神戸学院大学

やさい生活

栄養学部の学生が小学校で食育授業を行いました

2016/01/22

栄養学部で教職課程を履修している4年次生8名が1月19日、太山寺小学校の3年生を対象に大根とブロッコリーの食育授業を行いました。
学生たちは、ブロッコリー班と大根班にわかれ、それぞれ野菜の旬や栄養素、調理の仕方などについて説明しました。画用紙に描いた野菜の絵を使って分かりやすく説明し、野菜の産地を4択で示すなど、クイズ形式で児童たちが楽しくわかりやすく学べる授業を行いました。児童は「大根の辛味と同じくらいの辛味をもつ食材は何ですか?」など興味津々で、次々に質問が出ました。
最後に挨拶をした松石千秋さんは、「農業や食について学ぶ機会があることはとても良いことだと思う。食育授業や連携活動を通して、少しでも食に興味を持ってもらえたら嬉しい。」と話していました。