1. 神戸学院大学
  2. 社会貢献・生涯学習
  3. 神戸マラソン応援ページ

参加学生の感想(2013年度)

出場選手(2013年度時点)

齋藤 公美
2位入賞

女子駅伝競走部

人文学部 人間心理学科 4年次生
齋藤 公美

今年も神戸マラソンを目標の大会の一つとして練習してきました。絶え間なく続く応援が何よりありがたく、苦しくても乗り越えることができました。1回目の給水を上谷先生からもらえて、エネルギーになりました。27km地点くらいから腹痛が起こり、一瞬ペースが落ち、2時間40分の切りが危なくなりましたが、何としても目標を達成したいと思い、応援に背中を押され、スパートをかけることができました。本当にありがとうございました。

西山 翔子

女子駅伝競走部

人文学部 人文学科 4年次生
西山 翔子

神戸マラソンは1回目からの出場で今年で3回目でした。目標にしていた3時間をようやく切りベストタイムをだすことができました。今年も沿道からのたくさんの声援にパワーをいただくことができました。改めて多くのボランティアの方々の支えが大きい大会だと感じました。後半いかに粘れるかが勝負だと思っていたので35kmで苦しかったのですが粘ることができました。残り少ない大学での試合を大事に、練習に取り組んでいきたいと思います。たくさんの応援ありがとうございました。

高谷 美翔

女子駅伝競走部

人文学部 人文学科 3年次生/スポーツマネジメントユニット
高谷 美翔

神戸マラソンに出場させていただくのは、今回で2度目でした。この神戸マラソンは私を成長させてくれる大きな試合です。11月から新しいチームになり、不安な気持ちだったのですが、マラソンを走り終えるとその気持ちを切り替えることができました。それは沿道からの力強い声援が私を支えてくれたからです。これからたくさんの壁にあたると思いますが、神戸マラソンでよいスタートができました。応援ありがとうございました。

南條 祐次

陸上競技部

法学部 法律学科 4年次生
南條 祐次

今回の神戸マラソンは、私にとって初めてのフルマラソンでした。
終盤で苦しい場面もありましたが、沿道からの「神戸学院ガンバレ!」という応援でパワーをもらい、最後まで走りきることができました。大学生活最後の年で神戸マラソンを走れたことは良い経験になりましたし、何よりも、応援やサポートなどのおかげで神戸マラソンを最初から最後まで楽しむ事が出来たので、走って良かったと思いました。本当にありがとうございました。

中島 真

陸上競技部

薬学部 2年次生
中島 真

今回の神戸マラソンの結果はよくありませんでしたが、良い経験となりました。普段の練習やレース前の調整、レース展開など、今回の経験を生かし改善すべきところは改善し、またリベンジしたいと思います。

招待選手

上谷 聡子
3位入賞

神戸学院大学 スポーツコーディネーター
上谷 聡子

今年の神戸マラソンは、例年以上に緊張と不安でいっぱいの気持ちでスタートラインに立ちました。地元の大会で招待選手として走る重圧は大きかったのですが、KPC付近では多くの学生や職員の方に応援してもらい、最後の力を振り絞ることができました。3位入賞は、みなさんの応援のおかげです。ありがとうございました。

神戸マラソンEXPO2013(11/15〜11/16)

黒岩 千博

EXPO2013(ランナーサービス)

薬学部 3年次生
黒岩 千博

今回私たちは、マラソンの2日前にゼッケン等の引き換えを行う活動でした。ゼッケンを渡す際「頑張ってください!!」と伝えると「ありがとう!」と笑顔で返してくださるランナーの方も多く、こちらも自然と笑顔になり、元気をいただきました。ランナーの方はもちろん、他の団体からいらっしゃったボランティアの方などと触れ合うことができ、いい経験になったと思います。来年はぜひ、マラソン当日のボランティアに参加したいです!

