学部横断型学修システム 学際教育機構
トップ | アクセス
概要
カリキュラム
活動内容
行事
研究会
リンク


阪神淡路大震災の際、私たちは大変つらい体験をしましたが、多くの防災に関する教訓を得ました。また、多くの方々から支援を頂き、特に日本の若者のボランティア活動、海外からの様々な支援活動は、私たちの生き方そのものにも大きな影響を与えてくれました。

本学は、これまで阪神淡路大震災の教訓をもとに震災文化財の保存、地域研究センターによる防災研究、JICA提供講座による学生の意識啓発、学生によるカンボジア子ども教育支援など様々な面で社会に貢献してきました。  平成17年度には兵庫県の兵庫・アジア大学間交流ネットワーク防災分野への参加や神戸市震災関連資料保存の寄託、明石市との包括的な連携協力協定の締結などを進めています。このような実績を踏まえ、被災した大学としてこれからの10年を意識し行動することになりました。具体的には、大学と地域との相互教育による、「防災」を軸とした危機管理意識や能力を高め合うための防災・社会貢献教育プログラムを考案しました。

このプログラムでは、自然災害および人的災害を対象とした防災に関する研究・教育とボランティアや国際協力といった社会貢献に関する研究・教育を有機的に関連させることで、社会の様々な問題解決に即応できる知識と技能、行動力を身につけることを目指します。その特徴は、学生を主体とした実学教育が特徴であり、教育と地域貢献が一体となっています。我々は、地域社会の安全で安心、そして暖かみのある街づくりに貢献できる人材を養成しうると考えています。

■■人材育成コンセプト■■

法学、経済、経営、人文、それぞれの学部の学問的素養をもった防災や社会貢献(地域・国際協力)を持った人材。

具体的人材像: 本ユニットは、上記のコンセプトに基づき下記のような学生を育成します。

人材育成コンセプト

■■学修システム■■

学修システム

■■学際教育機構5つの特色■■

学部の枠を越えて専門知識が学べる学部横断型プログラム

法学・経済・経営・人文学部の学生が、2年次への進級前に選択できるプログラムです。

少人数教育によりきめ細かく学べる理想的な学習環境

専門の講義は最大でも70人程度。ゼミなら10人程度という理想的な学習環境です。

地域・国際社会との連携の中で学べる地域との相互教育

地域の公共・民間施設や小学校・中学校などでの実習授業を実施。さらに、企業や行政、政府機関、アメリカやアジア諸国において実習を行います。

卒業後の進路に具体的に役立つ事が学べるキャリアアップ型授業

海外での活躍を視野にいれた実際に”使える”語学教育を実施。また、公務員試験や企業の採用試験に直結する授業も用意しています。 
座学だけでなく実際にやってみる体験型学習

理論では得にくい”実感”に重点を置いたプログラムが満載。将来「人」を大切にする仕事には欠かせない要素です。 

■■学修のポイント■■

フィールドワーク重視の実践教育 フィールドワークに重点を置いたカリキュラムでは、理論と経験の学修だけではなく、社会に貢献できる機会を確実に得ます。例えば、「防災実習T」では、地域の町内会のハザードマップをは作成したり、「社会貢献実習T」では、開発途上国の支援や災害支援のための募金活動の企画・運営などをおこないます。
インターンシップを単位として認定 国内外で実施されるNPO・NGO活動へのインターンシップでは、学生のボランティアなどの活動をその計画書と報告書をもとに評価し、単位として認定します。例えば国内では、地域の行政機関やNPO・NGOでの研修。海外では、発展途上国における教育支援や防災意識啓発活動などがその対象となります。
グローバルな活動に活きる国際性育成 海外での社会貢献活動に不可欠な”使える”語学育成を実施しています。国際語としての英語は、英会話はもとより読解力・英作文能力を実践レベルにまで高めます。また、アジア圏での活動も視野にいれ、東南アジア諸国での実習にも力をいれています。そのほか、国際情勢や異文化理解など、国際性をトータルに養います。

■■取組スケジュール■■

 


〒650-8586 神戸市中央区港島1丁目1-3