1. 神戸学院大学
  2. 社会貢献・生涯学習
  3. 教員免許状更新講習

Q&A よくいただくご質問

受講の方法について

受講の可・不可について

修了確認期限について

講習当日について

身体に障がいを有する場合の配慮について

講習終了後のことについて

その他、参考となるウェブサイト

受講の方法について

Q1. 申し込みは先着順ですか?

A1. 先着順ではありません。したがって、急いで申し込んでいただく必要はありません。期限までにお申し込みいただければ大丈夫です。ただし、定員を超えた場合はランダムで抽選を行います。

Q2. 希望する講習の抽選に外れた場合、2次募集は実施されますか?

A2. 申し訳ありませんが、2次募集等は行っておりません。

Q3. 「主な受講対象者」に該当しなくても、受講できますか?

A3. 基本的に受講できます。ただし、以下の2講習については、栄養教諭と養護教諭は受講対象外です。

@E【選択】グローバル化時代の日本古典
AI【選択】英語音声指導の理論と実践

Q4. 受講対象者であることをどこで確認できますか?

A4. 以下の文部科学省のウェブサイトで確認できます。
教員免許更新制「【1】受講対象者について」

Q5. 全領域ではなく、特定の領域のみ(たとえば必修領域のみ等)を受講することは可能ですか?

A5. 可能です。

Q6. 2016年度から「選択必修領域」が導入されました。2015年度以前に修了している講習との兼ね合いはどのようになりますか?

A6. 改正前の講習を既に受講し、履修認定を受けた方には、以下の経過措置が適用されます。

  • 改正前の必修領域講習(12時間)の履修認定を受けた方については、新講習の必修領域講習(6時間)および選択必修領域講習(6時間)の履修認定を受けたとみなす
  • 改正前の選択領域講習(6〜18時間)の履修認定を受けた方については、新講習の選択領域講習(6〜18時間のうち同時間)の履修認定を受けたとみなす
  • ただし、所定の期間内の履修認定に限ることについては、従前のとおりである

受講の可・不可について

Q7. 現在、学校の先生として働いていませんが、受講できますか?

A7. 基本的に受講できません。この制度は現職の先生方が念頭に置かれていて、免許状を保有しながら、学校現場で勤務されていない方は対象外となっているためです。しかしながら、本学ではできる限り門戸を広げるため、@各都道府県教育委員会で講師登録をしていただき、A『申込書』にて当該教育委員会に証明を受けていただければ、受講可能としています。ただし、申し込まれた講習で抽選が行われる場合は、現職の先生を優先させていただくことになります。

Q8. これから学校で先生として働く予定はありませんが、免許状の更新だけはしたいと考えています。受講は可能ですか?

A8. 受講できません。Q&A7のとおり、講師登録等を行っていただいて、今後働く可能性を示していただくことが最低限の条件となります。

修了確認期限について

Q9. 修了確認期限は、どこで確認できますか?

A9. 以下の文部科学省ウェブサイトで確認できます。
教員免許更新制「修了確認期限をチェック」
なお、育休等で修了確認期限を延長された方は、そのことに伴って修了確認申請期間も後ろ倒しされていることにご注意ください。本講習は法令上、修了確認期限の2年2ヵ月前から受講することになっているため、それ以前に受講されても、免許状の更新に意味を持ちません。特に育休等で修了確認期限を延長された方は、修了確認申請期間が始まる前に講習を受講してしまうというケースが、全国的に多発しています。

Q10. 修了確認期限までに講習の修了確認を受けなかったため、免許状が失効しています。それでも受講できますか?

A10. Q&A7の条件を満たしていただければ、受講可能です。ただし、その後改めて免許状を申請する手続き等は、ご自身で行っていただくことになります。なお、教員免許更新講習の制度改正に伴う経過措置(Q&A6.)については、免許状が失効している非現職教員にも適用されます。

講習当日について

Q11. 講習当日の持ち物は何が必要でしょうか?

A.11. 筆記用具と、体温を調節できる上着等をお持ちください。

Q12. 講習当日の昼食は、学生食堂を利用することはできますか?

A12. 利用できます。

Q13. 大学まで車やバイクで行きたいのですが、可能ですか?

A13. 大学内に駐車場はありません。近隣の民営駐車場に停めていただくか、できるだけ公共交通機関でお越しください。

Q14. 講習を欠席・遅刻・早退することはできますか?

A14. できません。この制度は時間数が修了認定のための主要な要素になっているためです。

Q15. 履修認定試験に不合格の場合、再試験は受けられますか?

A15. 再試験は実施しておりません。

身体に障害を有する場合の配慮について

Q16. 身体に障がいを有する場合の配慮はありますか?

A16. 最大限の配慮をいたします。設備の面から十分な対応が可能かどうか検討させていただきたいので、予めご連絡いただけますと幸いです。

講習終了後のことについて

Q17. 修了(履修)証明書はいつ頃発送されますか?

A17. 8月31日(木)に発送予定です。万が一9月に入ってもお手もとに届かなければ、恐縮ですがご連絡ください。

Q18. 修了(履修)証明書を紛失しました。どうすればよろしいですか?

A18. 再発行いたしますので、ご用命ください。

その他、参考となるウェブサイト

本制度の基礎的な理解に資するウェブサイトを、以下のとおりご紹介します。
更新講習の基礎的理解のために参照できるウェブサイト

  1. 教員免許更新制Q&A(文部科学省)
  2. 教員免許更新制(文部科学省)
  3. 教員免許(東京都教育委員会)
    左側の「教員免許の更新」タブの,特に「更新関係確認サイト」ページが便利です。
ページトップへ