神戸学院大学

社会連携

2018年度 神戸学院大学教員免許状更新講習(html版)

神戸学院大学 教務センター 教員免許状更新講習担当
Tel 078(974)1551(代)
Fax 078(974)2313
E-mail:kyoshoku@j.kobegakuin.ac.jp

講習E「【選択】古典指導における今日的課題」において、木村雅則特任講師を追加させていただきました。(6/13)

「5.受講者決定のお知らせ」において,受講可否の郵送時期を誤って「6月上旬」と記載しておりました。正しくは「6月下旬」です。お詫びして訂正いたします。(6/14)

1.概要

 神戸学院大学では、平成21年度から導入された「教員免許更新制」のための教員免許状更新講習として、全ての受講者が受講する「必修領域」(6時間)を2講座、受講者が所有する免許状の種類、勤務する学校の種類又は教育職員としての経験に応じ、選択して受講する「選択必修領域」(6時間)を3講座、受講者が任意に選択して受講する「選択領域」(6時間)を15講座、それぞれ開講します。教員免許状を更新される方には、修了確認申請期間内に、「必修領域」講習を6時間以上、「選択必修領域」講習を6時間以上、「選択領域」講習を18時間以上の、計30時間の受講が求められます。

2.実施する講習日程

(各講習名・担当講師をクリックすると、講習内容と講師の略歴が表示されます。)

◇ 必修領域:(募集人員 各100名)

講習
記号
(※1)
講習名 担当講師
(※2)
時間数 受講対象者
(※3)
開催日程 開催キャンパス
A1 【必修】教育の最新事情 立田 慶裕(人文学部教授)
道城 裕貴(心理学部准教授)
6 全教員 7月30日(月) 有瀬キャンパス 
A2 【必修】教育の最新事情 立田 慶裕(人文学部教授)
道城 裕貴(心理学部准教授)
6 全教員 8月3日(金) ポートアイランドキャンパス

◇ 選択必修領域:(募集人員 各100名)

講習
記号
(※4)
 講習名 担当講師
(※2)
時間数 受講対象者
(※3)
開催日程 開催キャンパス
B1 【選択必修】教育の情報化を踏まえたこれからの教育内容・方法の変化 水谷 勇(人文学部教授) 6 全教員 8月2日(木) 有瀬キャンパス
B2 【選択必修】学校と家庭・地域連携のあり方 井上 豊久(人文学部教授) 6 全教員 8月3日(金) 有瀬キャンパス
B3 【選択必修】社会学的視点から見た学校教育と教育文化 岩本 茂樹(現代社会学部教授)
都村 聞人(現代社会学部准教授)
6 全教員 7月31日(火) ポートアイランドキャンパス

◇ 選択領域:(募集人員 各30名)

