神戸学院大学 > 保護者の方へ > 保護者の皆さまへ > お悩み解決(1) 大学での学び編

大学での学び編

保護者の皆様へ

お悩み解決01 大学での学び

時代とともに進化し、広がる学び。大学の総数も年々増加する中、
何を基準に進学先を選べば良いのでしょう。そのポイントをご紹介します。

Q.進学を何から考えたらいいの?

大学全入時代の進学事情

受験を控えた高校生を持つ保護者としてまず知っておきたいのは、大学を取り巻く環境が親世代と比べ大きく変わっていること。少子化で18歳人口が減る一方、規制緩和などにより大学・短大の数や定員が増え入試が多様化した結果、進学率は上昇。

  • 近年は50%を超え、志望すればいずれかの大学に入れる「大学全入時代」と言われるようになりました。とはいえ、人気校や難関校には受験生が集中。誰もが志望校に入れるわけではありません。

    また、大学に進学することだけが目的で入学し、厳しい就職情勢に直面する学生が増えているのも現実。大卒なら就職は安心、という古い価値観はいまや通用しなくなっているのです。

  • 18歳人口と大学・短期大学への進学率の推移

将来を見据えた大学選びを

社会で活躍できる人材になるには、大学で専門性を育み、将来に活きる教養や経験を重ねることが大切。大学で何を身につけ、将来にどう活かすのかが、社会から問われているのです。大学を選ぶ際は、偏差値やイメージではなく、将来につながる学びや資格、成長できる環境を基準にすること。将来像が描けない場合は、総合的、多角的に学べるところを選び、入学後目標を固めるのも一つの方法です。

神戸学院大学なら 9学部13学科の総合大学だから学びたいことが見つかる

神戸学院大学は9学部13学科を有する私立の総合大学。文理双方の学部があり、近年新学部も創設するなど、時代の流れを汲んだ学びを積極的に取り入れています。さらに、資格取得サポートや公務員・教員の採用試験対策講座なども用意し、一人ひとりの夢を強力にバックアップ。また、学部の枠を超えた授業や教育プログラム、数多くのクラブやサークルがあり、さまざまな目的や志向を持った学生から刺激を受けられるのも大きなメリットです。

2年次からコースや領域を選択する学部もあるので、多彩な経験を育みながら入学後に自らの専門分野を決めることもできます。

  • 学部の垣根を超えた出会いが自己成長につながる

    経営学部 経営学科2年次生 兵庫・県立明石西高校出身 宇戸遥香 ※2014年取材時

    私は企業活動に興味があり、経営学部に進学しました。この大学で学ぶ魅力の一つは、学部・学科を超えて学生たちと交流ができること。私が所属している「オーキャンズ※」にも、法学部や人文学部などさまざまな学部の人がいるので、とても刺激的。活動を通して多くの人と関わり、新しい価値観に出合うことができるので、自分の視野がとても広がります。

    ※オーキャンズ: 学生主体でオープンキャンパスの企画・運営を行う団体

  • 宇戸遥香

Student Interview

学びのきっかけはいたるところに お子さまの「学びたい」をチェックしてみましょう!

  • 法学部法律学科:@法律に興味がある A進路は公務員を希望 B論理的な思考が得意

  • 経済学部経済学科:@お金の流れに関心がある A経済のニュースがおもしろい B為替の動きが気になる

  • 経営学部経営学科:@将来は起業したい A公認会計士や税理士に憧れる Bビジネススキルを身につけたい

  • 人文学部 人文学科/人間心理学科:@文化やアートが好き A人の心を知りたい B好奇心が旺盛

  • 現代社会学部 現代社会学科/社会防災学科:@社会や人に役に立ちたい A防災・減災について関心がある B地域に貢献したい

  • グローバルコミュニケーション学部 グローバルコミュニケーション学科 @英語や中国語が話せるようになりたい A異国の文化に興味がある B将来は海外で働きたい

  • 総合リハビリテーション学部 社会リハビリテーション学科/理学療法学科/作業療法学科:@人の体の仕組みを知るのがおもしろい A高齢者・障害者を支えたい B人の笑顔を見るのが好き

  • 栄養学部 栄養学科/管理栄養学専攻/生命栄養学専攻:@管理栄養士に憧れる A臨床検査技師に憧れる B食と健康との関わりが気になる

  • 薬学部 薬学部(6年制):@薬剤師を目指したい A実験が好き B衣料や生命に興味がある

スポーツサイエンス・ユニット

法学部・経済学部・経営学部・人文学部に入学した学生が、学部の専門分野を学びながら、「スポーツ」について理論と実践を多角的に学ぶ教育プログラムです。2年次から選択可能です。

スポーツサイエンス・ユニットの学修システム

各学部について詳しくはこちら

学びを支える充実の環境

先進の設備と共有スペースが多彩なD号館

2015年3月、ポートアイランドキャンパスに完成したD号館。
語学学習・国際交流の場「アクティブスタジオ」や書店にカフェが併設された「MARUZEN Book Café HAON(ハオン)」など新施設が登場。グループワークに活用できるスペース「ワークショップスタジオ」や、無線LANスポット の「ラーニングラウンジ」などの自習エリアが設けられ、より学びやすい環境が整っています。

  • コミュニケーションモール
  • アクティブスタジオ
  • Trattoria Felice(トラットリア・フェリーチェ)

D号館について詳しくはこちら

  • 蔵書数は110万冊以上のポーアイ・有瀬図書館

    蔵書数は両キャンパスを合わせて110万冊以上。閲覧席は、ポーアイ図書館617席、有瀬図書館は1,200席。図書館内には専門書を読みながら自習する学生が多く見られます。また、英語力を高める「図書館留学」といったイベントも両キャンパスで実施されています。

    図書館について詳しくはこちら

  • ポーアイ図書館

    有瀬図書館

  • 「大学での学び編」へ
  • 「入試制度編」へ
  • 「キャリアサポート編」へ
  • 「卒業生の活躍編」へ
  • 「学生生活にかかる費用編」へ
  • 「キャンパスライフ編」へ

保護者X学生対談 ”進路の悩み”解消のススメ

  • 夢にチャレンジ!未来を創る学生たち
  • 父娘の本音を聞く親子インタビュー^
  • 神戸学院生から父母への感謝のメッセージ

保護者の方へ

ページトップへ