1. 神戸学院大学
  2. 受験生の方へ
  3. 受験生の方へ トピックス・ニュースリリース
  4. 記事詳細

受験生の方へ トピックス・ニュースリリース

薬学部の安藤 徹助手が、第17回中性子捕捉療法国際会議でRalph G. Fairchild Awardを受賞しました

16.10.14 祝

 10月2日〜7日にミズーリ州コロンビア(アメリカ)で開催された第17回中性子捕捉療法国際会議(17th International Congress on Neutron Capture Therapy)において、薬学部の安藤 徹 助手がRalph G. Fairchild Awardを受賞しました。Ralph G. Fairchild Awardは、中性子捕捉療法の先駆者として知られているDr. Ralph G. Fairchildの業績を記念し、優秀な若手研究者に贈られる賞です。
 本会議は、その名称が示すごとく、がんのホウ素中性子捕捉療法(BNCT)に関連する医学、生物学、化学・薬学、物理工学など諸領域の研究および促進を図り、もって学術の発展に寄与することを目的に1983年を皮切りに隔年開催されています。“がん患者を美しく治す”BNCTが臨床の場でがん治療の一翼を担うことを目標とし、世界各国から最前線で活躍している研究者が一同に集まり、中性子捕捉療法についての研究発表・包括的な議論が行われました。
 安藤助手はこれまで主に悪性軟部腫瘍に対するBNCTについて卓越した研究実績を上げてきていることや、本会議でも2件の研究成果を報じたことが評されての受賞となりました。なお、発表演題2は、本学が文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業に採択された「創剤・創薬・創材支援を企図した医用ナノパーティキュレートシステム基盤研究拠点の形成」(研究代表者:薬学部 市川秀喜教授)のもとで得られた研究成果です。

【受賞演題】
@Evaluation of relationship between uptake of L-BPA in Clear Cell Sarcoma cell line and L-type amino acid transporter 1
AEffect of particle size of nanopaticulate L-BPA formulation on biodistribution of 10B after its subcutaneous administration to tumor-bearing mice
【発表演者】
@T. Andoh1, T. Fujimoto2, K. Wada1, Y. Uchida1, T. Sudo3, H. Moritake4, Alan L. Epstein5, T. Takeuchi6, Y. Fukumori1 and H. Ichikawa1.
AT. Andoh1, N. Kadota1, T. Fujimoto2, Y. Fukumori1 and H. Ichikawa1

1Faculty of Pharmaceutical Sciences and Cooperative Research Center of Life Sciences, Kobe Gakuin University, Japan.
2Department of Orthopaedic Surgery, Hyogo Cancer Center, Japan.
3Section of Translational Research, Hyogo Cancer Center, Japan.
4Division of Pediatrics, University of Miyazaki, Japan.
5Department of Pathology, Keck School of Medicine, University of Southern California, United States of America.
6Department of Pathology and Translational Research, Gifu University School of Medicine, Japan

17th International Congress on Neutron Capture TherapyのWebsiteはこちら



戻る

受験生の方へ

ページトップへ