1. 神戸学院大学
  2. 企業・一般の方へ
  3. 企業・一般の方へ トピックス・ニュースリリース
  4. 記事詳細

企業・一般の方へ - トピックス&ニュースリリース

栄養学部生が提案したスイーツの販売が始まりました

17.03.04 NEWS

 昨年の「KOBE“にさんがろく”PROJECT」で準グランプリに輝いた「栄養学部Team sazanka」が提案したスイーツが旬の神戸産いちごを取り入れた「神戸いちご香る米粉ロール」にグレードアップされ、4日から始まった「神戸スイーツフェア」の期間中、神戸市中央区元町通3丁目の「patisserie AKITO(パティスリーアキト)」で販売されます。初日はキックオフイベントがあり、メンバーがスイーツの販売などを行いました。
 プロジェクトは、農漁業者と大学生、企業の3者がタッグを組み、地元の農水産物を使った新商品などを開発。その魅力を全国に広く発信する事業です。「栄養学部Team sazanka」は、稲田裕菜さん、左織亜沙美さん、中島華穂さん、畑中麻衣さん、内田沙也加さん、小西咲夢さんら2年次生6人。寺谷営農組合(西区櫨谷町)、「パティスリーアキト」と組み、「ゆず香る米粉ロール」のアイデアを提案し、準グランプリを獲得しました。
当初のアイデアにいちごは使っていませんでしたが、今回のフェアは「旬の神戸産いちご」がテーマのため、米粉ロールにいちごを取り入れて改良。「神戸いちご香る米粉ロール」に仕上げました。販売は同店で。価格は411円(税込)です。
 キックオフイベントでは、「神戸タータン」のエプロンにいちごをイメージした帽子をかぶったメンバーが、いちご色のデコレーションカーとともに東遊園地、北野工房のまち、元町商店街へと移動。いちごを使ったスイーツの販売やいちごの試食、チラシ配布などを行いました。
 神戸スイーツフェアは神戸市が主催し26日まで開催。「パティスリーアキト」のほか、アンテノール、カファレル、ボックサン、ゴンチャロフ、神戸凮月堂、モロゾフなど市内の17のスイーツ店で、旬の神戸いちごを使ったオリジナルスイーツを販売します。稲田さんは「商品化してもらえて、すごくうれしい。一般の方に食べていただき、その感想をぜひ聞かせていただきたい」といい、「パティスリーアキト」のオーナーシェフ、田中哲人さんは「学生のイメージを形にしました。ゆずの香りといちごが良く合っています。米粉ともちもちと米粉のクッキーのホロホロした食感を楽します」と話しています。
(写真はTeam sazankaのメンバーと田中さん)
お店はこちらをご覧ください。



戻る

企業・一般の方へ

ページトップへ