川井 早野佳

EXPO2013(ランナーサービス)

人文学部 人文学科 4年次生
川井 早野佳

神戸マラソンのボランティア、そしてリーダーをするのは初めてでしたが、メンバーの人達が頑張ってくれたのでとてもスムーズにできました。アルバイトの接客経験を生かしてくれている子もいて、非常に良いチームだと思いました。楽しかったです。

江角 晃

EXPO2013(ランナーサービス)

法学部 法律学科 2年次生
江角 晃

今回のボランティアではグループリーダーを務めさせてもらいました。最初はメンバーをまとめることに少々不安がありましたが、指示したら迅速に動いてくれたので、とても助かりました。ナンバーカードを渡す際に多少のトラブルなどはありましたが、本部スタッフの方々などにアドバイスをもらい、無事に最後までやり遂げることができました。参加したのは1日だけでしたが、この神戸マラソンのボランティアに参加する前まで全く顔も知らなかった同じ大学の学生や、会場で一緒に活動させていただいた年配の方々(ボランティア)とコミュニケーションをとりながら、楽しい雰囲気でランナーの方々に「頑張ってください」などの声かけをしながら作業を行うことができたことが何よりもうれしくて、満足で充実した1日でした。

礒部 和志

EXPO2013(ランナーサービス)

経済学部 経済学科 2年次生
礒部 和志

今回、私は神戸マラソンのボランティアに初めて携わり、最後までやり遂げて本当に良かったと思います。一人一人のランナーが、それぞれの気持ちを持っていました。今までの感謝の気持ちを背負って走る人もいるし、自分が走っている雄姿を応援している人々に届けるために走る人もいて、すごく温かく感じました。来年もぜひ参加したいと思います。

宮中 和也

EXPO2013(ランナーサービス)

人文学部 人文学科 2年次生
宮中 和也

神戸マラソンの参加賞の配付係りとして参加させていただきました。神戸マラソンでのボランティア活動は初めてで、ランナーの方々に役に立てるだろうかという不安もありましたが、ゼッケンを受け取り、サイズの表記に丸を付け、参加賞のTシャツを渡すという簡単な内容で、始めは戸惑ったものの、慣れると笑顔でゼッケンを受け取って「頑張ってくださいね!」と、一声言えるようになり、ランナーの皆さんも「ありがとう」と答えてくださる方も多く、とても気持ちいい活動でした。一緒に活動していた団体さんやスタッフの方々もとても親切で、わからない事があったときは、何度も相談にのってもらい、そのたびに笑顔で答えてくださいました。参加賞を配付することは、ランナーと私たちにとって、一瞬の出来事だけれど、その一瞬でお互いが笑顔になれる、とてもやりがいを感じたボランティアでした。来年もぜひ参加したいと思います。できれば次は、給水や給食の配付にも挑戦してみたいです。

沖 仁那未

EXPO2013(手話)

総合リハビリテーション学部 社会リハビリテーション学科 4年次生
沖 仁那未

神戸マラソンの手話通訳ボランティアに参加してみて、誰かのために何かしたいという気持ちが大切だと感じました。最初は手話で伝えることができるのか不安でしたが、相手が笑顔になってくれたり、大丈夫やありがとうという言葉が励みになり自信が持てるようになりました。この機会を通して何事にも挑戦してみようと思うことができました。

細川 直稚

EXPO2013(手話)

総合リハビリテーション学部 社会リハビリテーション学科 4年次生
細川 直稚

私は、聴覚障がいがあり同じ障がいを持つ立場として少しでも役に立ちたいという思いから手話通訳のボランティアに参加することを決めました。私は、大学に入学してから手話を覚え始めたので、手話の知識があまりない上に聴こえない分情報が入ってこないので、不安な思いもありましたが、友人や難聴協会の方々と助け合いながら取り組むことができました。「ありがとう」ととびっきりの笑顔で言って下さったランナーの方々も多く、今でもその笑顔が忘れられません。今回のボランティアで、人のあたたかさを感じることができました。