講習
記号
(※5)
 講習名 担当講師
(※2)
時間数 受講対象者
(※3)
開催日程 開催キャンパス
C1 【選択】人の健康を守る! 藤田 誠一(栄養学部教授)
大平 英夫(栄養学部准教授)
6 全教員 7月31日(火) 有瀬キャンパス
C2 【選択】人の健康を守る! 藤田 誠一(栄養学部教授)
大平 英夫(栄養学部准教授)
6 全教員 8月1日(水) 有瀬キャンパス
D1 【選択】学校カウンセリングの実際 村井 佳比子(心理学部准教授)
毛 新華(心理学部講師)
長谷川 千洋(心理学部教授)
6 全教員 7月31日(火) 有瀬キャンパス
D2 【選択】学校カウンセリングの実際 村井 佳比子(心理学部准教授)
毛 新華(心理学部講師)
長谷川 千洋(心理学部教授)
6 全教員 8月1日(水) 有瀬キャンパス
E 【選択】古典指導における今日的課題 中村 健史(人文学部准教授)
木村 雅則(共通教育センター特任講師)
6 小・中・高等学校教諭(主に国語科担当向け) 7月31日(火) 有瀬キャンパス
F 【選択】高校教科書に出ている経済学者の学説を現代日本経済の視点から考える 佐藤 伸明(経済学部教授)
竹治 康公(経済学部教授)
6 全教員 8月1日(水) 有瀬キャンパス
G1 【選択】子どもの健康とこれからの福祉 備酒 伸彦(総合リハビリテーション学部教授)
阪田 憲二郎(総合リハビリテーション学部教授)
佐野 光彦(総合リハビリテーション学部准教授)
加藤 雅子(総合リハビリテーション学部講師)
6 全教員 8月2日(木) 有瀬キャンパス
G2 【選択】子どもの健康とこれからの福祉 備酒 伸彦(総合リハビリテーション学部教授)
阪田 憲二郎(総合リハビリテーション学部教授)
佐野 光彦(総合リハビリテーション学部准教授)
加藤 雅子(総合リハビリテーション学部講師)
6 全教員 8月3日(金) 有瀬キャンパス
H 【選択】日本における第二外国語教育の可能性と問題点 池田 磨左文(共通教育センター准教授)
森田 昌美(共通教育センター准教授)
6 全教員 8月2日(木) 有瀬キャンパス
I 【選択】動詞をめぐる英文法の指導 出水 孝典(人文学部教授) 6 小・中・高等学校教諭(主に英語科担当向け) 8月3日(金) 有瀬キャンパス
J 【選択】英語音声指導の理論と実践 中西 のりこ(グローバル・コミュニケーション学部教授) 6 小・中・高等学校教諭(主に英語科担当向け) 7月30日(月) ポートアイランドキャンパス
K1 【選択】良好な対人関係を構築するために必要なコミュニケーションスキル 上町 亜希子(薬学部講師) 6 全教員 7月30日(月) ポートアイランドキャンパス
K2 【選択】良好な対人関係を構築するために必要なコミュニケーションスキル 上町 亜希子(薬学部講師) 6 全教員 8月2日(木) ポートアイランドキャンパス
L 【選択】非正規雇用(特に有期労働契約)の問題について 表田 充生(法学部教授)
田中 裕明(法学部教授)
6 全教員 8月1日(水) ポートアイランドキャンパス
M 【選択】国際化の進展と企業活動 江頭 寛昭(経営学部教授)
安井 一浩(経営学部教授)
辻 幸恵(経営学部教授)
6 全教員 8月1日(水) ポートアイランドキャンパス
  • 1 必修領域の講習は、A1・A2のいずれかを受講ください。

  • 2 日程表記載の講師が担当することを予定していますが、一部変更の可能性もあります。

  • 3 記載されていない学校種・免許教科の先生方の受講も可能です。
    ただし、以下の3講習については、栄養教諭と養護教諭は受講対象外です。
    E 【選択】古典指導における今日的課題
    I 【選択】動詞をめぐる英文法の指導
    J 【選択】英語音声指導の理論と実践

  • 4 選択必修領域の講習は、B1・B2・B3のいずれかを受講ください。

  • 5 選択領域の講習のうちC・D・G・Kは2講習ずつ開講しますが、それぞれ同一内容の講習です(日程のみ異なります)。重複しての受講はできません。

3.受講料

必修領域:<6時間> 受講料:6,000円(1講習)
選択必修領域:<6時間> 受講料:6,000円(1講習)
選択領域:<6時間> 受講料:6,000円(1講習)

4.申込み方法

 申込は、6月8日(金)の消印をもって終了させていただきました。多くのお申込みをいただき、ありがとうございました。

5.受講者決定のお知らせ

 6月下旬に受講の可否を郵送にてお知らせします。7月2日(月)までに通知がない場合は、教務事務室教員免許更新講習担当までお問い合わせください。

6.受講料納入期限

 7月17日(火)までに所定の振込依頼書にて受講料を納入してください。期限内に受講料を納入いただけない場合は、受講申し込みを取り消されたものとして処理させていただきます。受講料の納入確認後、受講者証をお送りします。

本人確認のため、受講者証には申込書と同じ写真をご用意ください。

7.受講の取り消しについて

 抽選にて受講者を決定する場合がありますので、受講取り消しのないようにお願いします。やむを得ず取り消される場合は、教員免許状更新講習受講申込取消届をダウンロードし、7月17日(火)(消印有効)までに郵送により提出してください。
受講料納入後に受講を取り消される場合は、受講料から事務手数料として、1講習ごとに1,000円を差し引いた額を返金します。
なお、7月18日(水)以降に届け出があった場合、または届け出なく講習に欠席した場合は受講料の返金をいたしません。

