神戸学院大学

社会連携

「第5回こうべ地域のたべもの祭り」で栄養学部生があったかスープ料理を販売しました!

2014/12/09

いよいよオープン!元気な声で呼びかけを行う学生たち
いよいよオープン!元気な声で呼びかけを行う学生たち
久元市長もブースに来られ、学生達にエールを送ってくださいました。
久元市長もブースに来られ、学生達にエールを送ってくださいました。
ブースの前には長蛇の列ができました
ブースの前には長蛇の列ができました
200食を完売して全員で記念撮影! 神戸農業経営者協議会の皆様ありがとうございました。
200食を完売して全員で記念撮影! 神戸農業経営者協議会の皆様ありがとうございました。

「第5回こうべ地域のたべもの祭り」(同実行委員会主催、西神戸農業経営者協議会協賛)が12月7日、神戸市西区の神戸農業公園(神戸ワイナリー)であり、栄養学部生が、地元の食材を使ったオリジナルご当地料理対決「K級グルメ祭り」に参加しました。
※K級の「K」とはKOBEのKです。

「こうべ地域のたべもの祭り」は2010年から開始し、今年で5年目を迎えます。食を通した地域振興を目指して、地域のさまざまな団体が参画・協力したイベントで、西区の農産物の販売や試食コーナーのほか、神戸のシェフによる実演パフォーマンスやトークショーなどもありたくさんの人が訪れました。

会場の神戸ワイナリー(農業公園)中央広場入口に、「K級グルメ祭り」のコーナーを開設。今年は本学からサークル「農園~enjoy life~」と「栄養学部連絡会」が出店し、それぞれの団体の応援隊として神戸農業経営者協議会(西区の若手農業者)が2手に分かれて学生とともに、西区産の野菜をたっぷりと使った“あったかスープ料理”対決をしました。

「農園~enjoy life~」の2年次生、山本 理恵子さんら6人は、西区産のさつまいもをメイン食材に、あっさりとしたコンソメベースの「さつまいもと野菜のスープパスタ」を出品。1品で3色食品群がそろい、栄養バランスもしっかりとれます。
「栄養学部連絡会」(2年次生、齋藤雄大さんら36人)は、西区産の岩岡ネギをメイン食材として、豆乳ベースでボリュームたっぷりの肉団子が入った「こうべ野菜豆乳スープwith肉団子~チゲもあるよ!!」。隠し味で生姜が入り、お好みでピリリと辛いチゲスープを足すこともでき2種類の味わいが楽しめます。

各チームは、午前10時の開店とともに、来場者に大きな掛け声でアピールするなど、神戸農業経営者協議会の方々と一緒に呼び込み合戦を展開。販売時に投票用のシールを配布し、味、地域PR、アイデアの3部門で、投票を行いました。

「さつまいもと野菜のスープパスタ」を食べた男性は、「甘味のあるさつまいもとあっさりとしたコンソメスープがピッタリ。パスタが入っていてボリュームも満点でした」と満足そう。「こうべ野菜豆乳スープwith肉団子~チゲもあるよ!!」を食べた女性は、「しょうがの隠し味が効いた肉団子が美味しい!! 途中でチゲスープをたして2種類の味を楽しめてとても美味しかったです。」と話してくれました。

午後3時から投票結果が発表され、「栄養学部連絡会」はアイデア部門を受賞、「農園~enjoy life~」は味部門と地域PR部門の2冠を受賞しました。副賞としてりんごやお米など地元の農産物をたくさんいただきました。