大津谷 耀

EXPO2013(通訳【英語】)

総合リハビリテーション学部 社会リハビリテーション学科 1年次生
大津谷 耀

ここしばらく英語を使う機会があまりなかったため、ボランティア前日などは少し緊張していましたが、受付ボランティアは簡単な単語を使うだけで必要なことは伝えることができたため、楽しんでボランティアをすることができました。
そして、ボランティアをしていてありがとうと言っていただけることが、何よりうれしいと気づきました。
なんの見返りもなく、なぜボランティアをするのかと思ったこともある私ですが、ありがとうと言われることのうれしさを知りました。
また、共にボランティアをする方々に学ぶことも多く、いろいろな人に刺激を受け、自分の視野を広げるためにもまたボランティアに参加してみようと思った1日でした。

薛 舜己

EXPO2013(通訳【韓国語】)

総合リハビリテーション学部 社会リハビリテーション学科 1年次生
薛 舜己

今回通訳ボランティアに参加しさまざまな国の方と接しました。私は、韓国語通訳として参加しましたが、英語を話される外国人の対応なども任され、刺激を与えられました。なかなか外国語を話す機会はないので自分にとってもいい経験ができたと思います。ありがとうございました。

沿道イベント

加藤 稜磨

しおさい公園(沿道イベント)

学生放送局

法学部 法律学科 3年次生
加藤 稜磨

私が神戸マラソンしおさいステージの司会を務めさせていただいたのは、去年に引き続き2回目でした。
2年連続で司会をしてわかったのは、やはり、ステージに出演される方々はランナーを応援したいという気持ちで参加されること、ランナーは私たちの応援をしっかり聞いてくれている、ということでした。残り3km地点だというのに、ランナーの皆さんは笑顔で走っていて、逆に元気をもらうほどでした。またこのような素晴らしい経験を、後輩たちにも積んで欲しいと思います。

杉村 知彦

しおさい公園(沿道イベント)

ギター部

法学部 法律学科 3年次生
杉村 知彦

私たちギター部は今年で2回目の沿道応援をさせていただきました。去年参加させていただいたということもあり、今年は心の余裕ができ学生放送局の方々、音楽系団体の皆さん、社会連携部の方々と協力してイベントを成功させることができたと思います。もちろん沿道応援も楽しく、ゴール出前3km地点にも関わらず手をふってくれたりハイタッチしてくれるランナーの方々もいて、終始笑顔の絶えないイベントでした。来年もまたこのような機会があるならぜひ参加して笑顔の絶えないイベントにしていきたいと思いました。

瀬戸 恵輝

しおさい公園(沿道イベント)

ジャズプレイヤーズクラブ

経済学部 経済学科 1年次生
瀬戸 恵輝

私達の団体は今年でボランティアに参加するのは2回目でした。
演奏は予定通りにはいきませんでしたが、ゴールに向かって頑張って走っているランナーに声や拍手で賞賛、応援することはとても有意義な事に感じ、良い経験ができたと思っています。

下浦 隼平

しおさい公園(沿道応援)

マナビ―

総合リハビリテーション学部 社会リハビリテーション学科 4年次生
下浦 隼平

今回のボランティアでは、少しでも会場の雰囲気を明るくしようと臨みました。着ぐるみを着て、ランナーの方とはもちろん、マラソンの応援に駆けつけた関係者の方々ともたくさん触れ合うことができました。応援する側ですが、ランナーの方と応援に駆けつけた方々の笑顔を見て元気をいただきました。この触れ合いを通して元気をいただき、やりがいも感じることができたため、とても貴重な体験となりました。

徳永 英美

ゴール地点(沿道イベント)

