神戸学院大学 > 保護者の方へ > 保護者の皆さまへ > キャンパスの雰囲気や環境は?

キャンパスの雰囲気や環境は?

保護者の皆さまへ TOP

キャンパスの雰囲気や環境は?

神戸ポートアイランドのウォーターフロントに位置する「ポートアイランドキャンパス」、瀬戸内海と明石海峡大橋を見渡すことのできる「有瀬キャンパス」。それぞれに日々成長を実現できる豊かな環境が整っています。

毎日通う場所だから立地やアクセスも重視しましょう

通学に多くの時間がかかってしまうと、思い描いていた大学生活が送れない場合も。自宅からの交通アクセスやキャンパス周辺の環境なども、大学選びには大切なポイントです。一人暮らしをする場合には、下宿先の立地や利便性も要チェック。大学で希望に沿った下宿先を紹介してもらうと安心です。

学修施設の充実度もしっかり確認しましょう

一日の大半を過ごすことになるキャンパスは、日常的に利用する施設の充実度も重要ポイント。図書館や実習室など学ぶ意欲に応える学修環境かどうか、しっかりチェックしましょう。また、集中して自習できる場所や友だちとくつろげる場所があると、大学生活はより一層充実。オープンキャンパスで主な施設を在学生が案内する「キャンパスツアー」に参加するのも良いでしょう。

神戸学院大学なら
健康面や管理面でもサポート!

子どもの学生生活がスタートし、活動範囲が広がるにつれ生じる不安や悩み。それらを支えるサポートを本学は用意しています。定期的に健康診断を実施し、学校医が心身の健康についての相談に応じるのはもちろん、学生相談室には専門カウンセラーが在籍し、学生生活の悩みについて相談に応じます。また、単位取得から証明書発行などの各種手続きに対応する教務事務室や、奨学金、アルバイトなどの情報を提供する学生支援事務室といった窓口で学生生活全般をサポートします。また、両キャンパス周辺は生活に便利な立地です。

一人暮らしの学生に強い味方!
朝食100円サービス

ポートアイランドキャンパス、有瀬キャンパスともに、教育後援会の協力を得て「100円朝食」を提供しています。朝食を摂ることで、健やかに1日を過ごせるだけでなく、生活習慣を整えることもでき、一人暮らしの学生に強い味方です。

ポートアイランドキャンパス

神戸の中心地にありながら、都市の喧噪とは無縁の静かでゆったりとした時間が流れるポートアイランドキャンパスには、学修に最適な環境が整っています。

新校舎D号館が2015年3月に完成

快適に学習できるよう、情報処理実習室やリスニングルーム、多目的ルーム、アリーナ(体育館)など多彩な施設があります。また、キャリアセンター、国際交流支援事務室もあります。


  • ●アクティブスタジオ

  • ●トレーニングルーム

●カフェテリア Trattoria Felice
ピザ釜も備えたこの食堂では、ピザやパスタからスウィーツまで本格イタリアンの味を楽しめます!

  • ●ポーアイ図書館
    書籍だけでなく、視聴覚資料も充実した図書館。

  • ●情報処理実習室
    50~100台前後のパソコンが設置された大規模な実習室。

  • ●学生ラウンジ
    アーチを描く大きな窓からは、海に面したきれいな景色を一望。

  • ●カフェテリア・ブレス
    低価格で栄養バランスのとれたメニューが豊富。

一人暮らしインタビュー/ポートアイランドキャンパス


グローバル・コミュニケーション学部
グローバル・コミュニケーション学科 1年次生
森本 真弘さん
※2015年度 取材時

一人暮らしをはじめてからは
親への感謝の気持ちでいっぱい

高校を卒業したら一人暮らしをしたいと思い、大学から徒歩1分のマンションに住んでいます。繁華街の三宮まで自転車で通える距離なのも魅力。近所に住んでいる友だちと一緒に遊びに行くこともしばしばです。一人暮らしを始めると料理や洗濯など家事が大変な分、親へ感謝する気持ちが芽生えました。今は親への負担を極力減らしたいと思い、毎日自炊をし、節約するよう心がけています。一人暮らしをはじめてから料理のレパートリーが前よりも格段に増えました。今度実家に戻ったら、家族に料理の腕前を披露したいと思っています。

お気に入りPOINT
  • スーパーや駅が近くて便利な立地
  • 大学内で短期アルバイト
  • 買い物は専用のクレジットカードで
月々のお金の流れ
【収入】
親からの仕送りと短期アルバイトの収入
【支出】
  • 家賃60,000円
  • 食費15,000円
  • 光熱費4,000円
  • 合計79,000円

有瀬キャンパス

瀬戸内海と明石海峡大橋を見渡すことのできる小高い丘に位置する有瀬キャンパス。四季折々の自然あふれる構内には、最先端の設備を導入した学舎が並びます。


  • ●大時計
    阪神・淡路大震災で損傷した明石市立天文科学館の時計を、本学が譲り受けたもの。神戸学院大学のシンボルとして、学生たちの学びの時を刻んでいます。

  • ●多目的ホール(マナビーホール)
    座席数290席の多目的ホールは、学びの成果を発揮する場として、シンポジウムや研究発表、講演会などに利用されます。

  • ●有瀬図書館
    蔵書検索システムを導入し、閲覧座席1,200席を誇ります。

  • ●メモリアルホール
    客席数は700席もあり、音響・照明が整う最新イベントホール。

  • ●学生食堂
    510名収容の一番大きな食堂は、ボリューム満点のメニューが。

  • ●情報処理実習室
    パソコンを整備した情報処理実習室が7カ所存在。

一人暮らしインタビュー/有瀬キャンパス


人文学部 人文学科 3年次生
坂口 桃佳さん
(鳥取・鳥取城北高校出身)
※2015年度 取材時

身の回りのことを
効率良く行っていく力がつきました

大学進学を機に一人暮らしをはじめました。3年次で引っ越した現在の部屋は、大学へもスーパーマーケットへも歩いて約10分の距離にあり、周りに飲食店も多くとても暮らしやすいです。大学ではチアリーダー部に所属し、代表を務めています。部活動が忙しい時は、家事と課題のレポート、アルバイトとすべてをこなすのが大変な時もありますが、時間管理を大切にしながら、何とか乗り切っています。また、実家ではほとんど母に任せきりだった料理も、今は自分で栄養を考えながらおいしく作ることを目標にチャレンジ中。できた料理は、写真を撮って母にメールで送っています。私が元気に暮らしていることを喜び、安心してくれているようです。

お気に入りPOINT
  • 親しみのある自然が多い立地
  • アルバイト先が近くにあるので便利
  • 周辺にたくさん下宿生がいるので安心
月々のお金の流れ
【収入】
  • 仕送り40,000円
  • 奨学金50,000円
  • アルバイト35,000円
  • 合計125,000円
【支出】
  • 家賃43,000円
  • 食費18,000円
  • 交際費17,000円
  • 光熱費7,000円
  • 合計85,000円

50名の親御さまに聞く神戸学院大学を選んだ決め手!

  • 父娘の本音を聞く親子インタビュー^
  • 神戸学院生から父母への感謝のメッセージ
  • 保護者x学生対談 “進路の悩み”解消のススメ

保護者の方へ

ページトップへ