5年後の自分への手紙

参加校の先生の声

団体応募にご参加いただいた高等学校の先生方からたくさんの感想をいただきました。

富山県
授業の中で自己理解・自己表現力の向上の一環として取り組みました。 最初は悩んでいた生徒たちも、真剣に取り組んでいたようです。未来や将来といった漠然としたものより「5年後」という設定が程よいテーマだと思いました。具体的な進路を考えることは大切なことだと思います。
福井県
小論文の指導の際に活用させていただきました。5年後に自分からの手紙が届くなんて本当にロマンチック。手紙を書く機会をメールによって奪われている現代の子供たちは、ある意味不幸に思います。このような企画がなければ彼らは手紙を受け取ることもないのではと思います。
静岡県
今までにないとても面白い企画だと思います。作文の授業の一環として取り組ませました。1年生にはまだ将来のことが見えていない段階なので、書きにくかったようです。自分への手紙なので、気楽に書くように指導したところ、気楽になりすぎた生徒もいました。
愛知県
5年後本人に手紙を送付するという手間のかかる企画に頭が下がる思いです。生徒たちの取り組む姿勢が他の企画とは明らかに異なり、意欲的でした。5年後という将来像を思い描かせることで現在の自分の在り方を律することができ、非常によく考えられた企画だと思います。
三重県
国語表現の授業で扱わせていただきました。自分のことだけでなくまわりのことを考えながら書くように指導しました。普段は未来の自分など想像もしていない生徒たちですが、この機会に進学・就職のことを真剣に考ることができたようです。
滋賀県
自分と向き合うことが苦手な子どもたち。自分への手紙を照れくさいと感じていたかもしれません。でも、それぞれにいろいろなことを抱えているはずです。だからこそ、自分を見つめ直すいい企画だと思いました。5年後そんな自分を思い出して欲しくて参加することにしました。
京都府
なかなかユニークな企画だと思います。通常、多感なこの時期は自分が何を考えていたのか思い出せないことが多いのではないでしょうか。それを思い出させ5年前の自分と向き合うことは懐かしくもあり、不思議でもあります。生徒たちも未来の自分に思いを馳せ書いていたようです。
大阪府
非常に楽しい企画だと思います。大人の私でさえ楽しめそうで、応募したいなと思ったほどです。きちんと指導ができたのかと自問自答しました。この企画のおかげで教師である私自身も勉強させられたようです。ありがとうございました。
兵庫県
状況に応じた言葉使い。自らの国の言語に誇りを持つこと。今の生徒たちは、これらからかけ離れ、言葉の乱れを実感できていないように思います。この度、5年後に自らの成長に気付いて欲しいという思いから参加いたしました。このような機会に対し、心より感謝いたします。
奈良県
今回の企画で貴大学の「理念」を強く感じました。それは「夢を持った、未来志向の人間を育成する」ということ。それは、まさに次世代を担う若者の育成だと思います。この理念を忘れることなく生徒たちの指導にあたりたいと思います。本当にありがとうございました。
和歌山県
5年後の自分を想像し、夢や希望を胸にそれぞれの思いを書くことができたようです。普段文章をあまり書かない今の生徒たちにとって、自分に手紙を書くチャンスはもう二度とないかもしれません。5年後に手紙が届き、「書いて良かった」と思える企画であり、大変嬉しく思います。
鳥取県
日頃の進路指導においては、生徒が自問自答する方向へ導くよう心掛けています。この企画はまさに自分が自分を語ることをテーマとされていますので、授業の一環として取り組ませていただきました。将来の自分に思いをはせる楽しさを体験できるユニークな企画だと思います。
広島県
とかく現在のことだけを考えがちな生徒たちにとって、将来の自分に焦点をあてることは視野を広げてくれるきっかけになったのではと思います。この企画によってクラスがまとまり、進路実現に向かって協力しあってくれることを希望しています。
山口県
国語の自己表現の課題として取り組ませました。量的にも内容的にも取り組みやすかったのではないでしょうか。今の自分を振り返らせ、未来の自分も勇気づけられるとても良い企画だと思います。
香川県
生徒が将来の自分の姿を思い描き取り組むことができました。5年後の自分の姿は社会に出て活躍している自分と捉えていたようです。現在の自分を見つめ直す良い機会になったと思います。5年という設定も良かったのではないでしょうか。
愛媛県
高校3年生に授業の一環として参加させました。自分の進路の問題と正面から向き合わねばならない時期です。今回の企画は自分の将来について思いを馳せる良いきっかけになったようです。「今」のことしか考えられない生徒たちも、将来のために今頑張ろうと思えたようです。
福岡県
非常に面白い企画だと思います。「未来」に生きる自分の姿を想像させ、現在の自分が未来へつながっていることを意識させる良い機会だと思い応募しました。国語教師である私は、不安を抱えている生徒たちのために何かできないかと、授業を通してさまざまな試みをしている所です。
佐賀県
タイムカプセルのように時間を越えた手紙の力は非常に興味深く思いました。また、将来のことを考え、生徒に接するという姿勢を持つことに気付かせていただきました。素晴らしい企画だと思います。これからも継続してほしいです。ぜひ応募させてください。
長崎県
5年後に本人に手紙が届くという点が素晴らしいと思いました。親や学校という保護してくれる存在から巣立つ不安定で迷いの多い時期に自分からのエールが届いたらどんなに元気づけられるでしょう。また、高校で語られる「将来」は「夢」ではなく「進学・進路」なのだと実感しました。
熊本県
手紙を書いたことがないという生徒たちにこの企画の応募を呼びかけました。言葉では伝わりにくい心の思いを文章に表現すること。それは進路観の育成にもつながると考えています。こうありたいと思う自分を具体化するために、まず、言葉によって表現することを重視しています。
大分県
単に進路を考えさせるのではなく、5年後の自分への手紙を書くということで、具体的に自分の将来の姿を思い描くことができる大変良い企画だと思います。皆、5年後を楽しみにしておりますので、どうかよろしくお願いします。
宮崎県
今現在の学校生活を送ることに精一杯な子どもたちは、5年後自分が何をしているのか考えたことがないのではないでしょうか。自分の将来を考えるいいきっかけになったと思います。仮に拙い手紙を書いた子がいたとしても5年前の自分を振り返る一つの学びにつながると信じています。
鹿児島県
子どもたちに自分の将来を考えさせる良いきっかけとなりました。ほとんどの生徒たちは5年先の自分が想像できないようでした。先の目標がない状態で、どうやって進路を決めるつもりなのか、担任として考えさせられました。私自身も勉強になった企画でした。
沖縄県
生徒たちも楽しそうに取り組んでいました。5年後の自分に思いをはせながら、現在の自分を見つめ直していたのかもしれません。進路に悩む生徒たちにとって充実した時間だったようです。ぜひこれからも続けて欲しいと思います。

△ページトップへ