チアリーダー部

人文学部 人文学科 4年次生
徳永 英美

初めて神戸マラソンの応援に参加させていただきました。私たちはゴール付近で応援させて頂いたこともあり、とても盛り上がって、楽しく演技することができました。目の前で本学ランナーの皆さんのゴールを見届ける事ができてとても光栄です。マラソンの応援は初めてでしたが、素晴らしい思い出ができました。ありがとうございました。

給水ボランティア

芳本 真帆

第11給水所/高松橋

総合リハビリテーション学部 社会リハビリテーション学科 1年次生
芳本 真帆

今回、神戸マラソンのボランティアに参加するのは初めてで、副リーダーとしてみんなを引っ張っていく立場として覚えることや指示を出したりすることも多く本当に大変でした。しかし、リーダーを筆頭にいい経験ができたなと思っています。

M中 誠

第11給水所/高松橋

総合リハビリテーション学部 社会リハビリテーション学科 1年次生
M中 誠

私は初めてマラソンのボランティアに参加しました。ランナーの方々に声援で元気を与えたいという気持ちで参加しました。30.0km地点の給水所でボランティアをしていて「頑張ってください」と声をかけるとランナーの方々はしんどいはずなのに、笑顔で「ありがとう」と言ってくださり、逆にランナーの方々からたくさんの元気を与えてもらいました。ランナーの方々のすごさを間近で感じることができました。今までのボランティアでは経験したことがないことばかりだったので貴重な一日になりました。この体験を機に自分自身を変えていきたいです。

児玉 純一

第11給水所/高松橋

総合リハビリテーション学部 社会リハビリテーション学科 1年次生
児玉 純一

参加して感じたことは本当に人が多く、最初の頃は給水の水をランナーの人が取りやすいようにテーブルの端に置いていたのですが、中盤に大勢のランナーが給水に来ると大忙しになり、私はずっと水をコップに入れていました。説明会等で当日大変な事になるとは聞いていましたが正直、想像をはるかに超えていました。走っているランナーの顔を見る暇もない程忙しくなりました、それでも最後までちゃんと仕事が出来てよかったです。

古林 沙織

第11給水所/高松橋

総合リハビリテーション学部 社会リハビリテーション学科 1年次生
古林 沙織

以前からマラソンはよく見に行っていて、私も何か役に立ちたいと思っていたので、今回神戸マラソンの給水ボランティアに参加することが出来て本当に良かったです。ピーク時には給水が追い付かず大変でしたが、ランナーの方々が笑顔で頑張っている姿を見て、自分も頑張ろうという気持ちになり自然と笑顔になっていました。声をかけると「ありがとう」などと言って頂き、少しは私も役に立てたかなと思うと同時に元気をもらうことが出来ました。各個人が自分のできることをしたからこそ、やり遂げられたことだと思います。ボランティアを終えた時は疲労よりも達成感が勝っていました。本当に良い経験になりました。

石邨 雄作

第11給水所/高松橋

総合リハビリテーション学部 社会リハビリテーション学科 1年次生
石邨 雄作

今回初めてこのような大きなイベントに参加して、はじめは不安でいっぱいでした。でも、みんなと一緒にやっていくうちに慣れてきてうまくこなすことができました。皆で声を出して応援して、給水を配っていくうちにランナーからも「ありがとう」と言われて、とても充実した気持ちになれました。機会があればぜひ参加したいです。

宮崎 紗綾

第11給水所/高松橋

総合リハビリテーション学部 社会リハビリテーション学科 1年次生
宮崎 紗綾

今、達成感というものが私の中の大部分を占めています。大会中はランナーの方から頂けるたくさんの感謝の言葉が糧となりました。神戸マラソンのテーマである「感謝と友情」をさまざまな場面で感じながら、与えるばかりがボランティアではないと身をもって知ることのできる良い機会でした。

