神戸学院大学 > 保護者の方へ > 保護者の皆さまへ > お悩み解決(6) キャンパスライフ編

キャンパスライフ編

保護者の皆様へ

お悩み解決6 キャンパスライフ編

充実した学生生活を送るには、環境や周囲のサポートの存在も重要です。
ここでは、本学のキャンパスライフを支える数々を紹介します。

Q.子供の一人暮らしが不安

  • 約4割の学生が一人暮らし!

    日本学生支援機構の調査によると、大学生の4割近くが一人暮らしをしています。本学では3人に1人が下宿生活を送っており、通学が便利になるため近畿圏内出身者でも下宿する学生が多いようです。

    本学は4人に1人(2015年度)が近畿以外の出身者で、地方出身の学生が多いのも特徴です。

  • 居住形態別学生数
  • 人気はアクセスの良いエリア

    ポートアイランドと有瀬にキャンパスがある本学の学生に人気の下宿先は、通学に便利なキャンパス周辺やアクセスの良い三宮駅周辺で、賃貸料の相場は2〜7万円です。

    大学では不動産業者などと協力し、これらのエリアの物件紹介を行っているほか、学生支援事務室でも相談することが可能です。

神戸学院大学なら健康面や管理面でもサポート!快適なキャンパスライフを

子どもの学生生活がスタートし、活動範囲が広がるにつれ生じる不安や悩み。それらを支えるサポートを本学は用意しています。定期的に健康診断を実施し、学校医が心身の健康についての相談に応じるのはもちろん、学生相談室には専門カウンセラーが在籍し、学生生活の悩みについて相談に応じます。また、単位取得から証明書発行などの各種手続きに対応する教務事務室や、奨学金、アルバイトなどの情報を提供する学生支援事務室といった多彩な窓口を用意。また、両キャンパス周辺は生活に便利な立地です。

朝食100円サービスを実施

ポートアイランドキャンパス、有瀬キャンパスともに、教育後援会の協力を得て「100円朝食」を提供しています。朝食を摂ることで、健やかに1日を過ごせるだけでなく、生活習慣を整えることもできます。100円で栄養バランスのいい食事を食べることができるので、一人暮らしの学生にも強い味方です。

脳を活性化して勉強にもはげめる! モーニングセット(喫茶MILKY WAY)

三宮と有瀬の一人暮らしを紹介!

ポートアイランドキャンパス

通学、アルバイトにも便利な立地で毎日が充実しています。

地元は九州で、関西の大学への進学を希望。オープンキャンパスに参加した際に親が神戸学院大学を気に入り、神戸での下宿を承諾してくれました。1・2年次は有瀬キャンパスの近くに住み、3年次にポートアイランドキャンパスからバスで15分の今の場所へ引っ越しました。通学に便利で、家賃が安いことが決め手になりました。一人暮らしをはじめたばかりの頃は、家事が面倒で掃除に半日ぐらいかかっていましたが、今では慣れて要領が良くなりましたね。

最近までは、大学祭の実行委員を務めていたので、帰宅して寝るだけの慌ただしい日々が続いていましたが、これからは少し自宅で過ごす時間も持てそうです。ついつい交際費がかかりがちなので、今後はお金の管理ももう少し頑張っていきたいと思っています。

有瀬キャンパス

一人暮らしのおかげで時間の大切さを知りました。

実家から有瀬に出てきて、大学から徒歩10分のマンションで暮らしています。希望通りのセパレートタイプの部屋で満足しています。心理学の勉強をやりながら、バスケットボール部のマネージャーも務めたり、朝霧駅近くのパン屋のアルバイトで接客業の大変さを知ったり。日々充実した生活を送れるのは、立地が良いおかげかもしれません。

一人暮らしを始めてから成長したと感じているのは、時間管理がうまくなっていること。授業、アルバイト、部活があると帰宅は21時ごろになりますが、そこからどうすれば効率的に家事ができるかを考えながら行動するようになりました。今では、友だちを招待して得意料理でもてなすことがとても楽しいです。

電車でもバスでも便利な立地

通学しやすい交通が便利な2つのキャンパス

ポートアイランド・有瀬キャンパスとも、主要駅からの電車・バスの本数が多く通学に便利な立地です。

ポートアイランドキャンパス

有瀬キャンパス

  • 神戸・三宮経由のシャトルバスで通学の負担も減

    キャンパス間を結ぶシャトルバス。
    ダイヤ改正に伴い神戸の中心・三宮にも
    停車するようになり、アクセスがより便利に!

  • 「大学での学び編」へ
  • 「入試制度編」へ
  • 「キャリアサポート編」へ
  • 「卒業生の活躍編」へ
  • 「学生生活にかかる費用編」へ
  • 「キャンパスライフ編」へ

保護者X学生対談

  • 夢にチャレンジ!未来を創る学生たち
  • 父娘の本音を聞く親子インタビュー^
  • 神戸学院生から父母への感謝のメッセージ

保護者の方へ

ページトップへ