取消届送付先
〒651-2180
神戸市西区伊川谷町有瀬518番
神戸学院大学 教務事務室 教員免許更新講習担当 宛

8.講習当日

筆記用具は各自でご持参ください。講習開始時刻は午前9時です。終了は午後5時を予定しています。
遅刻・欠席は認められません。学内に駐車場は用意しておりませんので、公共交通機関をご利用ください

9.修了認定

 8月下旬に修了認定結果を発送します。9月7日(金)までに届かない場合はお問い合わせください。

10.保険の加入

 講習受講に係る保険については、各受講者が必要に応じて加入してください。

11.申込者の個人情報の取り扱い

 本学では、申込書類から取得した個人情報及び認定試験の実施等により取得した個人情報について、講習受講及び履修認定に関する業務、および都道府県教育委員会より履修認定に関する照会があった場合についてのみ使用します。

12.暴風警報及び特別警報が発令された場合の取り扱い

 暴風警報及び特別警報が発令された場合及び公共交通機関が運休の場合、本学の授業・試験運営上の規程にもとづき休講します。このとき、代替日をお示しするとともに、代替日への出席がかなわない方には、当該講習の受講料を全額返金 します。

13.その他

 ご不明な点は、神戸学院大学教務センター 教員免許状更新講習担当までお問い合わせください。

E-mail:kyoshoku@j.kobegakuin.ac.jp

【必須】教育の最新事情

 世界とわが国における近年の社会状況の変化や教育改革の動向を踏まえ, 「教職についての省察」「子どもの変化についての理解」「教育政策の動向についての理解」 及び「学校内外における連携協力のあり方」等の問題について,最新の情報をもとに理解を深める。

【必修】教育の最新事情

 世界とわが国における近年の社会状況の変化や教育改革の動向を踏まえ, 「教職についての省察」「子どもの変化についての理解」「教育政策の動向についての理解」 及び「学校内外における連携協力のあり方」等の問題について,最新の情報をもとに理解を深める。

【選択必修】教育の情報化を踏まえたこれからの教育内容・方法の変化

 講師が所属する「日本教育方法学会」「日本カリキュラム学会」などの学会動向にも触れながら,また,中央教育審議会はじめ国の審議会での議論状況を踏まえながら,IT機器や環境の急速な変化を踏まえた教育の情報化に焦点を当てて,最新の状況を紹介・講義するとともに,受講者相互による実践交流を交えつつ,実り多い講習会を目指す。

【選択必修】学校と家庭・地域連携のあり方

 本講習では,メディアとの新しい関係づくりの必要など,今の教育や学校が置かれている現状と課題,学校と家庭・地域の連携に関する基礎・基本の理解をまず図る。次に,事例検討,ワークショップなどを行うことにより,実践的な力量を高める。ワークショップでは楽しく体験学習を進める技能や留意点を学ぶ。

【選択必修】社会学的視点から見た学校教育と教育文化

 現代の教育問題は,教育以外の社会事象とも綿密に関連し,複雑さを増している。いいかえれば,教育現象はきわめて社会学的な研究対象といえる。さらに,学校現場においては,教師の意図した「善なる営み」にもかかわらず,生徒・保護者だけにとどまらず,学校をとりまく社会からの攻撃対象となってしまうこともある。本講習では,社会学的な視点から「学校教育」と「教育文化」について,みなさんと共に考えたいと思っている。

【選択】人の健康を守る!

 総人口の4人に1人が65歳以上になった現在,生活習慣病に対する予防が重要である。本講習では,迎えた超高齢化社会における生活習慣病等の疾病,合併症の予防について,2つの観点から講義を行う。第1は,食べ物にはどのような栄養素や成分が含まれ,どのように摂取すれば,健康維持・増進が図れるのかというものである。第2は,医療機関で実施されている,治療にとどまらない予防医学や疾患の早期発見にかかわる検査の側面である。この2つの観点から,疾病,合併症をいかに予防し,健康に生活しうるかを学ぶ。

【選択】学校カウンセリングの実際

 学校でカウンセリングを生かしたホームルーム運営、カウンセリングを生かした生徒指導を行うことができ るよう、体験学習と解説を行う。教育相談係の仕事内容や保護者との人間関係も考えたい。児童・生徒、教員自身のこころの健康も考える。