長野 亮太

第11給水所/高松橋

総合リハビリテーション学部 社会リハビリテーション学科 1年次生
長野 亮太

僕は初めて神戸マラソンのボランティアに参加しました。僕の仕事は30q地点での給水でした。給水は思ったよりハードでしたが、ランナーからの「ありがとう」という言葉に励まされ最後まで頑張ることができました。ランナーにエールを送るつもりが元気をもらいました。マラソンは素晴らしいと思いました。機会があればまた神戸マラソンのボランティアに参加したいと思いました。

永木 昂典

第11給水所/高松橋

総合リハビリテーション学部 社会リハビリテーション学科 1年次生
永木 昂典

私は、受付と給水のボランティアを今回させてもらいました。準備をするのが大変でしたが、仕事をしていると参加者から「ありがとう」と言う言葉をもらいました。余り言われない言葉ですが、その一言がすごくうれしくて、すごくやりがいを感じる貴重な体験でした。今回、参加させていただきありがとうございます。

松岡 美里

第11給水所/高松橋

総合リハビリテーション学部 社会リハビリテーション学科 1年次生
松岡 美里

今回の神戸マラソンが私にとって初めてのボランティア活動でした。「ありがとう」や「がんばってね」とランナーの方々に言ってもらえ、それが力になりやり遂げることができ、自信につながりました。

榊原 奎

第11給水所/高松橋

総合リハビリテーション学部 社会リハビリテーション学科 1年次生
榊原 奎

これほど大きな規模のボランティアには、初めて参加しました。いつも画面越しに見ていた光景とは違い、スタッフやランナーの勢いはとても迫力があります。その中で、僕は一つの班のリーダーをしていました。指示される立場から指示をする立場になったことで、これまでにない責任感と充実感を感じました。そして、まだまだ拙い私たちを支えて頂いたスタッフの方たちには、本当にお世話になりました。ありがとうございます。私たちにとって、この経験はとても良いものになりました。

碓永 萌

第15給水所/神戸学院大学南

栄養学部 1年次生
碓永 萌

初めて参加したボランティア、それが神戸マラソンの給水係でした。ランナーの方々からの「ありがとう」と笑顔が強く印象に残っています。
ラスト2キロ地点での給水だったので、みなさん辛そうでしたが最後まで走り抜く姿に感動しました。

大栗 千春

第15給水所/神戸学院大学南

栄養学部 3年次生
大栗 千春

私はこの神戸マラソンのボランティアが初めてでした。担当した地点が最後の給水ということもありランナーの方が気持ちよく完走できるようにしたいと思いながら活動していました。そのためずっと声援や給水を行っていたのでしんどいときもありましたが、ランナーの方々が給水活動をしている私たちにむけて「ありがとう」と言っていただけで逆に勇気をもらいました。この活動を通して人のあたたかさを知ることができていい経験になりました。

土井 玲奈

第15給水所/神戸学院大学南

栄養学部 1年次生
土井 玲奈

私は今回初めて、神戸マラソンのボランティアをさせて頂きました。ランナーの方々を元気にしたい!という思いで給水活動をしていたのですが、実際は反対に、ランナーの方々から元気を頂くことが多く、エネルギーの溢れる空間でした。とても貴重な経験をしました。またぜひ参加したいです。

田中 友梨

第15給水所/神戸学院大学南

栄養学部 1年次生
田中 友梨

私は今回神戸マラソンのボランティアに初めて参加しました。
マラソンのボランティア自体初めてだったので仕事をこなせるか不安でしたが、始まってみると楽しく行うことができました。
ランナーの方たちはとても元気で笑顔や声をかけてくれたりハイタッチなど、応援している私たちも元気をもらいました。
メンバーとも交流を深めることができ、よい時間になりました。ぜひ、来年も参加したいと思えるような達成感と楽しさを得ることができました。

藤谷 美月

第15給水所/神戸学院大学南

栄養学部 1年次生
藤谷 美月

私達は、最後の給水ポイントでボランティアをさせてもらいました。少しでもランナーの方に元気になってもらおう、という思いで取り組んでいましたが、私達の声援に「応援ありがとう」と応えてくださるランナーの方から、逆にたくさんの元気をもらいました。ランナーの方が神戸マラソンに参加された思いはそれぞれ違うと思いますが、私達みんなの『完走してほしい』という思いがランナーの方へ届いていれば幸いです。滅多にできない貴重な体験ができ良かったです。

