神戸学院大学

社会連携

神戸医療産業都市 クラスター交流会 第6回 神戸学院大学 産学連携サロンを開催しました

2016/09/16

研究紹介をする杉元先生
研究紹介をする杉元先生
研究紹介をする中川先生
研究紹介をする中川先生

先端医療技術の研究開発拠点として、21世紀の成長産業である医療関連産業の集積を図るポートアイランド(神戸市中央区港島)は「神戸医療産業都市」として進化し続けています。本学は、2011年に独立行政法人 理化学研究所、そして神戸市立医療センター中央市民病院と教育研究連携協定を締結し、ポートアイランドにおける産学連携の一助となるべく、神戸医療産業都市の発展に寄与しています。
その一環として「神戸学院大学 産学連携サロン」と称して神戸医療産業都市クラスター交流会を開催しています。ポートアイランド地区に集積が進む企業、大学、研究機関、研究支援機関等の有機的な連携と研究者のコミュニティを形成し、国際的な研究開発、産業化の拠点を形成することを目的としており、企業の技術者や学術界の研究者が相互に情報交換できる場づくりを目指して実施しています。
第6回となる今年は、第一部は本学総合リハビリテーション学部杉元雅晴教授、中川昭夫教授による研究紹介、KAWAMURAグループ(川村義肢株式会社/パシフィックサプライ株式会社)様、三栄メディシス株式会社様、フランスベッド株式会社様による事業紹介が行われました。第二部はカフェテリア・ブレスにて交流会が開催されました。神戸市や企業から約70名の方にご参加いただきました。