環境への取組み

有瀬キャンパス

下記のようにエコキャンパス造りに着々と取り組んできています。

2011年
  • 2011年度神戸学院大学節電実施計画の策定・実施 [大学全体での取組み]
  • 1号館電気室改修(台数・容量の見直しと高効率変圧器への更新)
  • 高効率空調機器への更新(6号館一部、学生食堂)
  • 照明を人感センサー点滅方式へ改修(3号館談話室、4号館階段)
  • 照明器具取替え及び台数変更(大学会館トレーニングルーム・フィットネスルーム)
  • エアコンの省エネチューニング
  • ゴミ圧縮機の導入
2010年
  • トイレ照明を人感センサー点滅方式へ改修(9・11号館)
  • Hf蛍光灯への取替(2号館2・3階)
                (3号館1・2階一部,13号館1〜3階一部)※
                   ※1号館解体に伴う撤去器具の転用
  • 高効率空調機器への更新(3号館1階)
  • デマンド監視装置の導入
  • 自動洗浄小便器及び自動水栓手洗の導入(4号館別館)
2009年
  • 誘導灯をLEDに取替(〜2010年)
  • 4号館電気室と4号館別館電気室の統合による台数・容量見直しと高効率変圧器への更新
  • 高効率照明器具への取替(Hf蛍光灯 2号館1階、4号館)(Wエコ蛍光灯 2号館1階、15号館3階一部)
  • LED照明に取替(6号館1階ホール)
  • 演色改善形高圧ナトリウム灯の採用(第1体育館)
  • 自動洗浄小便器及び自動水栓手洗の導入(4号館)
2008年
  • 高効率吸収式冷温水発生機への更新(2号館)
2006年
2005年
  • 屋上緑化、人感センサー(トイレ、控室)雨水利用(14、15号館)氷蓄熱空調による夜間電力の活用(15号館)
2004年
  • エコスタイルの実施(期間5月1日〜10月31日)
2003年
  • 事務所、演習室、廊下等の空調スイッチに空調温度適正化のシール貼付(夏期冷房摂氏28゜C冬季暖房摂氏20゜Cの維持にょる室内温度管理の適正化)
2002年
  • 節水対策洗面所等の手洗いセンサー化、給水バルブの調整
2000年
  • 焼却炉の廃止、ゴミのストックヤード整備
1997年
  • 学内分煙制導入、学内タバコの販売禁止
1995年
  • 古紙分別BOX設置(3段の容器上質紙・その他・新聞紙)
  • 空き缶分別BOX設置(マグネット式缶(アルミ・スチール)、ビン)
その他
  • 学内広報誌、ホームページ上での省エネについての啓蒙活動
  • 昼休み事務所の一斉消灯、休憩時のOA機器等の電源OFF
  • 廊下等の部分消灯ボタンに『省エネOFF』シールの貼付
  • 休業中のエレベーター台数制限
  • 改修時、新築時における高効率蛍光灯、エネルギー低消費型機器の採用
  • クリーンアップ神院と題して課外活動団体の学生と教職員がキャンパス周辺を定期的に清掃

ページトップへ戻る

  1. HOME
  2. 環境への取組み
  3. 有瀬キャンパス