森田 将伍

第15給水所/神戸学院大学南

経済学部 経済学科 2年次生(ボランティア支援室学生スタッフ)
森田 将伍

昨年も参加させていただいて、今回で神戸マラソンのボランティアは2回目になりました。本来は私たちが元気を与えるのですが、ランナーの方に「ありがとう」「お疲れ様です!」と言われて逆に元気をいただきました。
その他にもボランティアの方々と連携して活動ができたり、楽しく出来たと思っています。来年もぜひ参加させていただきたいと思いました。

岡本 志穂

第15給水所/神戸学院大学南

薬学部 薬学科 1年次生
岡本 志穂

今回初めて神戸マラソンのボランティアに参加しましたが、頑張っている人を応援することで自分も頑張ろうと思うことができました。私たちが給水を行った神戸学院前はゴールの2キロ前でランナーのみなさんもとても疲れているにもかかわらず私たちに「ありがとう」「おつかれさま」「がんばって」と声をかけてくださり、たくさん元気をもらうことができてとても貴重な経験ができました。また、このようなボランティアをさせていただく機会があればぜひ参加したいと思います。

西村 和真

第15給水所/神戸学院大学南

経営学部 経営学科 3年次生
西村 和真

私は初めてマラソンのボランティアに参加しました。私たちのグループは残り約2q地点で給水の担当をしました。初めての参加、個人での応募で不安なこともありましたが、私たちのグループのメンバーに経験者がいたので、教えてもらいながら作業を進めました。学年、学部関係なくみんなで作業を進めることができました。給水の準備も終わり、ランナーの方が来ると、拍手をし声援をおくりました。ランナーの方はいろんな服装で私たちを楽しませてくれました。私たちの応援を聞いて笑ってくれたり、ハイタッチ等を行いました。多くのランナーの方たちと触れあうことができました。いろんな思いで走っているランナーの方たちを見て、自分も頑張ろうと思いました。ランナーの方から「ありがとう」などという感謝の言葉をもらい、少しでも力になれていると実感をしました。
神戸マラソンというイベントをみんなで盛り上げ充実した時間を過ごすことができ、貴重な体験ができました。

山下 大貴

第15給水所/神戸学院大学南

法学部 法律学科 3年次生
山下 大貴

朝からとてもわくわくしていました。
ボランティア参加は初めてだったので周りの様子を見つつ、リーダーに聞きつつしました。
笑顔で、明るく、ランナーを励ませれるような言葉をかけるよう努力をしました。僕も、地元のマラソン大会を走る経験したので、次は僕が応援するつもりで声掛けしました。水をくむ人が集中してる場合は、何をしたらよいのか判断して段ボール潰しなどにまわりました。ランナーは、自分の事で一生懸命で疲れているのにも関わらず、僕たちの声援に笑顔で応じてくれた姿に感動し、勇気を貰いました。

溝口 摩耶

第15給水所/神戸学院大学南

人文学部 人文学科 1年次生
溝口 摩耶

今回、大学生になって初めてのボランティア活動でした。
入学して部活動もサークル活動も面倒くさがって参加せず、授業とアルバイトだけで同じような毎日をさすがに物足りなく感じ、地元神戸でのボランティア活動に興味がわいたので、友人を誘って参加させていただきました。もともと自分が、人のために何かしてあげることが好きだったということもあり、久しぶりのボランティア活動は予想以上に楽しく、心が満たされました。何十キロと走ってきた相当な疲労の中、少しでも気持ちが軽くなるように、とはじめに掲げた抱負通り、できる限りランナーさん一人一人の顔を見て笑顔を送りました。驚いたのは、わたしたちの笑顔に笑顔を返してくださったり、手をふって「ありがとう」などと言ってくださった方がいらっしゃったということです。私はそのことがとてもうれしくて、応援の声にも自然と力が入っていました。今回の参加をきっかけに、来年のボランティア参加の意欲も高まりました。

