神戸学院大学

社会連携

グリーンフェスティバル「神戸学院大学チアリーダー部 SEAGULLS 第22回 Dancing EXPO 2015」を開催しました

2015/11/26

単独公演を実施したSEAGULLSとバトン部の部員
単独公演を実施したSEAGULLSとバトン部の部員
第Ⅱ部シンデレラのドレス姿でパフォーマンスする様子
第Ⅱ部シンデレラのドレス姿でパフォーマンスする様子

グリーンフェスティバル「神戸学院大学チアリーダー部SEAGULLS第22回 DancingEXPO2015」を11月23日、有瀬キャンパスのメモリアルホールで開催しました。このDancing EXPOにはチアリーダー部SEAGULLSの他、バトン部、吹奏楽部、音楽研究会“アコースティックノーツ”、附属高校ダンス部も出演し、司会進行は学生放送局が担当しました。

プログラムⅠ部『WELCOME STAGE』では、SEAGULLSやバトン部が各地のイベントで踊った演目を披露し、またアコースティックノーツはパーカッションやピアノと共に爽やかに歌い上げるなど、各団体の個性が光りました。

プログラムⅡ部『FANTASY』ではピーターパンやシンデレラなどDISNEYキャラクターの衣装に身を包み、可愛いダンスを披露しました。また、吹奏楽部は演奏に合わせたフラッグパフォーマンス、附属高校ダンス部は気迫溢れるパワフルなダンスで会場を盛り上げました。

SEAGULLSの主将・坂口桃佳さん(人文学部3年次生)は公演を振り返り、「現役メンバー全員が初めての単独公演だったこともあり、最後まで本当に不安でしたが、無事終えることが出来てホッとしています。全力で演技しました。大勢の方のご来場と温かい拍手をありがとうございました。」と話しました。
SEAGULLSの今年の目標である「REVIVE」(少人数で壁を乗り越え、一人一人がチームの為に技術を磨き、再生を図る)に向かって、個々が自身の持てる力を発揮し、最高の笑顔と元気を来場者に届ける事ができた公演となりました。

次回のグリーンフェスティバルは、11月28日(土)15:00から「本尾かおる ピアノ・リサイタル ショパン集~バラード・ノクターン・エチュード~」です。譚詩曲と訳された物語風のバラードや夢幻的な夜想曲のみならず、「革命」(第12番)など有名な曲まで極めて多彩なピアノ表現を聴くことができる公演です。残席がございますので、皆さまのご来場を心よりお待ちしております。