神戸学院大学 > 保護者の方へ > 保護者の皆さまへ > 学生&保護者Interview

学生&保護者Interview

父娘の本音を聞く 親子インタビュー

前向きに挑戦している娘の成長がうれしい!

−神戸学院大学を志望されたのはなぜでしょうか。

:神戸学院大学の総合大学ならではの学修環境に大きな魅力を感じたからです。たとえば、共通教育科目の中で法学や栄養学の授業も受けられるので、自分の視野を広げるのに役立つと思いました。人文学部の学びが芸術、言語、比較文化と多岐にわたっていたことも理由です。

−娘さんが神戸学院大学を志望されてどのように思われましたか。

:娘が自分で選んで「ここに行きたい!」と言うので、その意志を尊重して背中を押すことしかできないと思っていたのですが、オープンキャンパスに娘と一緒に来た時、学生さんが大学を丁寧に案内される様子を見て、この大学なら安心して通わせられると感じました。

−入学後、娘さんにどのような変化を感じられますか。

:中高生のころは消極的だったこの子が、見違えるように積極的になりました。おかげで友達もたくさんできたようで、安心しました。娘の成長を実感できるのが親として、本当にうれしい。心から喜んでおります。

−神戸学院大学に入学されて、実際どう変わったと思いますか。

:大学に入ってからは人と関わることが楽しくなってきたんです。1年次は学部共通の授業も多いので、栄養学部や総合リハビリテーション学部といった他学部の学生と接することも多くあります。

−どんな授業が面白いですか?

:ゼミによってはユニークなフィールドワークをすることもあります。授業の一貫で企業を取材することもあるんです。最初は緊張してうまく取材できなかったんですが、だんだんスムーズに話せるようになって、コミュニケーション能力がずいぶん鍛えられました。企業で働く社会人の方のリアルな声を聞くことができたのも貴重な経験でした。

:そんな実践的な授業があるとは驚きました。確かに、外に向けて自分の言いたいことを発信できるようになってきていると思います。そのコミュニケーション能力を活かして、人と助け合える大人になってほしいですね。

−将来の目標について教えて下さい。

:コミュニケーション能力が活かせる、多くの人と関われる仕事をしたいですね。学びの幅が広いことを活かし、さまざまなことに前向きに挑戦して自分をレベルアップしていきたいと考えています。

−最後に受験生のお子さまがいらっしゃる保護者の方にひと言お願いします。

授業や課外活動で、前向きに大きくチャレンジできる環境がある大学だからこそ、娘は一回りも二回りも成長できたんだと思います。皆さんもまずは、オープンキャンパスへ足を運ばれたらいかがでしょうか。

神戸学院生から父母への感謝のメッセージ

私のしたいことをいつも応援してくれる両親がいるから充実した日々を過ごせます 経済学部 経済学科 4年次生 仁木靖良(大阪・府立豊島高校出身)

受験勉強で行き詰った時、両親が「大丈夫」「自分の力を信じなさい」と何度も励ましてくれました。入学後、学費や通学費、毎日のお弁当など、あらためて両親に支えられていることを感じ、できることは自分の力でしようとアルバイトを始めました。

学部を超えた学びに触れられる防災・社会貢献ユニット※の授業は、学外のフィールドワークの授業が多く実践的です。この活動を通じて、たくさんの人と関わるようになったことで、自分から積極的に行動する姿勢や、一つのことをグループで成し遂げるチームワークや人をまとめるリーダーシップなどが自然と身につきました。

神戸学院で学び成長できたのも、毎日変わらぬ両親の支えがあったからです。なかなか面と向かって言えないけれど、本当にいつもありがとう。

※防災・社会貢献ユニットは2014年4月より現代社会学部社会防災学科としてスタートしました。

当たり前だと思っていた日常がどれだけ大切で価値あるものなのか気づくことができました 経済学部 経済学科 2年次生 青田直之(兵庫・県立姫路南高校出身)

両親からは「神戸学院にチャレンジするならトップクラスの成績で合格しなさい」と厳しいことも言われましたが、受験勉強中には、細やかな気遣いや思いやりを感じ、心が温かくなるのを感じました。

大学で充実した日々を過ごす一方、家族と話す時間が少なくなり、寂しさを感じることもあります。でもそのおかげで、当たり前にある日常の価値に気づくことができました。外食の回数が増えることで、母が作る朝ごはんやお弁当のおいしさを強く感じたり、毎朝送り出してくれることのありがたさを実感するようになりました。たまに家族そろって食事をする時には、あらためて幸せだなぁと感じます。

普段は照れくさくてそっけない態度を取ってしまいますが、いつも感謝の気持ちでいっぱいです。

一人で一生懸命働いて支えてくれている母に心から感謝しています。お母さん、本当にありがとう! 薬学部 薬学科 2年次生 平山雄基(兵庫・仁川学院高校出身)

大学に入るまでの僕は人見知りで、人の顔を見て話すのも不得意でした。

でもオーキャンズ(学生スタッフ)で、多くの高校生や保護者の方とコミュニケーションをとることにより、人見知りを克服できました。今では大勢の人の前で話すことが得意になりましたし、全学部・学年に友人がいることが自慢です。このオーキャンズでの活動や実践的な授業を通じ、物事に積極的に取り組む姿勢が養われ、社会人に必要な力が身についたと思います。

こうした充実した大学生活が送れるのは、母が一人で一生懸命働いて学費を支払ってくれているからこそです。勉強で帰りが夜遅くになった時も温かい食事を用意して待ってくれています。心から感謝しています。お母さん、本当にいつもありがとう。

何気ないこの日常が私の支えです。日々の幸せを感じ、家族のありがたさを実感しています 経営学部 経営学科 2年次生 小林光(兵庫・姫路市立飾磨高校出身)

大学生活は自由ですが自己責任ですし、4年間の過ごし方で進路は大きく変化すると思ったので、高校生の頃から勉強したかったビジネス英語を中心に、高いレベルのスキルを目指して勉強に励んでいます。社会で役立つ資格取得を目標に課外講座も積極的に受講しています。

こんな神戸学院の学生生活を送れるのも、家族の支えがあるからです。経営学を学んだからこそ、学費も含め、生活面のサポートをしてくれる家族のありがたさが、感じられるようになったのだと思います。毎朝お弁当を用意してくれ、帰れば温かい食事があり、気持ちよくお風呂に入れる、「なんて私は幸せなんだろう」と思います。

両親には感謝の言葉しかありません。お父さん、お母さん、いつも本当にありがとう。

  • 夢にチャレンジ!未来を創る学生たち
  • 父娘の本音を聞く親子インタビュー
  • 神戸学院生から父母への感謝のメッセージ

保護者の方へ

保護者の方へ
ページトップへ