生の感想◆

「企画の段階から関わらせて頂いて非常に貴重な体験が出来ました。普段はお話しする機会の少ないご高齢の方や小さな子どもとネイルアートを通して交流することが出来たからこその発見も多く、参加してよかったなと心から思えるイベントでした。」(神戸学院大学 薬学部3年)

「来てくれた方の笑顔が見れて、とても楽しく活動させていただきました。」(神戸学院大学 人文学部2年)

「楽しみながら、ボランティアを通して、エイズのことを深く学ぶことができました。」(兵庫医療大学 看護学部4年)

事前のネイル練習風景(画像)
事前のネイル練習風景

沢山の方にご来場いただきました(画像)
沢山の方にご来場いただきました

沢山の方にご来場いただきました(画像)
レッドリボンのオブジェ

戻る

このページのトップへ