神戸学院大学

学生サポート

麻しん(はしか)に注意してください[医務室]

2016/09/06

8月の中旬以降、関西国際空港の従業員が麻しん(はしか)に集団感染したことが報道されています。関空を利用した方、大勢の人が集まるところへ行かれた方、特にアジア地域から帰国された方は自身の体調の変化に注意してください。

Ⅰ 麻しん(はしか)について
①感染力が強い。(咳やくしゃみによる空気感染・飛沫感染)
②潜伏期は10日前後
③症状は、風邪の症状と似ている。
37.5℃以上の発熱・咳・鼻水・結膜充血(涙や目やにが多くなる)
発病4~5日後に高熱・赤い発疹が耳から顔面、全身に広がる。
④脳炎や肺炎を併発すると生命の危険もある。
⑤発病から7~10日で症状は治まると言われている。
「発しんに伴う発熱が解熱した後3日を経過するまで」出席停止とされていますが
医療機関の指示に従ってください。

Ⅱ 麻しん(はしか)の予防について
①麻しんワクチンが有効です。これまでに予防接種を2回済ましていない方、麻しんに罹ったことがない方は予防接種を受けることをお勧めします。
※麻しんワクチンを接種済みの方でも、年数が経過して抗体が低下することにより感染する場合もあります。
②抗体検査・予防接種費用は医療機関によって異なります。
③麻しん患者と接触後、3日以内に予防接種を受けると、発症・重症化を予防できるとされていますので、かかりつけ医等と相談してください。

Ⅲ 麻しん(はしか)を発症したと思われる場合
①集団感染を防ぐため、課外活動・サークル・アルバイトを休み、早めに保健所または
医療機関に相談の上、マスクをして受診してください。
②学生支援事務室に必ず連絡してください。
・KPC学生支援センターTEL:078-974-4575
・KAC学生支援センターTEL:078-974-2206
※夜間・休日の連絡先TEL:078-974-1555