田中 沢篤

第15給水所/神戸学院大学南

経済学部 経済学科 2年次生/スポーツマネジメントユニット
田中 沢篤

神戸マラソンのボランティアに参加したことで今まで感じたことのないような人のすごさを感じることができました。私はリーダーを務めさせてもらいましたが、すべてのボランティア、すべてのランナーが笑顔で取り組んでいました。その光景を目にし、リーダーという不安がなくなりました。楽しく、そして気持ち良く取り組む事ができました。今回、神戸マラソンに参加し本当に良かったと思っています。そして、すべての人たちに感謝したいと思います。

鈴木 ひとみ

第15給水所/神戸学院大学南

栄養学部 2年次生
鈴木 ひとみ

今回このボランティアに初めて参加しました。ランナーの方が声をかけてくださると逆に元気をいただき、自然と応援にも力が入って本当に参加して良かったと思います。人との触れあいが大事であることを再確認できた貴重な1日でした。
普段の生活では経験することのできないことを経験できて、本当に良かったと思います。

春山 貴紀

第15給水所/神戸学院大学南

経済学部 経済学科 3年次生/スポーツマネジメントユニット
春山 貴紀

私は今回のマラソンのボランティアが初めてのボランティア活動でした。私にとってマラソンはテレビでしか見たことがなく、実感の湧きにくいものでした。今回はランナーの方々にとって最終の給水地点での給水活動を任されました。ランナーの方々と触れ合うことができ、私たちが元気を頂くこともありました。私の行動がランナーの方々の力になり、感謝されることの喜びを感じ、ボランティアをして良かったと思えました。

給食ボランティア

桂田 優利

ランナーサービス(フィニッシュ会場)

人文学部 人間心理学科 1年次生(ボランティア支援室学生スタッフ)
桂田 優利

私たちは今回、フィニッシュ会場での給食のボランティアをさせていただきました。ゴールされたランナーさん一人一人に声をかけながらバナナを配りました。その度に、ランナーさんから「ありがとう」をいただきました。それぞれが何かしらの想いを持って走られています。そして完走していました。その姿を見て、感動をもらいました。ボランティアは、誰かの為にしているようで、実は自分が得ているものの方が大きいということを、改めて感じました。
私は、今回が初めての神戸マラソンのボランティアでしたが、また来年も参加したいと強く思いました。神戸マラソン最高!感動をありがとう!

田辺 雄士朗

ランナーサービス(フィニッシュ会場)

総合リハビリテーション学部 社会リハビリテーション学科 1年次生
田辺 雄士朗

今回初めての参加になりましたが、たくさんの経験をさせていただきました。給食を渡すたびにランナーの人達の役に立っていることが実感できてうれしかったです。立ちっぱなしの作業でとても大変だったけど、達成感がありました。また、別のボランティアがあれば、やってみたいと思いました。

松田 治

ランナーサービス(フィニッシュ会場)

総合リハビリテーション学部 社会リハビリテーション学科 1年次生
松田 治

私は、今回初めてマラソンボランティアに参加したのですが、ボランティアの立場にある私が走り終わったランナーの方に元気をもらっていたと思います。ランナーの方からの「ありがとう」、「ご苦労様」という言葉をかけられるたびに頑張ろうという気持ちになっていました。また、たくさんの人と関わることで私自身にとって、とてもいい経験にすることができた。また、このようなボランティアの機会があれば参加してみたいと思います。

長ア 亮汰

ランナーサービス(フィニッシュ会場)

