ヴィッセル神戸 パートナーシップ事業

ホームゲーム観戦レポート

  1. トップページ
  2. ホームゲーム観戦レポート一覧
  3. VS.ガンバ大阪(J1リーグ1st第4節)

VS.ガンバ大阪(J1リーグ1st第4節)

観戦試合

日時 2016年3月19日(土)16:00 kick off
対戦 ガンバ大阪(J1リーグ1st第4節)
会場 ノエビアスタジアム神戸
結果 2-1
観客 16,026人

試合レポート

フラッグを掲げ声援を送るサポーター

前半中盤までお互いの勢いは拮抗していました。ヴィッセル神戸はMF渡邉を中心に組織的な攻撃を何度も見せましたが、ガンバ大阪のDF陣に阻まれてしまい得点には至りません。ですが、前半36分にMF小川がゴールを決めます。このゴールでヴィッセル神戸は完全に試合の流れを変えました。前半終盤にも立て続けにシュートを打ち、攻め倦んでいたDF陣をかく乱させていました。後半に入ると、ガンバ大阪はヴィッセル神戸の勢いを止めようと攻撃的な陣形を取ります。それが逆に、ガンバ大阪DFを手薄にさせてしまうことに。後半13分、FWペドロジュニオールの絶妙なスルーパスに反応したFWレアンドロがゴールを決め、試合の勝利を決定づけました。ガンバ大阪は後半39分DF金が意地のゴールを決めましたが、追加点を取ることは出来ませんでした。

試合観戦記

4年振りにガンバ大阪から勝利を勝ち取った選手達

今回の試合は、ヴィッセルシートで観戦しました。グラウンドから近く、両チームの応援を聞くことが出来る中央の席なので、スタジアムの雰囲気を肌で感じることができました。サッカーの試合観戦は初めてでしたが、強豪クラブのガンバ大阪に対して一生懸命にプレイする、ヴィッセル神戸の選手達の気迫が伝わってきました。序盤はガンバ大阪に押され気味でしたが、1点目を取ってからは更にサポーターとともに選手も活気づいたように思えました。特に、2点目のゴールはFWペドロジュニオールが3人を引き付け、粘り強くボールを死守した後のFWレアンドロのゴールでした。このシーンは選手のボールをつなごうとする気持ちが表れていて、心に残っています。最後に、サポーターと共に盛り上がり歓喜することも、スタジアムで試合観戦するにあたっての醍醐味です。今回はそのような体験ができてとても楽しかったです。

コラム(サポーター編)

ヴィッセルシートから見たスタジアムの様子

スタジアム内にある席は、ホーム側自由席・アウェイ側自由席・指定席に分かれています。ホーム側・アウェイ側自由席は各サポーターで一色に染められていますが、指定席ではホームサポーター・アウェイサポーターが隣同士になることがあります。互いが別々のチームを応援するため、必然的に一喜一憂が隣同士で繰り広げられ、対抗意識が高まります。指定席購入時にホーム・アウェイサポーターを選択して、各サポーターが固まって座れるようにするなど、より友好的に応援出来る工夫が必要だと思いました。

文責:ボランティア活動支援室 学生スタッフ 三浦真彰[経済学部2年次生]

ページトップへ戻る