1. 神戸学院大学
  2. 社会貢献・生涯学習
  3. 生涯学習
  4. 市民夏季防災大学

市民夏季防災大学

昨年度まで、本学の学際教育機構が「神戸市民夏季防災大学」として、10年間実施してきました。
10年をひと区切りとし、今年度より現代社会学部が主催し、皆様にホットな話題を提供するため、新たに「市民夏季防災大学」として開催します。
皆様のお越しをお待ちしています。

メインテーマ ― 2016年の熊本地震から学ぶこと ―
開催日 2017年7月15日(土)・9月2日(土)・10月14日(土)・10月28日(土)
時間 13:45〜15:15
場所 ポートアイランドキャンパス D号館2階 D202講義室
※9月2日(土)のみB号館 B105講義室
受講料 無料
主催 神戸学院大学
申込方法 ハガキ、FAX、Eメールのいずれかに下記内容をお送りください。
@氏名・ふりがな A郵便番号・住所 B電話番号 C年齢 Dご職業 E受講希望日
【受講証】は発行いたしませんので、お申込みの講座実施日時に直接会場にお越しください。

※お申込みいただいた皆様の個人情報は、神戸学院大学が実施する生涯学習事業以外には使用いたしません。また、予めご本人の同意を得ることなく第三者に提供することはありません。
FAX 078-974-2549  お申込書はこちら(PDF形式)
E-mail dpsummerc@j.kobegakuin.ac.jp
宛先 〒650-8586 神戸市中央区港島1丁目1−3 神戸学院大学内「市民夏季防災大学」事務局宛
交通機関 ポートアイランドキャンパスへの交通経路と所要時間
■電車:JR「三ノ宮」駅、阪急・阪神「神戸三宮」駅、地下鉄「三宮」駅より
    神戸新交通ポートライナー「みなとじま」駅(三宮駅より9分)下車
    西へ徒歩約6分
■バス:神戸学院大学行直通バス 三宮→神戸学院大学(ポートアイランドキャンパス)
    (三宮から約15分)
    *公共交通機関をご利用ください。学内の駐車場はご利用いただけません。
お問合せ 神戸学院大学「市民夏季防災大学」事務局
TEL:078-974-4042

開催内容

月日 講演テ−マ 担当講師
7月15日(土)
「熊本地震――軽度被災者の”学び”の一年半」
2回連続した大地震のあと、「3回目が起きるのでは?」という不安が頭から離れなかった。しかし、誰も答えを明言してくれない。マスコミ報道をもとに私個人が自分なりに考えてきたことを、語らせていただきたい。
渡辺 千賀恵先生
(東海大学名誉教授)
9月2日(土)
「熊本地震発生後に、何かが発生したら」
〜複合災害の危険性〜
加藤清正が築城したと言われている熊本城を襲った地震。もし、この地震発生直後に豪雨に襲われれば、どのような事態になっていたか?南阿蘇の地すべりも巨大化していたであろう。さらに、都市域では?「ジオラマ」を使い、都市域に潜む水災害の危険性について考えたい。
中山 学先生
(神戸学院大学 現代社会学部 社会防災学科准教授)
10月14日(土)
2016熊本地震からの創造的復興に向けて
〜 地域に寄り添った復興計画づくり 〜
熊本は、昨年の4月に2度最大震度7の地震を経験しました。2度の地震は、多くの生命と財産を奪うとともに、我々の社会に大きな爪痕を残していきました。熊本は、今、まさに震災から復興への第1歩を踏み出したところです。本講座では、被災地の現状と課題、および復興へ向けた取り組みを紹介します。
柿本 竜治先生
(熊本大学大学院自然科学研究科教授)
10月28日(土)
「熊本地震で起きたこと」
〜その後 何が分かり 何が未解明か〜
2016年4月14日21時28分さらにその約26時間半後に最大震度7が熊本地方を襲った。多くの家屋やライフラインに被害が出た。調査結果から何が分かり、何が未だ未解明か、さらに将来の大地震にどのように備えるべきかについて考えたい。
中山 学先生
(神戸学院大学 現代社会学部 社会防災学科准教授)

交通機関の運休と特別警報または暴風警報の発令に伴う市民夏季防災大学の取り扱いについて

交通機関が運休の場合及び特別警報または暴風警報が発令された場合は、市民夏季防災大学を中止といたします。

午前10時現在、下記交通機関が運休している場合、市民夏季防災大学は中止します。

対象は次のとおりです。(※人身事故等による臨時運休の場合は対象外)
@JR西日本(姫路〜大阪間の全部又は一部の区間)
A神戸新交通ポートアイランド線〈ポートライナー〉(三宮駅〜みなとじま駅間)

午前10時現在、特別警報(すべての特別警報)または暴風警報が発令されている(大雨、洪水警報は対象外)場合、市民夏季防災大学は中止します。

対象は次のとおりです。

  • 予報一次細分区域における
    兵庫県南部に発令された場合
  • 予報二次細分区域における
    阪神、播磨南東部、淡路島のいずれかに発令された場合(北播丹波、播磨北西部、播磨南西部は対象外)
  • 市町における
    次のいずれかの市町に発令された場合
    神戸市、尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市、宝塚市、川西市、三田市、猪名川町(以上阪神)
    明石市、加古川市、三木氏、高砂市、小野市、加西市、加東市、稲美町、播磨町(以上播磨南東部)
    洲本市、南あわじ市、淡路市(以上淡路島)

問い合わせ先

神戸学院大学「夏季防災大学」事務局
〒650-8586 神戸市中央区港島1丁目1−3
神戸学院大学内「夏季防災大学」事務局宛
TEL 078-974-4042

ページトップへ