【選択】古典指導における今日的課題

 学習指導要領の改訂や新テストによって,中学・高校における古典指導は大きく変化しようとしています。言語活動のより積極的な導入や現代文との接続・融合,あるいはひろくグローバル化時代における古典の意義など,さまざまな課題を多角的に考えてゆきたいと思います。

【選択】学校カウンセリングの実際

 本講習では,高校の「現代社会」「政治経済」の経済分野に見られる経済学説の妥当性を 現代日本経済の脈絡において考える。教科書の内容は経済社会制度と経済理論の教義の説明から構成されている。後者は,概ね,過去の大経済学者の学説を簡略化した内容となっている。本講習は,このような経済学説のより深い内容理解を目標としている。

【選択】子どもの健康とこれからの福祉

 各講師が分担して次のようなテーマをとりあげ講習を行う。

  1. 児童生徒の心の健康、学校精神保健におけるメンタルケアについて
  2. アジアのイスラム社会と子どもたち―異文化を理解する
  3.             
  4. 「学びやすくする」ための課題の提示法や姿勢への工夫・道具の紹介
  5. 「人に関わる」、「時代と共に変わる」、似た特徴をもつ教育と介護について

【選択】日本における第二外国語教育の可能性と問題点

 日本語を母語とする者にとっての「外国語」といえば圧倒的に英語である。本講習では,英語を第一外国語とした場合、それに続く第二外国語をどのように教えるかについて考察することをテーマとする。前半では,日本語を母語とする者が中国語を学ぶことの意義や方法等について考える。後半では,ドイツ語第一回目の授業を例に取り,教師の持つ学習観・教授観について考察を進める。日本における第二外国語教育をめぐる事例を通して,日本社会における多言語使用の方向性についても検討する。

【選択】動詞をめぐる英文法の指導

動詞の意味と形の理解は,英語を運用する上での要となります。進行形・完了形・受動態・分詞にした場合にどんな意味になるのかをきちんと理解するために,自動詞 vs 他動詞や状態動詞 vs 動作動詞といった区別よりも,もっと詳細な動詞の意味区分に関する知識が役立ちます。本講座ではそれをわかりやすい形で提供します。

【選択】英語音声指導の理論と実践

  1. 理論編:英語発音指導の目的や基準、英語と日本語の調音のしくみ(分節音・超分節音)の違いについて理解を深めます。
  2. 実践編:英文原稿を読んだものを録音し、自分自身の英語発音の特徴を客観的に分析します。
  3. 応用編:理論編と実践編を通して気づいたことを活かし、音声指導計画を立てます。
  4. 指導計画に基づいてミニ模擬授業もしくは振り返りを発表します。

【選択】良好な対人関係を構築するために必要なコミュニケーション

コミュニケーションは生きていくなかで自然に修得できるものと思われがちだが、実はコミュニケーションは学ぶものである。この講習では、教育現場の状況を踏まえつつ、「伝える力」と「自己開示スキル」を中心に、コミュニケーションを学ぶことによる「気づき」がどのように対人関係に影響を及ぼすのかワークを通して考えてみたい。また、医療人教育(医師、薬剤師、看護師等)のコミュニケーション領域の学習方略とその実際について紹介する。なおこの講習は受講者参加型形式で行うので、積極的な参加をお願いしたい。

【選択】非正規雇用(特に有期労働契約)の問題について

格差社会の問題が唱えられ始めてから随分と年数も経っているが、その問題の根底にある一つの要因でもある非正規雇用の問題について取り扱う。非正規雇用の対象となっている非正規労働者(パートタイマー、アルバイト、契約社員、及び、派遣労働者等)に関する特徴の一つに、有期労働契約を締結しているという点があるが、今回の講習では、この有期労働契約にスポットを当てて、法的な問題点を検討していく予定です。

【選択】国際化の進展と企業活動

1990年代以降、日本の製造企業の減少は著しく、その一因として生産拠点の海外シフトを伴う内外の企業間競争の激化とものづくりの多国籍化が進んでいることが挙げられます。また、訪日外国人の急増や海外資金の流入など国内の企業活動の面でも、新たなニーズへの対応が求められています。こうした国際化の動きは日本企業の活動にも大きく影響しています。この講習では国際化に伴う企業活動への影響とそれへの対応について解説します。以上により、進行する国際社会で子どもたちがどのように生きうるか、考える機会を提供します。