経済学部 経済学科 2年次生/スポーツマネジメントユニット
長ア 亮汰

今回初めて神戸マラソンのボランティアとして参加させて頂きました。最初は、リーダーとしてみんなをまとめられるか本当に不安でしたが、班のみんなが積極的に動いてくれたり、協力してくれたおかげで無事終えることが出来ました。感謝したいです。ありがとう。
僕の班は、ゴールされたランナーにバナナを手渡す作業でした。渡すまでに、バナナを何万本も用意しないといけなかったのですが、班のみんなが手際よく作業してくれたおかげでスムーズに進みました。渡すとき、多くのランナーから「ありがとう、お疲れ様亅の一言にやりがいを感じましたし、渡していても気持ちよかったです。
こういう、経験は本当に自分の為にもなるし社会に出ても役に立つと思うので積極的にボランティア活動には参加したいと思いました。

救護ボランティア/固定AED隊

佐藤 雅昭

3km地点(御旅公園)

人文学部 人文学科 3年次生/防災・社会貢献ユニット
佐藤 雅昭

今回で2度目のAED隊として神戸マラソンのボランティアに参加しました。一般のボランティアスタッフと違い、AED隊は市民救命士の資格を有する者しかなれず、人の命に直接的に関わるスタッフになるので、緊張感を持って参加しました。大きな事故や、ケガ、またAEDを使うことなく終えれたのでよかったです。神戸マラソンでは老若男女のさまざまな市民ランナーの方が、それぞれ決めた目標、ゴールに向かい走られてる姿を見て、私自身が元気をいただきました。また、お手伝いできる機会があれば参加したいと思います。

象橋 荘仁

11km地点(須磨一ノ谷プラザ)

法学部 法律学科 2年次生/防災・社会貢献ユニット
象橋 荘仁

今回、11キロ地点のAED隊をしました。去年は部活でボランティアをしました。今回は救命ボランティアで責任が大きく緊張しました。私の担当場所で、ランナーが体調を崩し、救急車を呼ぶ事態になりましたが深刻な状態ではなかったので、安心しました。とにかく、AEDを使用する事態にならず無事終えることができて良かったです。

川口 颯

24km地点(須磨浦公園駅)

人文学部 人文学科 3年次生/防災・社会貢献ユニット
川口 颯

ランナーの人たちが目の前で一生懸命走っている姿を見ていると、自分の仕事をやりとげようと思いましたし、彼らから多くの元気をもらうことができました。テレビで見る時とは違い、沿道でマラソンを見ると、いつか自分も走ってみたいなと思いました。

32.2km地点(須磨浦公園駅)

薬学部 1年次生
中江 泰彦

固定AED隊として参加して、もしランナーが倒れたらどうしようという不安がありました。ランナーの方が一生懸命走る姿を近くで見ることで、元気を分けてもらえる気がしました。今回のボランティアでとても良い経験が出来ました。

32.2km地点(須磨浦公園駅)

薬学部 1年次生
大元 知貴

今回初めてマラソンのボランティアをしたので、もしランナーが倒れたり、大怪我がおこったりしたらどうしようとドキドキしていたが、あまり大きな事故がなくて安心した。ずっと立っているだけだったので応援などの声かけをすればよかったなと今になって思う。

39km地点(ポーアイ西ランプ)

薬学部 3年次生
相阪 洋平

第3回神戸マラソンは快晴で絶好のマラソン日和となりました。自分は39km付近で固定AEDとして参加して感じたことは、もう少し給水ポイントかボランティアに給水用のペットボトルを配布して下されば、なお良い環境ではなかったのかなと思いました。

39.5km地点(ポーアイ西ランプ)

薬学部 2年次生
秋山 翔

今年の神戸マラソンもほとんど怪我人が出ず、無事に終えることができてよかったです。自分が担当した39.5km地点では、足がつってしばらく動けなかった方や少し気分が悪く嘔吐している方がいましたが、自力で歩けたためなんとかゴールを目指していいる姿が印象的でした。

ページトップへ